VERY STORE
VERY October 2020
VERY NAVY

VERY

October 2020

2020年9月7日発売

780円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

体を洗う延長でボディケアできる!「イソップ」のボディスクラブ 15

ライターの高丘がリアルに愛用するアイテムをご紹介する「美容ライターのリピ買いコスメ」第4回は、イソップのボディスクラブです。

 

美容ライターのリピ買いコスメ4

 

告白します。私は美容大好き!ですが、正直ボディケアは怠りがちな人間です。

なので、ボディケアは“ながら”ケアできるものがマスト。と言っても、全然ケアしていないのですが…。

 

ボディスクラブ 15(イソップ)※ライター私物

 

でもこのアイテムだけは例外。

元々イソップのアイテムは大好きで、スキンケアやヘアケア、歯磨き粉など使っていましたが、ボディケアは疎くて…。

ところが、たまたま時間があり、ふらっとお店に立ち寄った時に、いつもは見ないボディケアを見ていたら、店員さんから「スクラブですが、そのまま体も洗えるんですよ!」と声を掛けられ、突如興味津々に!

 

手の甲に試させてもらい、まずはスクラブ。さらに、水を含ませてもらい、クルクルと撫でるとみるみるうちに泡が。泡を洗い流すと、一皮剥けたような、いつもより明るくなったツルツルの自分の手にびっくり。

洗っただけなのに!

その変化が嬉しくって、そのまま持ち帰りました。

軽石が優しく角質や汚れを落としてくれるのだとか。オイルのスクラブが苦手な私には、洗い上がりスッキリなジェルタイプなのも高ポイントでした。

泡だてネットを使うとかなりふんわりした泡に。

 

週に1~2回使うとゼラニウムの品がある香りがお風呂中に広がり、ひと時の贅沢気分。

流石のイソップ。香りだけでも買う価値ありだなと納得させられます。

気になるところをスクラブ。そして、そのまま全身をゴシゴシ。体を洗っているだけなので、ケアと言っていいのか(笑)。あぁ早く寝たい…とぼやきたくなるような、時間に追われているときでも苦にならず、続けられています。

スクラブ後は、長年愛用している昔ながらの入浴剤、湯の花とその日の気分で選んだオイルを垂らした湯船に浸かれば、ボディケアは終了。

 

たくさん紫外線を浴びた肌のごわつきは避けられないのが夏の宿命。忙しい最中でも、自分を癒しつつ、手間をかけずに夏の疲れをリセットしてくれます。

近頃、私の周りは出産ラッシュ。出産祝いにプラスして贈ると喜んでくれるので、個人的な贈り物の定番になりつつあります。

 

 

取材・文/髙丘美沙紀

FEATURE

この記事もおすすめ