VERY December 2020
VERY NAVY

VERY

December 2020

2020年11月7日発売

890円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

前田有紀ブログ「時を超える古民家宿」

秋になって気持ちのいい陽気が続いていますね!

みなさんは最近遠くにお出かけされましたか?

もともと旅が好きな我が家は、家族で「暮らすように旅がしたいね!」と

いつも話していますが、今年は次男の妊娠・出産やコロナウィルスの影響があり、

これまでのところ遠出はできていませんでした。

 

10月は花の取引先の農家さんや、育苗メーカーさんを訪れる出張があり、

3ヶ月を過ぎた息子と家族も連れて、山梨・長野と旅をしながら過ごしました。

一棟貸しの古民家を借りながら、夫と私はリモートワークも続けながら、

本当に久しぶりにまるで暮らすように旅をすることができました。

 

 

山梨では、ぶどう畑に囲まれた丘の上の古民家宿「るうふ 丘之家」に宿泊。

るうふさんでは地域の風土や建物の特色を活かしながら古民家宿を貸し出ししています。

今回の宿「丘之家」は牧丘町にあるおそよ築100年の古民家に。

足を踏み入れた瞬間に、奥まで続く座敷に長男が

「わーーー!」と走り出しました。

普段手狭な自宅ではこんなに走ったりできないので、

嬉しそうな長男の顔にこちらも嬉しくなりました。

居間からは日本庭園が眺められ、ご飯は大きな囲炉裏を囲んで。

柱や天井の板などに年月を経たからこその美しさがあり、

「どんな暮らしがあったのかな。どんな人たちが住んでいたのかな。」と

想像しながら家の中をゆったりと歩き回って、

飽きない楽しさがありました。

一軒家なので、長男がどんなに走っても、

次男が泣き喚いいても、周囲に気を遣わなくて済むのも、

今回の旅で、ほっとできるポイントでした。

 

そして、ぶどうが大好きな息子のために初の「ぶどう狩り」も。

周囲にたくさんの果樹園があり、ぶどうもちょうど終盤の時期。

木の下にくぐって、たくさんのぶどうを収穫させていただきました。

なかなか外に出かけられなかったからこそ、

たくさんの思い出を重ねられた特別な家族の秋。

その余韻に浸りながら、今年のラストスパートの育児に仕事に

気合いを入れ直す毎日です。

前田 有紀MAEDAYUKI

前田有紀 フラワーアーティスト。大学卒業後、テレビ朝日アナウンサーとして活躍後、2013年に退社し、イギリスへ留学。帰国後、3年間の花屋での修行を経て、オリジナルフラワーブランドguiを立ち上げる。

【あなたにおすすめの記事】

FEATURE

この記事もおすすめ