Yoshiko Kris‐Webb Official Blog [クリス‐ウェブ 佳子 オフィシャルブログ]

Agadir in Morocco with Kérastase

Antoine Guillard Agadir.jpg

モロッコ南西部の街アガディールから、アルガンオイル搾油工場へマイクロバスで移動。

Sound Enjinner : Antoine Guillard

Samantha Wennerstorm and Marie-Laure Daillut Agadir.jpg

飲み込まれそうなほどの大自然に度々停車

Samantha Wennerstrom (R) & Marie-Laure Daillut (L)

Agadir Landscape 1.jpg

乾いた空気が吹き抜ける荒涼とした砂漠地帯

Argan Trees Agadir.jpg

モロッコ南西部の砂漠地帯とサハラ砂漠周辺のみに2000万本ほど自生するアルガンツリーは、別名「モロッコの黄金」と呼ばれ、大切な資源であるとともに、砂漠化の進行も防ぎます。アルガンツリーが深く根をはることで土壌の保水力が高まり、豊かな大地を育むのです。

Mai Hua Agadir.jpg

今回の旅をフィルミングするFilm ProducerのMai Hua 

Goats on the trees Agadir.jpg

樹齢150年〜200年のアルガンツリーに登り、葉や実を食べるのは放牧されたヤギたち。ヤギたちが食べるのは果肉だけで、アルガンオイルの原材料となる種子を含む種は地面に吐き出します。古来、ベルベル人たちはヤギが吐き出した種を拾い集めてアルガンオイルを採油していましたが、そうして採油されたアルガンオイルは獣臭がするため、今では主に自然落下した実だけを使っています。

Little Village Banana Plantation Agadir.jpg

モロッコのバナナ生産量は世界水準で35/116位。バナナプランテーションを過ぎた先にある小さな町では、バナナが至る所で販売されていました。1本20円から買える露店も。

Men in The Village Agadir.jpg

道端でバナナを量り売りする商人。ここでは時間がゆっくりと流れています。

Bananas on the bus Agadir.jpg旅路のおやつに小ぶりで甘いバナナを一房購入。

Pick-Up Truck at The Cooperative.jpgモロッコ南西部のアガディール中心地から車で走ること85km。アンスアーヌの小さな村、AKHSMOUにあるアルガンオイル搾油工場協同組合、Toudarte Cooperative(トゥーダルテ コーポラティブ)に到着。この協同組合は女性の社会的・経済的自立を目的に、2004年に2人のベルベル人女性によって設立されました。現在では10代後半〜80代後半のベルベル人女性およそ100人が働いています。

The Cooperative Aura Botanica Argan Oil.jpgアルガンオイルを搾油する女性だけの協同組合がモロッコに発足し始めたのは90年代半ば。当初は女性の社会的自立を快く思わない男性たちの同意を得ることが難かったそうです。しかし今では、女性たちが利益や更なる雇用を創出するのみならず、地域全体の活性化にも繋がる活動をしているとして、地元男性からも積極的に協力を得られるようになりました。現にここトゥーダルテ コーポラティブでも、数人の男性が女性には負担の大きい力仕事を担っていました。

Argan Oil Nuts Bread Lunch at The Cooporative.jpg

ウェルカムドリンクとスナック。搾りたてのアルガンオイルと挽きたてのアルガンペースト、採取されたばかりのタイムハニーとオリーブオイルにピタパンの軽いランチ。アルガンオイルにはオリーブオイルの約3倍ものビタミンE、オレイン酸、必須脂肪酸が含まれています。

Lunch at The Cooperative Agadir.jpg

今回の旅仲間、フランス語と英語がごちゃ混ぜです。

Marie-Laure Deillut, Samantha Wennerstrom, Jamie Beck (R - L)

Ladies at The Cooperative.jpg

トゥーダルテ コーポラティブに自生するアルガンツリーから自然落下した実を拾う女性たち。色鮮やかなドレスとスカーフで着飾っています。お洒落にも興味津々で、私の着ていた衣服や靴を褒めてくれました。

