VERY October 2021
VERY NAVY

VERY

October 2021

2021年9月7日発売

890円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

UVをきちんと塗っても焼けてしまうのは「日焼けしやすい生活習慣」のせいだった!

日焼け止めをきちんと塗っているのに、夏の終わりになると日焼け肌になっていたり、シミができていたり・・・・・・。「塗り直しをしないから?」「日焼け止めの選び方のせい?」毎年解決できない悩みがありますよね。でも、その原因が判明! 実は、“日焼けしやすい生活習慣”がカギだったんです。

2021/03/POLA_01.jpg
CHECK LIST

寝る前にスマホを見るのが何よりの息抜き

睡眠時間は6時間以下

夜中の韓流ドラマ鑑賞が楽しみ

うっかり電気をつけたまま寝落ちすることがある

仕事でPCを使うことが多い

この中から2つ以上あてはまれば要注意!

美白もしてくれて、
UV近赤外線大気汚染
ブルーライトからも肌を守ってくれる――

ホワイトショットの
“マルチタスク日焼け止め日中用美白クリーム”が
VERY世代にちょうどいいと評判です

2021/04/POLA_02.jpg

美白ケア×UVカットを両立した、多機能日中用美白※1クリーム。美白有効成分トラネキサム酸に加え、ポーラオリジナルのさまざまな複合美容成分※2を配合し、日中も透明感のある肌をサポートしながら、強いシールド膜で紫外線・近赤外線・ブルーライト・大気汚染から肌を守ってくれます。みずみずしい質感で、白残りすることなく、透明感のある滑らかな肌に整います。ホワイトショット スキンプロテクター DX 45g SPF50+/PA++++ ¥6,600(ポーラ)[医薬部外品]*4/22新発売
※1メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ
※2保湿成分

チームVERYイチのスキンケア好き
辻元舞さんも使ってみました

辻元舞さん

心地よい使い心地に感動!
日焼け止めが苦手な人にもオススメ!

日焼け止めというよりも、スキンケア感覚で使えるのがうれしいですね。夏でも毎日使いたくなるフレッシュ感で、肌が柔らかくなるのを感じました。ブルーライトから肌を守ってくれるのもうれしい。おうち時間の多い日でも、ぜひ習慣にしたいと思います。

ホワイトショット CXS

朝起きて自分の顔を見たときが
一番がっかりするお年頃。

「肌の濁った印象」対策にあの名品美容液がブラッシュアップ!

「一時的なくすみ」とは異なる「固着化した濁り」に着目した美白美容液。メラニン濁り・糖化濁りに加え、血管濁りが重なると頑固な濁りになることを発見。オリジナルの複合成分を配合した、とろみのある美容液がスピーディに肌になじみ、澄んだ透明感のある肌を目指せます。ホワイトショット CXS 25ml ¥16,500(ポーラ)[医薬部外品]


衝撃!
紫外線対策以外にも
日焼けしやすい生活習慣」があったなんて

ポーラ化成工業 研究所フロンティアリサーチセンター中山和紀さん

ポーラ化成工業 研究所
フロンティアリサーチセンター

中山和紀さん

大学院時代の神経研究で培った知識・経験を活かし、現在は皮膚の神経とシミの関連性について、美白研究の基礎研究に従事。日本だけでなくアジア圏を対象としたシミ研究にも従事。

メラトニンが減ることが、日焼けしやすさのカギでした!

脳内から出て体内時計を調節するホルモンの一種であるメラトニン。リモートワークやスマホを夜まで長時間見続けている生活では、メラトニンが減少します。実は、このメラトニンの減少が、私たちの肌の力を弱め、日焼けしやすい状態を引き起こしていたことがわかりました。夜に強い光を見た翌日に、紫外線への肌の反応性が上がる傾向を見出したんです。つまり、同じ人が同じ量の紫外線に当たった場合でも、メラトニンの増加が少なかった日のほうが焼けやすく、肌が赤くなりやすい傾向があるということ。そこで、ポーラは人の肌が本来持つ、日焼けから肌を守る力を「セルフシールド機能」と名付け研究を進めると、メラトニンが減少することで「セルフシールド機能」がオフ状態になりやすいことを発見しました。

2021/04/POLA_06.jpg

セルフシールド機能がオフになる原因を究明!

肌の中でシミやくすみの原因となるメラニンの増加に繋がる刺激因子(日ヤケ信号)を一斉にストップさせているのが「セルフシールド機能」だということがわかり、そこから研究を重ねました。すると、日ヤケ信号の遺伝子発現を抑え込んでいる物質が「EHF」(たんぱく質の一種)だということを発見! さらに、メラトニンが減少すると「EHF」が減少し、「セルフシールド機能」がオフ状態になり、日ヤケ信号が抑えられなくなってしまうこともわかりました。つまり、日焼けしやすくなってしまう、ということが考えられます。そこで、ポーラは「EHF」を増やして日焼けしにくくする、植物抽出エキスのオリジナル複合成分を開発しました。
※表皮細胞などの上皮細胞に特異的な遺伝子発現を調節するタンパク質。細胞の増殖などに関わる。 ETSホモロガスファクター(EHF)

結論

メラトニンの減少で「セルフシールド機能」がオフに

「セルフシールド機能」のカギは「EHF」

「EHF」を増やして日焼けしにくくする成分を開発

日焼け止めという意識ではなく、日焼け止めと美白ケアを両立した“攻め”の日中用美白クリームとして使いたい「ホワイトショット スキンプロテクター DX」。朝のスキンケアのシメとして取り入れれば、今日も明日も、夏が終わっても笑顔でいられるはず!

お問合わせ先/ポーラお客さま相談室
0120-117111
www.pola.co.jp

撮影/古水 良(人物)、大原敏政<aosora>(静物) ヘアメーク/川村友子 スタイリング/菊地ゆか モデル/辻元 舞 取材・文/矢﨑 彩
この記事もおすすめ

FEATURE