VERY NAVY

close
close

She is NAVY

キャリアなあの人のオシャレ

2020.05.28 UP

vol.02-4 柴田陽子さんの、女性らしさを象徴するアートコレクション。

柴田陽子事務所こと「シバジム」の壁には、至る所に大きな絵画が飾られている。強い女性像を表すものや、ファッション感を感じさせるものなど、どの作品も女性をテーマにした作品ばかり。事務所、自宅、別荘のある軽井沢と、自分が過ごすそれぞれの場所にテーマを設け、インテリアとバランスを取れるようなアートをコレクションしているという。女性社員がほとんどという「シバジム」のオフィスには、女性にまつわるアートを選んでいるのだという。絵画は、年に一度のペースで新しいものを買い足す。その時の気分が投影されることも多いが、逆に偶然にも出合った絵画から気づかされることもある。ハッとさせられたり、和まされたり。アートが持つ不思議な力もまた、柴田さんの日々のエネルギーに変換されているのかもしれない。

ファッションブランドにも投影される、やさしい女性像

ファッションブランドにも投影される、やさしい女性像

70年代に活躍をした画家、ペギー・ホッパーの人物画。ロサンゼルスで生まれ、後にハワイに移り住んだ女性画家で、柔らかな印象のポリネシア女性を多く描いている。いつかハワイ島に住みたいという夢をもつ、柴田さんのお気に入り。

透明感と奥行きのある、子どもの世界

透明感と奥行きのある、子どもの世界

アートフェアで見つけて、好きになった画家、榊貴美の作品。自身もママであり、子どもをモチーフにした作品を数多くの残す若手の日本人作家だ。可愛いだけじゃない、不思議な魅力に満ちている。

空気を変えてくれる、女性画家の抽象画

空気を変えてくれる、女性画家の抽象画

フランス人の女性画家、Anouck Botteronの抽象画。光や感情を、さまざまな色を使って抽象的に表現する作家。オフィスのシンプルな壁面が一気に、ドラマチックになる。

オフィスにファッション感たっぷりの作品を

オフィスにファッション感たっぷりの作品を

会議室には、パリで活躍をしていた日本人画家、Masahito Hiranumaの作品が飾られている。ブラックパンツやロングブーツなど、ファッションにもインスピレーションを与えてくれるようなエネルギッシュな作品。

Profile

柴田陽子

神奈川県出身。外食企業、化粧品会社を経て「柴田陽子事務所」を設立し、数々のコンサルティング業務を請け負う。2013年にファッション ブランドBORDERS at BALCONY(https:// www.bordersatbalcony.com)を立ち上げる。近著に『勝者の思考回路』(幻冬舎刊)がある。

撮影/HAL KUZUYA ヘア・メーク/久保フユミ〈ROI〉 取材・文/須賀美季 編集/渋澤しょうこ

 

 

Archives

別冊 VERY NAVY

VERYNAVY6月号

お洋服にも勝るモチベーションを秘めているって、最近思い始めた

時計&ジュエリーこそ 、デ イリ ーラグジュアリー気分

2020年5月7日発売
890円

Index

PAGE TOP