Argan Tree kernels.jpg

手で一粒一粒拾われたアルガンの実は天日で十分に乾燥させます。

Fatime Ihihi The President Cooperative Toudarte.jpg

トゥーダルテ コーポラティブの設立者の一人でありCEOのファティマ・イヒヒさん。2000年に大学を卒業したファティマさんは、出身地AKHSMOUに戻り、地元の女性に読み書きを教えようと試みましたが、格段に女性の地位が低かったこともあり、多くの人に反対されました。その後も数ヶ月に渡って説得にあたり、父からの出資と29名の女性の賛同を得て、2004年に小さな協同組合トゥーダルテ コーポラティブを設立。たった一人の女性の行動によって、地元の村に女性の雇用が創出され、女性の尊厳が守られたのでした。

On Fatima's Hands.jpg

乾燥前のアルガンツリーの実は、別名「人生の実」と呼ばれています。約35kgの実からアルガンオイルの原材料である種子1kgが採取されます。そして約2kgの種子からアルガンオイル1リットルが採油できます。アルガンツリー1本から年間採取できる実は約70kg。つまりアルガンツリー1本から年間採油できるアルガンオイルは1リットルだけ。アルガンオイルはとても貴重で高価なのです。

Exploitation Machine.jpg乾燥させたアルガンの実から果肉と殻を機械で取り除き、堅果だけにします。機械の導入が本格的に始まったのは2007年。モロッコ政府から寄付金を得たおかげで、トゥーダルテ コーポラティブの設備は格段に整いました。

A Lot of Argan Tree Kernels .jpg

どんぐりのようなのが堅果。取り除かれた果肉は家畜の飼料として、殻は燃料として再利用されます。全て無駄なく。

アルガンのみから取り除いた果肉、殻、堅果を手作業で選別する女性たち。時々歌を歌いながら作業をしていました。CEOのファティマが私の耳元で言いました。「あなたたちの訪問をみんな心から歓迎しているわ。彼女たちは働くことに誇りを持っているの。だからそんな姿をあなたたちが世界に発信してくれることに、彼女たちはとても興奮しているのよ」って。

Cracking Kernels .jpg

堅果から種子を取り出す作業は全て手作業で行われます。石台の上に堅果を乗せ、卵サイズの丸い石で叩き割ります。熟練した技が必要なこの作業。15分ほど体験してみましたが、左の指を何度か叩き砕きそうになるのがオチでした。種子2kgを取り出すのが1人当たりの1日の仕事量

Woman at The Cooperative.jpg

叩き割った堅果から皮と種子のみを選別するのも手作業。

Samantha at The Cooperative.jpg

COOPERATIVE TOUDARTEの見学者用ジャケット。

Filming at The Cooperative.jpg

サウンドエンジニアのAntoine Guillard、フィルムプロデューサーのMai Hua、そしてトゥーダルテ コーポラティブのCEOで設立者のFatima Ihihi。

Argan Stick after Cold Press.jpg堅果の皮を低温圧縮した左のスティックは家畜の飼料に回されます。右の白っぽいスティックは種子を低温圧縮したもの。 

成分を壊さぬよう冷圧搾方法(コールドプレス)でゆっくりと種子スティックからアルガンオイルが抽出されます。

Home.jpgトゥーダルテ コーポラティブで働く女性の家に招待されました。自分で収入を得ることで、子どもの教育だけでなく、大好きなインテリアにもお金を使えるのと笑顔で話してくれました。

Kitchen .jpgそんな彼女のインテリア以外の趣味が食器集め。少しずつ、街で見つけた素敵な食器を買い集めているそうです。自分で働いたお金で自分の好きなものを買う。女性の社会進出が確立していない頃は、そんな当たり前のことができなかったのです。

Lunch at The Cooperative.jpgトゥーダルテ コーポラティブに戻ってランチを頂きました。ラム肉のスパイス煮込み、トマトとミントのサラダ、クミンと一緒に炊いたご飯、港に上がったばかりの鮮魚を蒸し焼きにした魚料理など、たくさんのご馳走でもてなしてくださいました。

