VERY November 2021
VERY NAVY

VERY

November 2021

2021年10月7日発売

890円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

【おうちでジェルネイル】話題のohora、ママライターが試してみた!

ネイルサロンで、ネイリストさんとおしゃべりをしながら、ゆっくりしている間に素敵なネイルが完成!という過ごし方。ネイルしたい気持ちはあるけれど、子どもが生まれてからは、頻繁に通うことができなくなったネイルサロン。おうちネイルは、出来るけどマニキュアだとやっぱり日々の家事ですぐに禿げてしまうのが悩みの種・・・という方も多いのでは。そこで今回SNSで目にすることも多いシールタイプのジェルネイル「ohora」を実際に使用してみました!

 ジェルタイプのシールネイル「ohora」って?

ネイルサロンで施術してもらうジェルネイルとは異なり、ジェルが特殊な技術で固められたohoraのシールネイル。液体のジェルを約60%まで硬化させることでシールのように爪に貼ることができ、残りはLEDライトを使って硬化させるので気軽にジェルネイルを楽しむことができます。とにかく種類が多いので好みのデザインが見つからない!ということも無いのが嬉しいポイント!

 早速使ってみた!

気軽にネイルに行くことができなくなった産後でも、爪が綺麗だと日常生活がアガることは確実!という事で、早速レポート!

必要なものを確認

ハンドネイルセット
ライト、ジェルコート
必要なものは、
・ネイルシールセット(写真はハンドネイル用)
・ジェルランプ
・トップジェル(使用しなくてもOK)
・除光液

と、たったこれだけ!思ったよりも簡単にできそうです。

シールを貼ってみる!
シールを貼った状態
シールを台紙から剥がし、ネイルシールを爪に貼ります。この時、しっかりと爪の脇部分をスティックで抑えると数日経って浮いてくる!というのを防止できます。また、同様の理由から甘皮処理をしていない場合は甘皮に重ならないように貼る方がネイルが浮いてくるのを防ぐことが可能。シールを貼った後は、先端部分をカット!私の場合、爪が短いので大部分をカットすることに。その場合、付属でついてくるネイルファイルでカットする前に一度爪切りを使って短くしておく方が綺麗に仕上がりました。シール自体は、柔らかく伸びるので幅が少し合わなくても伸ばすことで自分の形に合わせることもできます。

ジェルランプで硬化!

ライトで硬化

形を整えた後はジェルランプを使用して硬化させます。1回ジェルランプを付けると数十秒で自動的に消えるので、2〜3繰り返します。個人的には2回ぐらいで綺麗に固まったかな?という印象でした。ポイントは親指だけ別に行うこと!ジェルランプの大きさ的に1度で5本全て均等にジェルランプを当てるのが難しいと感じました。そのため、長さや位置が異なる親指だけは別にジェルランプを当てた方が綺麗に仕上がります。硬化させると、硬化前は柔らかかったネイルシールが固まり、ネイルサロンでしてもらうようなジェルネイルへと変化している事にびっくり!触ってもカチカチという音が聞こえるほどです。このまま綺麗に仕上がっていれば完成!もし、うまく貼れていなくて浮いてくるのが心配・・・という場合はトップジェルを塗り、同じように硬化させればOK!思ったより簡単に仕上がりました。

ハンド完成

ハンド完成2

こんな感じで完成です!

フット完成

同じようにフットネイルもシール→ジェルランプで硬化を行い完成!フットに関しては、爪を少し長めに伸ばしておくことでシールが貼りやすくなるように感じました。もし短くてもシールを硬化させた後、トップジェルで更に固めておけば剥がれやすいという印象はありませんでした。

 実際に体験してみて

想像していたよりも簡単に完成できた!というのが正直な感想。もちろん最初、シールを貼った後に形を整えたりする部分は少しコツが必要ですが慣れてくると簡単に。ハンドとフット合わせて、おおよそ1時間半ぐらいかかりましたが次回以降はトータル1時間ぐらいで出来そうな気がしています。マニキュアを塗ることもありますが、やはりどうしても禿げてくるのが早く、禿げた爪先を見ながら、ため息をつくことも・・・!それもあってネイルサロンへ気軽に行けない今おうちネイルでここまで出来るのはとっても嬉しい!ネイルシールって、ちょっと良く分からない・・・という方も是非試してみて欲しいです。簡単にできて、毎日自分の爪先を見ながら気持ちがアガるなら試さない手はないはず!
公式サイトや楽天、Amazonからも購入可能です。
使用したネイルカラー
ハンド:N Basic Nails no.1
フット:P Vesuvio
ohora公式サイト

取材・文/岡田朋子

 

この記事もおすすめ

FEATURE