VERY September 2022

VERY

September 2022

2022年8月5日発売

780円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

エリクシール「朝用乳液」が叶える、ママの時短・くずれない「つや玉」輝く肌に注目!

2022/02/elixir_mv.jpg
平日も週末も、いつだってママの朝は忙しいもの。特に日差しが気になってくると、日焼け止めも使いたいと思いつつ、そのひと手間にかける時間が惜しいときも。そんな日常に寄り添ってくれるのが、エリクシールの「朝用乳液」。朝の印象くずさず、夕方まで「つや玉」続く朝用乳液で、化粧水後はこれ1本で…OK! 乳液+化粧下地+プロテクターの3役をこなしてくれる上に、お悩みケアまでできるという優秀さ。予定に合わせて使い分けもしやすい、幅広いラインナップで、私たちの「いつまでもキレイでいたい」を支えてくれるんです! 公園やアウトドアなど、太陽の下にいる時間が長い週末は、UVプロテクター効果が高いタイプを指名して。
週末のママへ

SPF50+」でしっかりガードしてくれるから、
日差しが強くてもこれ1本で大丈夫!

左・エイジングサインが気になるならコレ。SPF50+なのに、みずみずしくのび、充実したうるおいを感じられる使用感も◎。 エリクシール デーケアレボリューション SP+ (医薬部外品)35ml SPF50+/PA++++ ¥3,080、右・美白*有効成分配合で、攻めと守りのケアを同時に! エリクシール ブライトニング デーケアレボリューション WT+ (医薬部外品)35ml SPF50+/PA++++ ¥3,410 *価格は参考小売価格です。(店舗によって異なる場合があります)(ともにエリクシール)
平日のママへ

日常の日差しから
しっかり守ってくれるから、
通勤でも公園でも、リモートの日でも
安心できる

2022/02/elixir_02a-scaled.jpg
平日の送迎や通勤はもちろん、うっかり日焼けを避けるためにおうち時間でも欠かせないUVケア。デイリーに使うなら、SPF30前後のタイプからセレクトするのがオススメです。いわゆる“日焼け止めを塗る”というよりも、スキンケア感覚で使える上に下地効果もあるという多機能さで、毎日使いたくなること間違いなし。
ストレスフリーな使い心地で、疲れが取れない朝でもリラックス感のある香りで気持ちもアガるはず。マスクによるうっかり日焼けにも安心。左・なめらかなハリのある肌をサポート。 エリクシール デーケアレボリューション SP (医薬部外品)35ml SPF30/PA++++ ¥3,080、右・美白*ケアもしたいなら、こちら。 エリクシール ブライトニング デーケアレボリューション WT (医薬部外品)35ml SPF35/PA++++ ¥3,410 *価格は参考小売価格です。(店舗によって異なる場合があります)(ともにエリクシール)

エリクシールの朝用乳液は全4種。
私にちょうどいいのはどれ?

CHECK LIST

1.仕事は社内中心、リモートの日もある

2.軽い使い心地のSPF50+を使いたい

3.乾燥による肌のくすみが気になる

4.年間通して美白ケアは欠かせない

1に✔の人は…

エリクシール デーケアレボリューション SP (医薬部外品)SPF30/PA++++
2に✔の人は…

エリクシール デーケアレボリューション SP+ (医薬部外品)SPF50+/PA++++
3に✔の人は…

エリクシール ブライトニング デーケアレボリューション WT (医薬部外品)SPF35/PA++++
4に✔の人は…

エリクシール ブライトニング デーケアレボリューション WT+ (医薬部外品)SPF50+/PA++++
\篠田麻里子さんの一日に密着!/

※美白化粧品とは、メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぎます。

お問合わせ先/エリクシールお客さま窓口
フリーダイヤル 0120-770-933
受付時間:9:00~17:00(祝日、年末年始、夏季休暇を除く月~金曜日)
※予告なく変更することがあります。

【1・2枚目】タンクトップ¥8,800(ニコラ ジェンソン/リノウン)スウェットプルオーバー¥15,290〈アンダーソン ベル〉デニム¥26,400〈THE HANDSOME〉ハット[4月下旬発売]¥19,800〈マサカズ フルサワ〉(すべてUTS PR)イヤリング¥18,700リング¥18,700(リキッド)バッグ¥41,800(フランソワ レニエ/ヤマニ)バングル¥74,800(ノムグ)【3・4枚目】ブラウス[3月発売予定]¥16,500(ダブルスタンダードクロージング/フィルム)ピアス[片耳価格]¥17,600リング¥19,800(ともにノムグ)その他はスタイリスト私物
撮影/古水 良(人物)、李有珍〈aosora〉(静物) ヘア・メーク/川村友子 スタイリング/山本有紀 モデル/笹川友里 取材・文/矢﨑 彩 
この記事もおすすめ

FEATURE