【コスキチ名品図鑑】大人の艶めき絶妙カラー3選

2018.01.09

仕上がり重視の撮影用アイテムを、コスキチことコスメキッチンで調達するというヘア・メークさんは実に多数!プロがそのカラーや質感に惚れ込む、実力派ナチュラルコスメをご紹介。今回は、上品な大人メイクに定評のあるヘア・メーク小澤実和さんの推薦アイテムです。

大人がつけても浮かないレンガ色オレンジは「Celvoke」のディグニファイドリップス09

「ブラウンとオレンジを混ぜ合わせたようなテラコッタが今までなかった! 透け感があるのでこってりせず、アラサーやアラフォーが気軽に挑戦できます」。

2017/12/03.jpg
¥3,200

シワっぽいまぶたに仕込めばハリと輝きが!「rms beauty」のマスターミクサー

「ローズゴールドのハイライター。ルミナイザーよりなじみが良く冬場はパウダーアイシャドウのみだとシワっぽくなるまぶたの中央に、ベースとしても最適」。

2017/12/02.jpg
¥4,900

肌色タイプを選ばない白浮き知らずのお粉「MiMC」のミネラルパウダーヴェール 01

「自然な濃さの「ナチュラル」は、いかにもお粉をはたきました感が出ず色黒さん、くすみ肌さんにも安心。しっとり感もいいですね」。

2017/12/01.jpg
¥4,200

ヘア・メーク 小澤実和さん

VERYをはじめ大人向けの女性誌のお仕事が多いので、トレンド感はありつつ年齢肌になじむ上品なアイテムが必須。セルヴォークをはじめ、コスキチには大人が使いたくなるカラーも多く、気づけば撮影現場でも定番化したアイテムが多数あります。

撮影/清藤直樹(静物)、蓮見 徹(人物) 取材・文/嶺村真由子

※VERY 2017年12月号「達人たちのALL口コミで『何がいいか』を徹底堀り!コスキチはママのワンダーランド!」より。
※掲載中の情報は、誌面掲載時のものです。

KEYWORDS

PICK UP

  • 2018.07.06

    VERY8月号、7月7日発売!

  • 2018.07.06

    鍛えて10年。滝沢眞規子さんの「この体だから着たい服」

  • 2018.07.06

    〝ワンパターンこそ最強〟説

  • 2018.07.06

    包み込む “大きなハート♥”が幸せの理由

  • 2018.07.06

    普段着ベースの頑張らないアウトドア服大研究

FEATURE

PICK UP

  • 2018.07.06

    VERY8月号、7月7日発売!

  • 2018.07.06

    鍛えて10年。滝沢眞規子さんの「この体だから着たい服」

  • 2018.07.06

    〝ワンパターンこそ最強〟説

  • 2018.07.06

    包み込む “大きなハート♥”が幸せの理由

  • 2018.07.06

    普段着ベースの頑張らないアウトドア服大研究

BLOG

PAGE TOP
株式会社 光文社 Copyright 2017 Kobunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
CLOSE