VERY July 2022

VERY

July 2022

2022年6月7日発売

780円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

SNSフォロワー激増【美容愛好家・mimiさん】が推す小じわ対策コスメ3選

美容ライター・立花あゆさんが、今気になる〝キレイの達人〟を 毎月お招きしている連載「早耳BEAUTY」から、おすすめのコスメ情報をピックアップ。今回は、美容愛好家 mimiさんに「小じわ対策」のお話を伺いました。

[ 今回のゲスト ]
美容愛好家 mimiさん

mimi
美容愛好家。「ベビーオイル洗顔」をきっかけに2年間でSNSのフォロワー数は11万人以上に。38歳、5歳男の子のママ。著書『インテリジェンススキンケア〜ベビーオイル洗顔のススメ〜』(星海社)@mimitan090909

【COMMENT】
気づくと細か〜いシワが網目のように。深くならないケアを

夏の日焼けの影響で
目元のくすみが気になる人に

小ジワの他にも、目元のくすみが気になってきた人に。「ヘパリン類似物質」で保湿し、ハリ・ツヤを出します。「プラセンタエキス」の美白効果、ビタミンEは血行促進作用が。香料や界面活性剤なども不使用で、肌が敏感な時も安心。
アドライズ アクティブアイクリーム ¥6,600(TAISHO BEAUTY)

\目尻もシワ知らず/

大人気シワ改善美容液が進化!
美白が加わってパッと明るく

シワ改善&美白有効成分「リンクルホワイトN(ナイアシンアミド)」と、「アスタキサンチン」の組み合わせで攻める大ヒット美容液の最新版。サラッとしたテクスチャーでリモートで疲れた時や、日中の重ね塗りにも重たくなりません。口元の小ジワにも◎。
ONE BY KOSÉ ザ リンクレス S ¥6,380(コーセー)

プヨッとゆるんでできた
目まわりのシワにピタッと密着

加齢とともに、目のまわりがぷよぷよしてきたと感じることが。ハリ対策に取り入れたい「機能性ペプチド」を、保湿成分「セラミド」で乳化。ベタつかないなめらかな使い心地なので、スッとなじんで朝のメーク前の使用にも最適。
アイパーフェクション ¥7,678(ミストラル・コスメティクス)

細かいシワには、まず保湿!
アイクリームは朝も塗って
日中の乾燥に備える

立花 mimiさんは成分重視の化粧品選びをテーマにされていますよね。

mimi もともと敏感肌だったので成分をとことん調べるようになり、理にかなったスキンケアをしたいと思ったのがきっかけ。17歳からクレンジングを使わず、基本はノーファンデです。

立花 すごい! 笑ってもシワが見当たらないのですが、mimiさんでも小ジワってできますか? 私は笑うと目尻にアイラインみたいな長いシワが。

mimi それは幸せジワですよ。 ただ目元の下や口元の細かいシワは疲れて見えるのでケアしたいですよね。

立花 マスクで目元が目立ちますしね。小ジワの量は増やしたくない!

mimi 小ジワは主に乾燥からくるものが多いですよね。アイクリームは必須ですが、意外と夜しかつけてない人も。昼のほうが会話したり笑ったりと表情筋を動かしてシワを作りやすいので、メーク前にアイクリームを塗っておくのがオススメです。

立花 表情豊かなほうが素敵ですが、シワを刻まないように予防するのも大事です。保湿に加え肌のハリも重要。

mimi 塗り方も大事ですよ。特に小ジワができやすい目元は敏感なので〝こすらない、引っ張らない〟が鉄則です。化粧水も指先で置く〝雫塗り〟と私が呼ぶ塗り方がオススメです。目元も力が入りにくい薬指で置くように塗ったほうがいいと思います。

立花 乾燥の厳しい季節、小ジワを増やさないように乗り切りたいですね!

ライター・立花の“超”早耳!

ハリUPのヒアルロン酸が5種。
内からシワを押し返してくれる感じ

分子量、性質の違う5種のヒアルロン酸を配合。〝この値段を出す価値がある〟と思えるほどの瞬間的なハリを感じられます。クセでシワが刻まれやすい眉間やおでこはつけたあと、人差し指と中指で伸ばすようにして入れ込みます。
リプラスティ プロ フィラー コンセントレイト 50㎖ ¥46,200(ヘレナ ルビンスタイン)

◉美容ライター・立花あゆさん
Ayu Tachibana

プチプラからデパコス、美容医療までいいと聞いたら試さずにはいられない美容ライター兼〝頑張らない色気研究家〟。その人に合ったコスメを選ぶCOSMETRO主宰。@ayutachibana

撮影/田中駿伍〈MAETTICO〉取材・文/立花あゆ 編集/井上智明
*VERY2022年1月号「VERY的早耳BEAUTY Third season」より。
*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。

この記事もおすすめ

FEATURE