VERY May 2021
VERY NAVY

VERY

May 2021

2021年4月7日発売

890円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

神山まりあブログ「次から次へと現れる、なんとかレンジャー」

息子はレンジャーもののテレビが大好き。

戦いごっこはもはや毎日のルーティーン。

日曜日の朝9時〜10時はテレビの前にじっと座り、なんたらライダーとなんちゃらレンジャーをじっと見つめる。

 

特に好きな5色のレンジャー番組にはもはや憧れというより恋心を抱いているようにさえ見える。

それぞれのレンジャーには決まったポーズ、戦いの決め台詞がある。

これを覚えるのは34歳の私には至難の技。

でも息子のために、一緒にレンジャーへの愛を深めるために、私も勉強する。

なるほど、光のマシンガンを発射するにはこの円盤を回さなければならないのか。

そして最後の歌に至っては踊りを覚えるのも私の役目だ。

片足ジャンプなんて中学校の体育の授業以来やった覚えがない。

 

なんとかレンジャーは全部で5人。

それぞれの名前や必殺技、そして歌まで覚えると息子は尊敬の眼差し。

「マミーすごいねえ」なんて言われたら、もっと頑張っちゃう。

 

しかし、レンジャーは一年で引退しすぐに全く違うレンジャーへと変わる。

もちろん技も変われば武器も変わる。人も変わる。歌も振りも変わる。

 

私にとってこれは試練の時期。

 

どんなに頑張って旧レンジャーを理解したとしても、子供達にとっては新しい新生レンジャーは神のような存在なのだ。

 

もう〇〇レンジャー(旧)はいいの?と聞くと、誰それみたいな反応されるのがとっても悲しい。

もはや元カノを忘れて今カノに夢中になってる、恋に盲目な少年である。

 

私だけ旧レンジャーを引きずって、彼らの将来を考えている日々。

そう、技やダンス、決め台詞を暗記していくうちに私はハマっていた。

旧レンジャーのみなさん。

どうか、どうか、元気でいてください。

地球を悪者から救ってやってください。

新しいレンジャーに夢中な息子をお許しください。

 

 

新生なんちゃらレンジャーのテーマ曲は激しい。

片足ジャンプどころじゃない軽やかさにくじけそうになるが、母ちゃんは息子のために今日もせっせと勉強するのである。

・・・そしてまた・・・ハマっていく。

この記事もおすすめ

FEATURE