Topics

親子アートユニット「アーブル美術館」のワークショップつき! ルノワール展に抽選で親子50組をご招待します

2016年4月22日 22:00

親子アートユニット「アーブル美術館」のワークショップつき! ルノワール展に抽選で親子50組をご招待します

VERY 読者特別ご招待 ルノワール展6月14日(火)10:00~12:00 国立新美術館 企画展示室1E

国立新美術館で開催されるルノワール展。美術館の休館日を特別にVERY読者のために開放してくださることになりました!当日は、世界の名画を模写することで有名な親子アートユニット「アーブル美術館」のお母様の藤原晶子さんが子どもとアートとの関わり方についてお話してくださる予定です。もちろんベビーカーでもOK!美術館をゆっくり見られる贅沢なこの機会にぜひ、子連れでアートに触れ合ってみませんか?

オルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵ルノワール展

会  期:
2016/4/27(水)~8/22(月)
会  場:
国立新美術館 企画展示室1E(東京・六本木)
休 館 日 :
毎週火曜日
ただし、5/3(火・祝)および8/16(火)は開館
開館時間:
10:00~18:00
金曜日、8/6(土)、13(土)、20(土)は20:00まで
※入場は閉館の30分前まで
公式サイト:
http://renoir.exhn.jp

[写真/上] 《ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会》1876年 油彩/カンヴァス オルセー美術館
© Musée d'Orsay, Dist. RMN-Grand Palais / Patrice Schmidt / distributed by AMF

[写真/下] 《読書する少女》1874-1876年 油彩/カンヴァス オルセー美術館
© RMN-Grand Palais (musée d'Orsay) / Hervé Lewandowski / distributed by AMF

アーブル美術館とは......

館長・藤原晶子と彼女の子ども2人(天馬・心海)からなるユニット。 母の指導の下、2人の子どもがフェルメールやダヴィンチ、ウォーホルからエリザベス・ペイトンといった古今東西の名画の模写をするというのが3人の主な活動。

【開催要項】

開 催 日
2016年6月14日(火)
時   間
10:00~12:00
場   所
国立新美術館 企画展示室1E (東京都港区六本木7-22-2)
ア ク セ ス

東京メトロ千代田線 乃木坂駅
(青山霊園方面改札5出口から徒歩約1分)
※開催日当日は、6出口(美術館直結)はご利用できません

東京メトロ日比谷線 六本木駅(4a出口から徒歩約5分)

都営地下鉄大江戸線 六本木駅(7出口から徒歩約4分)

ご招待人数
親子50組
(子どもの年齢制限はありません。
お友達親子と組みでも構いません)
応 募 締 切
2016年5月14日(土)24:00まで

厳正な抽選の上、ご当選者には5月中にEメールにて招待状をお送りいたします。

VERY BLOG

  • MAKIKO’S DIARY Makiko Takizawa Official Blog [滝沢眞規子 公式ブログ]
  • Yoshiko Kris‐Webb Official Blog [クリス‐ウェブ 佳子 オフィシャルブログ]
  • Ricca Channel Rikuka Suzuki Official Blog [鈴木六夏 公式ブログ]