VERY STORE
VERY June/July 2020
VERY NAVY

VERY

June/July 2020

2020年5月7日発売

890円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

牧野紗弥ブログ「誕生日を迎えて」

先日、36歳になりました^_^
VERYの撮影中お昼ご飯を食べてロケバスに戻ると、みんなが歌とケーキとお花でお祝いして下さいました!!驚きすぎて、この笑顔。
ありがとうございました!!!

2020/03/image1.jpg

さて、最近36歳になって初めて人から「実は隠れ人見知りだよね」と指摘されたのですが、もともと私は積極的に交友関係を広げるタイプではなく、そういうことに時間がかかる部分がありまして笑笑 そこがそう映ったと思うのですが、言われた言葉をスーパーポジティブに解釈するなら「もっといろんな人に興味を持っていけばいいのに。」というようなメッセージな気がして、より意識的に会話をするようになりました。自分の意識が変わると行く場所や挨拶をする人も前より増えて、どうやって人が会話をしているかにも発見があり、今更ですが今まさに世界が広がって新しい楽しさを感じています。
そしたらまた偶然にも主人から「広く人を知ろうというのは仕事のスイッチにも繋がるんだよ」と図らずも言われ、今年は出会いを大切にしていく年なのではと思った次第です^_^

意識を変えるということで私が今年取り組みたい事に話を移しますね。

2020/03/image5.jpg

それは家庭内における夫婦の意識改革です。
やっぱり育児と家事において自分がやらなくちゃと思い込んでいた部分が多くて、自分を追い込んでいました。食事の支度や買い物、遠足、保護者会などの学校行事、学校や習い事のスケジュール調整や連絡事項‥全てをママが抱え込む必要はないのに、結局パンクするまで気付かずにこなしていました。
もちろん自分自身でモチベーションを上げたり、ママ友に話を聞いてもらったりして気持ちを紛らわしていましたが、結局はパパとシェアしたい気持ちがずっとあってモヤモヤし続けていたんです。でも自分で抱えこんでしまっていたからパパは何が大変か想像出来るはずがなく、気持ちをシェアしたくても出来ない環境を自らで作り出していたんです。この時ようやく思い込みの壁を壊して自分達なりの在り方を再構築していこうと身を持って気付き、話し合い、育児10年目にして初めてパパと心底分かり合えた気がしました。育児期間中は乗り越えても乗り越えてもまた何か起きての繰り返しですが、夫婦2人で主体性を持って向き合っていれば修正できます。こんな小さな家庭での意識改革がいずれ大きな流れに繋がっていくのではと思うんです。
こんな事を沢山のお母さん達と意見交換して私自身も考えを深めていけきたいと思っています。

VERYの中には本当に色んなメッセージが込められていて、今自宅にあるVERY過去数年分を読み返しています。

36歳。
隠れ人見知りの殻を破り、出会いを大切に。
パパとの関係も大切に笑

2020/03/image2.jpg

牧野 紗弥SAYA MAKINO

牧野紗弥 ファッション、美容、ジャンルを問わずマルチにこなすVERYレギュラーモデル。3児の子育てと仕事の両立に励む等身大の姿が、読者の共感を呼んでいる。実は倹約家の一面も。キャンプやテニスが趣味などアクティブ。

【あなたにおすすめの記事】

FEATURE

この記事もおすすめ