VERY December 2021
VERY NAVY

VERY

December 2021

2021年11月6日発売

890円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

@cosmeに投稿されたクチコミから、今後のトレンドの兆しを発掘するニュースレター「@cosmeのトレンドの芽」~No.8 2021年9月版~


株式会社アイスタイル(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:吉松 徹郎)は、日本最大のコスメ・美容の総合サイト「@cosme」に投稿されたクチコミから、今後のトレンドの兆しを発掘するニュースレター「@cosmeのトレンドの芽」を配信をいたします。

■@cosmeのトレンドの芽とは?

国内外3万以上のブランド、34万点以上ものコスメの商品データベースと、クチコミ検索機能や新商品情報などを備えた日本最大のコスメ・美容の総合サイト「@cosme」。

日本の20代~30代の女性の過半数が毎月なんらかの形で利用するサービスです。1999年のサービススタート以来、会員数・クチコミ件数・ページビュー数ともに伸び続け、2021年8月に累計クチコミ数は1,700万件を突破しました!

「@cosmeのトレンドの芽」では、@cosmeに投稿されたクチコミの中に初登場したワードや、出現率が大きく伸長したワードをピックアップして毎月お届けします。まだまだ大きな数値ではないものの、今後大きなトレンドになるかもしれない兆しを実際のクチコミを交えて紹介していきます。

また、旬なカテゴリのクチコミランキング、または@cosme TOKYO及び@cosme STOREの売り上げランキング、@cosme SHOPPINGの売り上げランキングも紹介します。

Q. 膨大なデータ群の中から、トレンドになりそうなワードを誰がピックアップしているの?
アイスタイルには、@cosmeの膨大なデータ群を分析し、マーケティングに活用する「リサーチチーム」があります。1700万件を超える膨大なクチコミはもちろん、アクセスデータや意識調査やインタビューを通して、最新の生活者動向に触れ続けている2人が、毎月のトレンドの芽を分析・ピックアップしています。


株式会社アイスタイル  @cosmeリサーチプランナー (左)西原 羽衣子 (右)原田 彩子
================
<トピックス>
1.@cosme投稿クチコミからみる、最新トレンド

海外発の成分「シカ」と「CBD」を深堀ピックアップ!
爆発的ヒットを記録したシカ!今もなお人気が衰えずシカをうたう商品のカテゴリーが拡大!スキンケアだけでなくベースメイクにも。最近目にする「CBD」、@cosmeでは微増ワード!その心理は?

2.【ブースター・導入液】
@cosme最新クチコミランキング(集計期間:2021/6/23~2021/9/22)

ふきとり化粧水がトップ1.2位にランクイン。
商品選びはより慎重に?「安心感」を求めてか、長きにわたって愛される商品が多数ランクイン!

================
1.@cosme投稿クチコミからみる、最新トレンド


この1か月で、@cosmeには購入品クチコミ※として約8万件のクチコミが投稿されました。
これらのクチコミに使われている言葉は約8万語。この8万ワードすべての2015年以降の月次出現率を調べ、7月初登場したワードや、出現率が大きく伸長したワードを5つピックアップしました。
※購入品クチコミとは:サンプル使用などではなく、自身で商品を購入して使用した際のクチコミ

ピックアップキーワードはまだN数が少ない「兆し」を捉えたものとなります。全体的なトレンドではありませんのでご注意ください。

高山植物であるセッコク蘭※のエキスが美容成分として入った「DR PLANT / セッコク蘭エイジングケア・マスクα」のクチコミが増加。@cosmeベストコスメアワード2021 上半期新作ベストシートマスク 第1位を受賞した「我的美麗日記(私のきれい日記)/ 復活草ハイドレーションマスク」に続く、人気の万能草のシートマスクです。「セッコク蘭という成分が気になって購入」、「セッコク蘭という名前に惹かれた」というクチコミもあり、また、万能草の成分入りのシートマスク自体が人気を集めていることから、こんな時代だからこそ環境やストレスに負けない強さに生活者は惹かれているのかもしれません。
※セッコク蘭とは、古代中国では万能草と信じられていた蘭科の高山植物

<クチコミ抜粋>
セッコク蘭マスクという名前の通りセッコク蘭というお花が使われているということで、珍しく興味を持ちました。シートが湯葉マスクのように柔らかく肌に密着してくれます。この使い心地でこの量はコスパ最高です。

◇POINT◇
クチコミ内で「湯葉」と面白い表現。@cosmeでは「小麦粉」「こし餡」等、投稿者が化粧品の質感をわかりやすく伝えるために時々食材を用いた面白い表現を使用していることがあります。シートマスクではほかにも「イカ刺し」なんて表現も。

前回のトレンドの芽でも「人中短縮」「鼻根」といったワードをピックアップましたが、これまでメイクやスキンケアではどうにもならないとあきらめられていた「骨格」を変えるメイク方法への注目が高まっています。ケイトが今年の8月に発売した「3Dプロデュースシャドウ」のコンセプトは「骨格陰影プロデュースシャドウ」とメーカー側も骨格を意識した訴求を。
また、骨格メイクの方法の一つである『シェーディング』という言葉についても、より仕上がりを自然に魅せる、というニュアンスで『影作り』という用語が最近のクチコミでは目立っていました。

<クチコミ抜粋>
セザンヌ / ナチュラル チークN / 20 ジンジャー
色が薄いかな?と思いましたが、肌馴染みが良すぎたんですね。顔にピタッとはまりました。ラメ無しがまたいい感じに健康感アップ!今流行りの骨格メイクにも良さそうです。



ケイト / 3Dプロデュースシャドウ / BR-2 ニュー・ニュートラル
ニューニュートラルは他に主役として引き立たせたいアイテムがあるときに邪魔をしない影作りにすごく役立ちます。




