YUKO MIZOHATA

溝端祐子  ブロードウェイプロデューサーとの結婚を機にニューヨークに移住。男の子と女の子のママで現在はママ業を中心にスティルライフスタイリスト兼ライターとしても活動中。

ベビーシャワー

2019.04.12

先日、友人のベビーシャワーに行ってきました。
友人は同性愛者で初めての出産となりますが、パートナーは2年前に双子を出産。なのでこの家族には3人目の子どもとなります。

2019/03/31e010ea77d697ed6c0c3a9fb6841664.jpg

ニューヨークでは35歳のお誕生日に既婚、独身関係なく子どものまだいない女性に卵子を保存する人が増えています。彼女も35歳の時、まだ奥様に出会う前に受精卵を保存しました。彼女の場合は同性愛者なので、精子は精子バンクから買い取るしか手段がなく、独身でしたが既に「受精卵」として保存していました。今回その子がやっと彼女のお腹に戻った感じ。Buying sperm(精子を購入)する際に、Sperm bank(精子バンク)ではSperm donor(精子提供者)の目の色や身長、学歴まで選ぶことができるそうです。彼女からちょっとだけどういう精子を選んだかその当時話を聞いていたので、その子がこの世にあと少しで産まれてくるのだなと思うと私もとてもワクワクしています。

2019/03/09bbc67ecb3712daf0966a96c43dfd95.jpg

ベビーシャワーは大抵、妊婦さんのお母様や姉妹など家族を含めた女性だけで催されることが多いですが、最近はユニセックスなパーティーも多く、今回も男性も招待されていました。大体はパーティーの招待状に書かれていますが、明記されていない場合は主催者に子どもや旦那様など男性を連れて行っていいか聞くのがマナーになっています。

2019/03/fccbd6a92ff21d1c42d976f5540078eb.jpg
近所の中学生の女の子がお小遣いをもらってベビーシッター係をしてくれたので私もゆっくり楽しめました。

プレゼントは前もって妊婦さんが欲しいものをオンライン上にリストアップした「ベビーシャワーレジストリー」から購入し直接彼女の家に届くようにします。当日は新生児用オムツ一枚一枚にゲストがメッセージを書くのが恒例。出産後の幾度となく繰り返されるオムツ替えで苦しくなる事もありますが、このメッセージを見て勇気づけられるように。そんな願いを込めて皆、面白いメッセージや心のこもったメッセージを書き込みます。

間もなく出産の彼女もここまで来るには沢山の壁にぶち当たりました。私も出産するまで何度も何度も涙した過去があるので誰のベビーシャワーでもなんだか私は特別に感慨深くなってしまいます。

ほっこりした気分も束の間、息子にとっては大人の付き合いのパーティーだけで一日は終われない。。。。。 雪が残る公園に連れ出され、日が暮れるまで遊ばされました。 ところで3歳くらいの男の子のこの「枝集め」っていつまで続くんでしょうか?毎日数十本の枝を家に持って帰るんですけど、これ、どうすればいいの?
捨てると怒られるし、家に置いておくと虫が出てきそうでムズムズしちゃうし。。。。 最近は持って帰る枝がどんどん長くなって来て本当に困っています。

2019/03/7d6fc96bccca94e5025310f044ae390a.jpg

PICK UP

  • 2019.09.18

    【おうちで薬膳】鮭ときのこの豆乳クリーム煮(夏の疲労回復レシ…

  • 2019.06.13

    VERYはファミリーラグビー=ファミラグを応援します!

  • 2019.09.06

    フェミニン派のアスレジャー、はじめの一歩!

  • 2019.02.22

    子連れいくならパラリンピック宣言!

  • 2019.09.06

    This Month’s VERY 10月号

  • 2019.09.06

    VERYモデルたちの超えていく力、わたしの場合。

YUKO MIZOHATA's BLOG

PICK UP

  • 2019.09.18

    【おうちで薬膳】鮭ときのこの豆乳クリーム煮(夏の疲労回復レシ…

  • 2019.06.13

    VERYはファミリーラグビー=ファミラグを応援します!

  • 2019.09.06

    フェミニン派のアスレジャー、はじめの一歩!

  • 2019.02.22

    子連れいくならパラリンピック宣言!

  • 2019.09.06

    This Month’s VERY 10月号

  • 2019.09.06

    VERYモデルたちの超えていく力、わたしの場合。

BLOG

PAGE TOP
株式会社 光文社 Copyright 2017 Kobunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
CLOSE