RIKUKA SUZUKI

鈴木六夏 VERYレギュラーモデル。2015年春に自身でディレクションを手掛けるKIDSブランド「two eleven」を立ち上げるなど、デザイナーとしての顔も持つ。2児の母。

卒業、そして中学生に

2018.04.16

3月4月。

卒園卒業、入園入学などお祝い事が続いたお家の方々も多かったのではないでしょうか( ^ω^ )

我が家も「オレ」が小学校を卒業し
先日、無事に中学生になりました!

2018/04/a183713e1962cbeba5335089715e6d9e.jpg

昨年、ちょうど妹のQさんが生まれた頃。
お兄ちゃんになったオレは、毎日毎日、猛勉強をしていました。

「自分のやりたいことを思い切り頑張れる学校に行きたい」との意思から始まり
それはイコール、私達親の元を離れ、仲間達と生活する事になる選択でした。

「男としてその気持ちがよくわかる。
全力でバックアップする!」と応援する夫の横で
母親の私の心は迷いに迷いました。

12歳、
まだまだ子供じゃないか。。。
ホームシックになって辛くなるんじゃないか。。
家族はできるだけ一緒にいないとダメなんじゃないか。。
妹をこんなに可愛がっているのに離れていいのか。。
夢と楽しい想像ばかり膨らんでどれだけ大変なことかわかってないんじゃないか。。
なによりもっともっと、一緒に過ごしたい。。。

でも相当自立するだろうな!
苦楽を共にしてかけがえのない友と出会えるだろうな!
もうここからは親よりも友達や先生から学ぶことの方が多いだろうな!
好きなことがあって頑張るのなら心から応援したい!

でも。。でもでも。。。。と

日々堂々巡り(~_~;)
それも入学式の直前まで(^_^;)

ですがいざ入学式へ向ったら
そんな迷いは、ぜーーーーーんぶ!吹き飛びました!
オレは早速、同じ志を持ち、出会った仲間達と
一瞬で超超超!仲良くなり
とっても生き生きして最高に楽しそう。

その姿をみて
ああこの子はもう1人の人間として
自分の道を自分の足で歩き始めてるのだ。
これからは今までと違う距離感と方法で
彼の人生を応援しよう。

そんな風に思い、寂しくて絶対泣いてしまうだろうなと思っていたのに
なんだか「よっしゃ!とことん頑張れ!!!!」とワクワクして
とっても前向きな気持ちでオレを送り出し、帰路についている私がいました。

2018/04/162ba7aa4fbfcc6092a52d4bf3343066.jpg

VERY blogを始めた頃はまだ2歳か3歳だったオレ。

どうしてこうなの?
何回言っても伝わらない!
ほんとにどーしょもない。。

親の目にはそんな風に映って(自分のことは棚に上げて(^_^;))
ぶつかり合ったり、自分の子育てに自信を無くしたり
そんなことはしょっちゅうでしたが、

あっという間に中学生になり
親が思っていた100倍、たくましく成長していました。

ピタリと後ろについて手取り足取りだった時代から時が経ち、
「親」の文字通り「木の上に立って見守る」を
20歳までのあと8年、楽しみたいと思います(๑>◡<๑)

追記
入学前夜、こんなギフトが。。泣

2018/04/7f760289a2a86fe537fd195aacbcc151.jpg
2018/04/415004b62cd7554e0b4b29e431c2a5e6-1.jpg

新生活のスタートに気合の短髪!

2018/04/facb53a36b0136aaa7c89e5d5d1506e3.jpg

PICK UP

  • 2018.07.06

    VERY8月号、7月7日発売!

  • 2018.07.06

    鍛えて10年。滝沢眞規子さんの「この体だから着たい服」

  • 2018.07.06

    〝ワンパターンこそ最強〟説

  • 2018.07.06

    包み込む “大きなハート♥”が幸せの理由

  • 2018.07.06

    普段着ベースの頑張らないアウトドア服大研究

FEATURE

PICK UP

  • 2018.07.06

    VERY8月号、7月7日発売!

  • 2018.07.06

    鍛えて10年。滝沢眞規子さんの「この体だから着たい服」

  • 2018.07.06

    〝ワンパターンこそ最強〟説

  • 2018.07.06

    包み込む “大きなハート♥”が幸せの理由

  • 2018.07.06

    普段着ベースの頑張らないアウトドア服大研究

BLOG

PAGE TOP
株式会社 光文社 Copyright 2017 Kobunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
CLOSE