VERY December 2020
VERY NAVY

VERY

December 2020

2020年11月7日発売

890円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

辻元 舞ブログ「ドタバタキャンプデビュー!」

夫との付き合いももう11年目ですが、
お互いの共通した趣味がなかった我が家。
私は時間があれば絵を描いたり美味しいものを食べたり綺麗な景色を見たり、ボーッと心を落ち着かせることが好きなのですが、
夫の性格は暇が嫌いでスポ根魂が根強く、勝つか負けるか白黒はっきりしたい。喜怒哀楽もはっきりしていて、アンニュイなんて言葉は彼の辞典には存在しない熱血タイプ。笑
そんな真逆の私たちでしたが、
夫が「焚き火がしたい」と言ったのをきっかけにキャンプデビューを考え始め、そんなプライスレスなことに夫が興味を持つことはこの先もうないかもしれない!と思い、共通の趣味になることを願って私も後押ししました。
そして先日、ついに念願のキャンプデビュー!

 

インスタにも書きましたが、家族だけで行った初キャンプはすっっっごく大変で、理想とは程遠いものとなりました…笑

1時間で着くはずのキャンプ場でしたが渋滞に巻き込まれて3時間かかり、着いた頃にはクタクタ…

でも日が暮れる前にテントの設営と夕食の支度は済ませたい!!
休む間もなく準備に取り掛かり、四苦八苦しながらテントの設営、荷解き、夕食を食べ始めた頃にはもう真っ暗!
自然に解放されて、燃え上がる火を見てテンション爆上がりの子供達はそれはもう大変で。笑
発狂しながらテントの支柱にぶら下がり、まるでポールダンス場!
テントと外を行ったり来たり、「靴靴靴ー!!!」と何度も叫び、
少し目を離せば焚き火に近付き過ぎたり落ちている炭を食べたりチャッカマンを持って立っている次男( ゚д゚)
ロープがあるから気をつけてと何度言っても猛ダッシュでロープに突っ込み派手に転ぶ息子たち。
長男が次男に「フーしてごらん」と差し出したシャボン玉にしゃぶり付き、
しまいにはシャボン玉シャンプー!!(T-T)

 

蛇と勘違いするぐらいの巨大ミミズが現れてテーブルの下で暴れ回り、ドン引きして遥か遠くに後退りする男たち。
バッタバッタと暴れ回る巨大ミミズを金バサミで掴み遠くの茂みに放り投げる私。
逞しさレベルがアップしました。笑
まだ1度だけですが、キャンプをする上で大切だなと思ったことを書いておきます。

・軍手をする

テントの設営やギアの組み立て、寝袋や衣類の圧縮、後片付け…とにかく手や爪がボロッボロになりました!次からは必ず軍手をしようと思います。

・汚れても気にしない精神。

大人もですが、子供達はとにかく汚れる。

キャンプの時ぐらい汚れを気にせず遊ばせてあげたい。でもお風呂の問題もあるし…

いやいや。死にゃあせん。オッケー!

・虫に強くなる精神

男たちはいざと言う時あてにならん。頼りになるのは自分だけ。大丈夫!できる!自身を誇張しろ!笑

・予想外を受け入れて楽しむ精神

渋滞だろうが、子供がシャボン玉でシャンプーしようが、焚き火の火が消えなくて眠いのに寝られない状況に陥っても、ポータブル電源の充電が切れて寒さで寝られなくても!全ては思い出。これでいいのだ。

・体力!!!

どんなに疲れてようが、テントを立てなきゃ寝られない、片付けなきゃ帰れない、テントを乾かさねばならない!帰れば怒涛の洗濯物!

がんばれ私!
そんなドッタバタのキャンプデビューでしたが、せっかく道具も揃えたことだしここで心折れたくない。
次のキャンプへの希望を少しでも見出したい私たちは、帰宅してからキャンプの何が良かったかを話し合いました。
夫「帰ってきた時の安心感」
私「ふわふわの暖かいお布団で寝られるしね」
夫「温かいお風呂に入れるしね。日常のありがたさを感じられた」
私「…方向性間違ってない?笑」
と少し先行き不安な感想となりましたが、
何と言っても子供達の最高の笑顔が見られたので
それをモチベーションにして、今後もキャンプを重ねて楽しめるように慣れていきたいと思います

 

テントの試し張りのときの記念写真。
果たして共通の趣味になるのか。
生温く見守っていてください。笑

辻元 舞TSUJIMOTO MAI

2018年3月号での初登場で「キレイ!」と反響を受け、VERYレギュラーモデルに。プライベートでは男の子ふたりのママ。得意のイラストで描かれたインスタ育児日記(@mai_enikki)には「ママあるある」が満載。

【あなたにおすすめの記事】

FEATURE

この記事もおすすめ