“東京 Mama Style„

待望の井川遙さん再び!

『東京MamaStyle』=諦めない大人たち

好評発売中のVERY増刊号「東京MamaStyle」。

このスペシャルムービーを手がけた映像ディレクターは、小松真弓さん。これまでに400本以上のCMを手がける彼女は、井川 遥さんのリクエストにより初めて雑誌のディレクションに挑戦しました。
そして完成したのが、小松さんのクリエイティブな感性が生きたフォトストーリー、『尾行』と『正義の味方「緑」』。
女優・井川 遥さんの魅力を存分に引き出した作品に仕上がり、各方面から、「写真集みたい」「井川さんが美しすぎる」……などの感想もたくさんいただいています。

このパートの巻末に小松さんがエッセイを綴っているのですが、最後は「諦めない大人こそ、とびきりカッコいい」という言葉で〆られています。

この言葉、とても意味が深いです。

実は、この2企画の撮影は真冬の寒い中、早朝から夜までの丸2日かかったタフなものでした。あるスタッフは、撮影翌日は疲労困ぱいし16時間寝てしまった、というくらい、とにかく関わった皆が全力投球で挑みました。

そのパワーの源は、井川 遥さんの「いい作品をつくろう」とする心意気ゆえ。

『尾行』でのハイヒールをはいて路地をダッシュするシーンは、「もう一度やり直してもいいですか?」と、足が痛くなろうともご自身が納得するまで何回もダッシュ。

納得するまで何回もダッシュ

『正義の味方「緑」』での「STOP!!」と車を停めるシーンでは、何度も何度も車に体当たり。脚にあざができるほどの迫真の演技に、横で見ているスタッフは、ただただ涙を流すばかり……。

でも、「こんな感じでOKじゃない」……そんな諦めの言葉は誰の口からも出ませんでした。どうやったらいい作品になるか、井川さんをはじめ、小松さん、カメラマンや他スタッフの〝諦めない〟マインドが凄かった!

そういえば、今回「東京MamaStyle」に出演した他5名の女性たち、クリス‐ウェブ 佳子さん、柴田陽子さん、白澤貴子さん、高橋志津奈さん、長澤実香さん、み~~んな、本当に「諦めない」大人たちでした(笑)。

自分の目指すところを見据えたら、そこに到達するまで「諦めない」。
そのマインドがあるから、スペシャルな個性が備わり人の心を惹きつけているのでしょう。
これは、若さや可愛さの価値観を超えた大人ならではの魅力です。

今、東京の、いや日本には自分らしく生きることを諦めないエネルギッシュで素敵な大人(ママ)がどんどん増えています。
そんなカッコよく輝く大人たちを応援するのが、
「東京MamaStyle」です。

納得するまで何回もダッシュ

トレンチコートを着て謎のXを尾行する真面目な井川さんと、その横にいるお茶目な恐竜のコントラストが可笑しい。この公園は、通称「恐竜公園」と呼ばれる、北品川にある『子供の森公園』で撮影。

納得するまで何回もダッシュ

横断歩道を渡る子供たちを守るため、暴走してきた車を体当たりで止める!という設定のシーン。実際は、止まっている車に井川さんが飛び込むところを撮影しました。

納得するまで何回もダッシュ

最高にカッコいいママ!をテーマに小松さんがイマジネーションを膨らませ、2つのストーリーを考案。ちょっとコミカルな要素のある内容も、井川さんは面白がって自ら楽しんで挑んでくれました。

井川 遥さん出演 “東京 Mama Style„ スペシャルムービー公開中!