Women at The Cooperative School .jpg

トゥーダルテ コーポラティブでは女性の教育も熱心に執り行っています。2015年から継続的にロレアルグループが出資するようになってからは、さらなる機械設備の充実が実現したほか、オンラインショッピングサイトの開設、また託児所や学校が併設され、女性たちが安心して学び働ける場所になりました。女性たちは子どもと一緒に出勤し、母親が働いている間、子どもたちは併設された託児所で学び遊びます。ランチは子どもたちと一緒に食べることができ、また働く時間も個人で決められるので、子どもと一緒に帰宅することができるのです。

ファティマ・イヒヒが出身地の女性に読み書きを教えたい、そんな思いから始まったトゥーダルテ コーポラティブは、今ではアガディールの女性たちの社会的・経済的自立を支援する組織にまで成長しました。2015年からケラスターゼなどを有するロレアルグループが継続的に出資していることで、資金も拡大し、女性たちだけでなく子どもたちも安心して学ぶことのできる場所になりました。共同組合を立ち去るとき、働いていた女性たちが手を止め、大広間に集まって私たちのために歌を歌ってくれました。「女たちよ、立ち上がれ。声をあげよう。私たちの言葉で話そう」という意味の歌を。手拍子とともに盛り上がって行くなか、自然とみんなで一緒に踊っていました。働くことに喜びと誇りを抱いた女性たちに囲まれて。

2017/02/01 (Wed)

Traveling with Kérastase

AURA BOTANICA

IT'S YOUR CHOICE, IT'S OUR RESPONSIBILITY 

Agadir Airport.jpg

社会貢献に必要なのはアクセシビリティと多様性。私たち消費者がビジョンを持ったブランドを選び、そのブランドを通じて出来ること。

それは、サステイナブル・プロダクション(持続可能な生産)

そして、サステイナブル・コンサンプション(持続可能な消費)

11月26日から12月1日の旅程で、パリ、そしてモロッコの南西部にある都市アガディールへと、学びの旅に行ってきました。

WHEN I HAD A LONG HAIR ...

Yoshiko Kris-Webb Long Hair2016年11月初旬。久しぶりに髪を切り、久しぶりにヘアカラーを地毛の色からすこし明るい茶色に変えました。ロングヘアの時よりも、ずっとふわっと、ずっと軽やかになるものだと思っていたのですが、しかし髪は肌と同じくらい正直。ブリーチで痛んでしまった髪を、私は一ヶ月ほど持て余していました。

 

11月中ば、マネージャーから「パリとモッロコに行きませんか?」と突然連絡が入りました。ロレアル傘下のヘアケアブランドKérastaseが2017年2月に発表する新製品。その製品が出来るまでのプロセスを体験するため。そして、その製品を通じてロレアルが行なっている社会貢献を学びに、モッロコの南西部にあるアガディールという街を訪ねるという内容でした。

兼ねてから、購買行動を通じて出来る社会貢献にとても興味があったので、私は二つ返事でこの仕事を受けることにしました。

 

PARIS

430am in Paris

11月26日土曜日20時、パリ市内16区にあるホテルに到着。マネージャーもヘアメイクさんもスタイリストさんもなし。モデルとしてではなく、目で見て、肌で感じ、心に響いたことを言葉で伝えるために、東京から一人でパリへ飛びました。

 

AURA BOTANICA HAIR CARE ARGAN OIL LUXURY RESPONSIBLE

ホテルの部屋に入ると、Kérastaseからもうすぐ発売されるオーガニックヘアケアラインAURA BOTANICAが届いていました。アルガンオイルとココナッツオイルが主成分で、98%オーガニック。今すぐ使いたい...。でも締め切りを間近に控えた原稿が溜まっテイル...。結局、朝までパソコンに向かい、そのまま4時半から携帯を腕に巻き付け、ワイヤレスのイヤーパッドをミニにねじ込み、気分転換のランニングに出かけました。

 

日曜日の午前4時半から真っ暗なパリ市内を一人で爆走していると、東京でもロンドンでもニューヨークでもプーケット島でも起こらなかった奇跡が起こりました。続けて3人のランナーが走り過ぎる間際にハイタッチをくれたんです。「ようこそ、4am Running Clubに!」という感じで。

