【コスキチ名品図鑑】今どき色&質感が叶う3選

2017.12.27

仕上がり重視の撮影用アイテムを、コスキチことコスメキッチンで調達するというヘア・メークさんは実に多数!プロがそのカラーや質感に惚れ込む、実力派ナチュラルコスメをご紹介。今回は、VERY連載でもおなじみのヘア・メーク川村友子さんの推薦アイテムです。

濁りのない赤味が崩れず長時間続く「Tv&Movie」のアクアミネラル リップ&チーク〈ピンクベージュ〉

「リップにもチークにも、コーラルがかったピンクが濁らず発色。みずみずしい質感で崩れにくく、普段でも使い勝手◎です」。

2017/12/07.jpg
¥3,600

荒れた肌でも均一なハーフマット質感「MiMC」のモイスチュアシルク

「絹100%でサラサラしっとりが持続。荒れた肌も優しくケアしながらハーフマットな質感に変えてくれます。アイメークがにじみやすい下まぶたの下地にも」。

2017/12/08.jpg
¥5,200

甘くならない洒落たラベンダーピンク「Kure BAZAAR」のネイルカラー〈フジ〉

「頻繁に更新する撮影用ネイルの中で何回もリピートしている一色!乾きが速くオシャレっぽい手元になるピンクです」。

2017/12/VERY_201712_304-017res.jpg
10㎖ ¥2,300

ヘア・メーク 川村友子さん

近頃のナチュラル系コスメは色や質感もちゃんとアップデートされていて、コスキチをたまに覗くと必ず新しい発見があります。特に最近は素肌感を生かした軽いベースが主流なので、コスキチで扱っている自然派の軽やかな肌アイテムが重宝します。

撮影/清藤直樹(静物)、蓮見 徹(人物) 取材・文/嶺村真由子

※VERY 2017年12月号「達人たちのALL口コミで『何がいいか』を徹底堀り!コスキチはママのワンダーランド!」より。
※掲載中の情報は、誌面掲載時のものです。

KEYWORDS

PICK UP

  • 2018.07.06

    VERY8月号、7月7日発売!

  • 2018.07.06

    鍛えて10年。滝沢眞規子さんの「この体だから着たい服」

  • 2018.07.06

    〝ワンパターンこそ最強〟説

  • 2018.07.06

    包み込む “大きなハート♥”が幸せの理由

  • 2018.07.06

    普段着ベースの頑張らないアウトドア服大研究

FEATURE

PICK UP

  • 2018.07.06

    VERY8月号、7月7日発売!

  • 2018.07.06

    鍛えて10年。滝沢眞規子さんの「この体だから着たい服」

  • 2018.07.06

    〝ワンパターンこそ最強〟説

  • 2018.07.06

    包み込む “大きなハート♥”が幸せの理由

  • 2018.07.06

    普段着ベースの頑張らないアウトドア服大研究

BLOG

PAGE TOP
株式会社 光文社 Copyright 2017 Kobunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
CLOSE