肌の損傷改善や再生効果が期待される韓国発のシカ系アイテム。新型コロナウイルス流行以前からじわじわと注目を集めていましが、昨年、長期化するマスク生活によって肌荒れに悩む生活者が増え、「今すぐにも肌荒れを治したい」という生活者の気持ちに応えるレスキューアイテムとして爆発的な人気を集めました。引き続きマスク生活の今年も人気は落ちることなく、現在では様々なシカ系アイテムが販売されいています。ブーム初期はやや緑かかったクリームタイプが多い印象でしたが、シートマスクや化粧水、美容液へとカテゴリーが広がっています。また、スキンケアアイテムだけでなく、ベースメイクアイテムにも広がりを見せています。

韓国産のものだけでなく、国産のシカ系アイテムも増え、ついにはダイソーからもシカシリーズとして化粧水、クリーム、ファンデーションが発売されています。店頭でも「シカ」を推した販促を目にすることも増えており、シカ系アイテムの人気の大きさが伺えます。

Q. CICAとは?
CICA(シカ)はツボクサ由来の成分で、韓国では昔から傷治療の成分としても使用されていました。

比較的難しい名称のツボクサエキスではなく、「シカ」という抽象的な名称であることが、ここまで大きなトレンドになった一つの要因だったのではないでしょうか。

@cosme TOKYOでは、3か月(2021.5~8)で2102個販売した圧倒的な人気を誇るシートマスク。男性の購入者も。

<クチコミ抜粋>
CUSTOM No.333 by New York / 導入シカ美容液
最近肌荒れすごくて悩んでいたので、流行りのシカ美容液を購入。

Dr.Jart+ / シカペア リカバー
テカりが出る混合肌なので、化粧水→シカ美容液で整えた後こちらのクリームを乗せました。口コミを参考に、少しずつ指で伸ばしました。色が合っていたようで赤みが目立たなくなり、綺麗な素っぴんのようになります。

昨年、大手百貨店がCBDのコスメブランドのPOPUPを開催したり、CBD入りのタピオカが販売されるなど、少しずつ目にする・耳にする機会の増えている「CBD」。とはいえ、まだまだメジャー存在ではないこともたしかです。@cosmeのクチコミを見てみると、ワードの出現数は微増傾向。
その内容をみてみると、新型コロナウイルスの感染拡大によるさまざまな制限でストレスフルな毎日に香りやCBDで対応しようというクチコミも見受けられますが、それよりも話題のCBDを使用してみたかったという生活者が多そうです。新型コロナウイルスによって閉塞感が続く日々の中で、生活に楽しみを与えてくれる「エンターテインメント的要素」を求める心理が今は強いのかもしれません。
昨今、特に若年層においてChillを求める傾向がみられています。グランピングやサウナ、シーシャなどのトレンドの流れで友人などとのんびり過ごす際に、初めてのドキドキ感を人と共有しながら楽しむという目的で、CBDアイテムを取り入れるというような動きもありそうです。実際にグランピングプランに「CBDプラン」なるものも登場しています。

一方で、CBDというワードが含まれるクチコミの多くが、ステラシードのCBD配合のシャンプー&トリートメントに対するものでした。まだまだCBDに対して、使用するのは怖い印象を持っている生活者の方が多いと想像されるなか、体内に取り入れないアイテムにCBDを配合することで、情報としてはCBDを知っていても購入を躊躇していた人たちも、「これだったら試してみよう」と思えたのかもしれません。また、ネットではなくドラッグストアで購入できる点も安心材料のひとつだったのではないでしょうか。

Q.CBDとは?
大麻(ヘンプ)の種子及び茎から抽出された大麻草特有の成分。「CannaBiDiol=カンナビジオール」の略語。

<クチコミ抜粋>
ステラシード / エイトザタラソ ユー CBD&リフレッシング クレンズ 美容液シャンプー/CBD&バランシング ダメージリペア 美容液ヘアトリートメント

「CBD配合、ユニセックスタイプということで購入しました。」
「CBDという成分が気になったらしく男女で使えそうということで旦那が買ってきてくれたシャンプー!”」
「美容液シャンプーってだけで興味が湧いたのにCBDという話題の成分まで配合されてて買わずにはいられなかった(*´-`)」


2.【ブースター・導入液】
@cosme最新クチコミランキング(集計期間:2021/6/23~2021/9/22)

まだまだ暑い日もありますが、過ごしやすい気温で一気に秋めいてきた9月。これからは乾燥の季節ということで、スキンケアへの関心がより高まってくる時期。@cosmeが毎週発表している注目カテゴリランキングを見てみると、「ブースター・導入液」カテゴリが急上昇、1位にランクインしていました(集計期間:2021/9/6~2021/9/26)。ブースター・導入液カテゴリの最新クチコミランキングを見てみるトップ1位・2位にふき取り化粧水がランクイン。角質ケア、土台ケアは根強い人気です。

また、9月16日にリニューアル発売したコスメデコルテの美容液がすでにトップ10入り!今年発売の真新しい商品もいくつかランクインしていますが、ロングセラー商品やすでにロングセラーだった商品のリニューアル商品などが、多数ランクイン。新型コロナによる先行き不安・経済不安から「安心感」を求めて、そして肌に多く触れる商材だからこそ商品選びはより慎重になっているのかもしれません。


【お問合せ】
株式会社アイスタイル エクスターナルコミュニケーション室 野田/岡田/坂井
■TEL:03-6161-3662
■FAX:03-6161-3661
■Email: istyle-press@istyle.co.jp


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

FEATURE

この記事もおすすめ