1時間のランニングの後、ホテルに戻り、持参したヘアケアセットを脇にのけ、Kérastaseから贈られたAURA BOTANICAでボォーッと髪を急ぎ洗い、本当はタブーなんだけれど、濡れた髪にタオルを巻きつけたままベッドに倒れこみました。

IMG_9302.jpg

3時間睡眠に設定した目覚ましできっかり9時に起き、お化粧もしないまま階下に降り、一人で朝ごはんを食べました。一人での食事が苦手で、フォークを口に運ぶ合間に雑誌をめくりながら、ダラダラと食べていました。

で、ふと左手で髪をすくった時に「あ!」って。髪を洗う前までの触り心地と明らかに違って気がついたんです。

 

Walking on the Street.jpg

27日はフリーだったので、偶然パリに居合わせた中林美和さんとカフェで待ち合わせを。ブリーチをして、カラーリングをして、ショートにしてから、初めて髪の状態がご機嫌な一日でした。

クリスマスイルミネーションでいつにも増して美しいパリの街を、中林美和さんと二人で散歩。初めてパリの地下鉄にも挑戦しました。その時に買った切符は、今でも記念として大事に持っています。だって、偶然パリで友達に会えるなんてロマンチック過ぎたから。

 

Team Kérastase 

Team Kérastase.jpg

28日月曜日、朝7時、ホテルのロビーに集合。モロッコのアガディールへと旅立ちます。はじめましての挨拶を交わしたのは、ロレアルチームの3人、フィルムプロデューサーとサウンドエンジニアのユニット。そして、この旅を一緒に体験する3人の美しい女性たち。NYと南仏を行き来するJamie Beck、LA在住のファッショニスタで子育て奮闘中のSamantha Wennerstrom、そしてフランス南西部のソール=オスゴールからは生涯旅人のMarie-laure Daillut。東京からの私を含め、全員で9人。

 

フランス語と英語がごちゃ混ぜな9人のチームで、モロッコのアガディールへ出発。KérastaseのニューラインAura Botanicaの主成分であるアルガンオイルの産地、アガディールへ。

 

The View of Agadir from sky.jpg

旅の続きは、2月15日水曜日に!

 

 

スクリーンショット 2017-01-23 2.59.07.png"Ann Street Studio" founded by Jamie Beck

 


スクリーンショット 2017-01-23 2.59.33.png

"Could I Have That?" founded by Samantha Wennerstrom

 

スクリーンショット 2017-01-23 3.00.31.png

"Le Monde est à Nous!" founded by Marie-laure Daillut 

 

7月26日からジムに通い始めました。中古車がオートバックスでメンテナンスを受けるのと同じく、この先、この身体で走り続けるためにも、定期的な整備をしようと決心しました。実は 年末にプーケットで水着を着た頃からすでに危機感はあったのですが、ジム通いを決心させた決定的な出来事は7月初旬にトイレで起こりました。

Cristina Guggeri.jpg

photo courtesy of VIRALNOVE

 

便座に座った時に豊かに広がる太ももたち。太ももの上に座っているのか、便座に座っているのか謎だわ...、そう思った翌日。遂にいつも通りすがる近所のジムに入会しました。週に4回、最初は1時間、最近は2時間。黙々とストレッチ→トレーニングマシンで筋トレ→トレーニングマシンで有酸素運動→ストレッチをこなしています。おかげで、早くも便座に広がる太ももの分量が小さくなってきました。

そしてジムに行かない日は、身体一つあれば出来るスクワット。正しいやり方で行うことが何よりも大切なので、今日はわかりやすいYouTubeビデオを紹介します。

①肩幅に合わせて脚を開く

②爪先を真正面に合わせる

③両手を太ももに置く

④顎は上げ、胸は開く

⑤重心がかかとに落ち着くまでゆっくりと膝を曲げる

⑥④をキープしながら背中はまっすぐに

⑦膝を前に押し出すことなく、椅子に座るような感覚で

⑧お尻を突き出し、両肘が両膝に着くまで曲げていく

⑨顎は上、胸は開き、背中はまっすぐ、お尻は後ろで、重心はかかと

 

この体勢で5秒停止して、かかとに純真を置いたまま、かかとの力で身体をまっすぐに戻す。これが正しいスクワット。

30-day-squat-challenge-chart1.jpg初日に50回から始め、30日目には250回をコンプリートする30 DAYSスクワットチャレンジ。鍛え始めて7日目で自分自身が身体の変化に気付く。近しい人が気付くのに14日。周囲が気付くのに21日要すると思えば頑張れる!

