VERY STORE
VERY March 2020

VERY

March 2020

2020年2月7日発売

780円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

10月のBEAMSコーディネート会

大変遅くなりましたが、10月の模様。
 
 
 
 
お1人目  桂川さま♡
 
 
BEFORE
 
 
_mimi_ 1.jpg
 
 
Q冬も白パンツのコーディネートを知りたい!
 
 
とのことで、お持ちの白デニムを履いてきていただきました。
 
私も大好きな白パンツ。
 
まず一つ目は、色のト―ンを揃えて少しキレイ目に。
 
 
 
_htrak_ 2.jpg
 
中に白のタートル
薄いグレーのざっくりニット
グレーベースのチェックの大判ストールで色味は押さえつつもメリハリを。
 
 
ブーツは黒より柔らかく、
ベージュやグレーよりかなり万能な
グレージュのロングでせっかく作った白グレーのトーンに合わせました。
 
ママバッグにもなるBeautiful peapleのビッグト―トはオレンジで遊びを♪
 
 
 
もうひとつはお子様との公園にもOKなカジュアル。
 
 
 
dak_3 1.jpg
 
 
 
デニムとブーツは一緒。
 
パーカーとダウンベストの重ね着です。
 
こちらには少しトラッドな印象のタータンチェックのストールを小さく巻いて
 
防寒+シンプルすぎるアイテム達に着こなしの個性を。
 
このストールの選びによって同じコーデでも表情が結構変わるなぁと思います♪
 
 
 
冬の重ね着は色を揃えながら、
素材の違いで表情を付けていくのが楽しいですね(^-^)
 
 
 
お二人目 鈴木さま♡
 
BEFORE
 
 
akkoto4_ 2.jpg
 
 
Q印象の強いアクセサリーやストールなどの小物使いを学びたい。
 下半身をカバーしつつ、素敵にみせたい
 
 
 
_fa5 1.jpg
str6_ 2.jpg
 
 
印象の強いアクセサリーを付けるとき
 
私だったらお洋服を最小限まで抑えて、小物を引き立てます。
 
 
鈴木さま、とても"黒"がお似合いになるので
全身黒でまず、ベース作りを。
 
 
そこにピアス、ブレスとかさね、
ピアスの印象が強いので、近い首元は敢えて外して。
 
小さく巻いても、大きく羽織ってもよい、ニットのストールで抜け感をだしました。
 
 
2つめは
 
 
_ynsn12_ 1.jpg
 
私も購入し、大活躍している朱赤のストールをベルトで絞って。
 
グレーのワンピースに黒のブーツ、という
 
極シンプルなコ―ディネートが一気に今年らしく華やかに。
 
かつ、密かに体型カバーにもなっていたり♪
 
 
今度は耳元、手元は外して、
首に大きくパールを。
 
 
 
小物がインパクト大の時は
足し算引き算を上手にして、
 
"やり過ぎ感"が出ないバランスが大事かなと~(*^0^*)
 
 
 
続いて3番目の 仲村さま♡
 
BEFORE
 
 
_dod7 2.jpg
 
 
Q冬に向けて
 
ダウン+ブーツばかりになってしまうので
素敵なコートスタイルを知りたい。
 
 
 
krt8__ 1.jpg
 
まず、柔らかいベージュがとっても肌に合いそうだったので
ベージュのお尻下丈のハーフコート。
 
 
この丈、意外とパンツにもスカートにもいける丈!
スカートの時も、ショ―トコートより、大人っぽく着られる気がします。
 
これも私、購入済み、のベージュ織り柄のスカートに、
この日私が着ていたのと同じFONDELのベージュニットを合わせて。
 
 
シューズの選びでキレイにまとめすぎず、トレンド感を♪
 
 
 
_rbsbl9_ 2.jpg
 
 
もうひとつは黒+グレーのWフェイスのコート。
 
 
色が白く、可憐な印象の中村さま、
淡い色がとってもお似合いです(*^-^*)
 
Wフェイスのコートはとても今年らしく、
閉めたり開けたりすることで印象を大きく変えられるのでいいですね!
 
もっと真冬になったらファーなどを合わせても素敵そうです♡
 
 
_snsdm_10 1.jpg
_gsgs15_.jpg
tuji_14_ 3.jpg
tit_13_ 2.jpg
syagamu_11_ 2.jpg
 
 
 
 
 
こんな感じで
 
毎回、読者さまと1対2で真剣にコーデイネートを考える時間は
 
私にとってとても勉強になり、有難い時間です。
 
 
お洋服だけでなく、
 
同時にとっても大切なヘアメイクのバランスまで
 
ヘアメイクのつーじーに入ってもらいながら考えています♪
 
 
来月もまた、みなさまにお会い出来るのを楽しみに
 
 
今日はこれからBEAMSの誌面連載の撮影に
 
 
いってきます(^▽^)ノ
 
 
 
 
 
 

鈴木 六夏RIKUKA SUZUKI

鈴木六夏 VERYレギュラーモデル。2015年春に自身でディレクションを手掛けるKIDSブランド「two eleven」を立ち上げるなど、デザイナーとしての顔も持つ。2児の母。

【あなたにおすすめの記事】

FEATURE

この記事もおすすめ