目にするモノを実際に判断しているのは脳で、色・形・立体感の順番に脳が個々の記憶を辿り、個々の法則にのっとって目にするモノを判断しています。

Pink_Brain.jpg

image vie weheatit

認識できるモノに安心感を抱くのも、認識できないモノに違和感や恐怖を抱くのも、脳がモノを判断しているから。言い換えれば、脳が創り出したイメージを私たちは見ているのです。

Love_and_Hate.jpgimage via weheartit

たとえば鏡に映り込む自分の顔は、自分がそうありたいと願う顔であり、理想の顔に微調整された表情を映し出しています。口角をあげ、顎を引き、目を見開いたりといった具合に。携帯のカメラレンズを反転させて撮るセルフィーが、他人に撮影されるよりも上出来に仕上がるのはそういうわけ。また写真に写った自分の顔は鏡で見ている自分の顔と左右逆なので、どうしても違和感を感じてしまうのだとか。

秋の行楽シーズン。きっと写真を撮られる機会が増えるでしょう。そんな時は、向こうでカメラを構えてくれる人には申し訳ないけれど、カメラレンズを鏡だと思い込んで。そうすれば、いつもの見慣れた理想の自分で写真に写り込めるはず。

2014/10/14 (Tue)

子どもの歯列矯正

気になる子どもの歯列矯正!Instagramに歯列矯正を始めた次女の写真を公開したら、たくさんの応援メッセージとともに質問もいくつか頂いたので、家族全員が通う歯科医院の先生から教わったことを今日は皆さんともシェアしたいと思います。

IMG_1500.jpg

ちなみに私は小学校2年生から中学校2年生まで歯列矯正をしていました。下の歯の両側4番を抜歯して、ワイヤー矯正とマウスピースで計7年もかかりました。

「うちの子は歯が大きい」、「うちの子は顎が小さい」、「うちの子は顎十朗(これは私)」とはよく言いますが、歯の大きさはそれほど大差なく、実は顎の発育が歯列に大きな影響を与えているんです。そして顎の発育を最も左右するのが、咀嚼だと思いきや呼吸法と舌使い!

寝ている間に口呼吸をする。舌を前に出して話す。これらが原因で反対咬合/受け口になる場合が多く、口呼吸をすることで舌の位置が下がり気道が狭くなります。そのため気道を確保しようと下顎を前に出す癖がつき、これが習慣化すると顎骨や筋肉の不調和が起こって反対咬合/受け口に繋がるそうです。指しゃぶりや爪噛み、唇を噛む癖なんかも反対咬合/受け口の原因だそうです。

IMG_1246.jpg

次女が今週からチャレンジしているのはトレーナーシステム&マイオブレイス。歯の生え変わる時期(混合歯列期、6歳から12歳位)を利用して、マウスピースにて矯正をする方法です。口呼吸、舌癖、逆嚥下などの口腔筋機能癖の矯正による顔貌と歯列の改善します。

長女は大学病院でレントゲンを撮り、もう少し時間もお金もかかる歯列矯正をこれから始めます。あの当時、なかなか辛い歯列矯正でしたが、私の歯並びを気にしてくれた母に感謝しています。親子そろって毎晩の歯ブラシ時間を大切しましょう。歯列矯正頑張って!

VERY BLOG

  • MAKIKO’S DIARY Makiko Takizawa Official Blog [滝沢眞規子 公式ブログ]
  • Yoshiko Kris‐Webb Official Blog [クリス‐ウェブ 佳子 オフィシャルブログ]
  • Ricca Channel Rikuka Suzuki Official Blog [鈴木六夏 公式ブログ]