Yoshiko Kris‐Webb Official Blog [クリス‐ウェブ 佳子 オフィシャルブログ]

2015/04/13 (Mon)

Q&A:着回し

質問:私は学生なのでファッションにかけられる予算が少なく、自分の持っているアイテムでコーディネートを頑張っているのですが、なかなか難しい!佳子さんは10代、20代の頃どんなスタイリングをしていたのかとても気になりますまた上手く着回し出来るコツなどありますか?

NEW_YORK.jpgphot via WeHeartIt

18〜22までNYにいたので、小室ファミリーの歌がカラオケで歌えません。そして教科書のような日本のファッション誌を読まなかったので、あの時は良い意味で好きな物を好きなように着ていました。身近なニューヨーカーが参考でした。

スクリーンショット 2015-04-13 13.53.13.png定番ルックは大好きだったバンドTシャツにデニムにサングラス。それにTimberlandのブーツとCARHARTTのリュック。そして手元にはCHROME HEARTSROYAL ORDERのシルバーリングをジャラジャラと。

 

真逆のガーリールックでは、マンハッタンの駐車場で開かれる蚤の市やヴィンテージショップで買い集めたチープなサマードレスやオールインワン、それにエコバッグとこれまたオモチャみたいなアクセサリー。そしてJUSTINLUCCHESEのカウボーイブーツが定番。とにかく動ける服、フットワークの軽いスタイルが私にとってのファッションルールでした。

SWEATER_WEATHER.jpg

ファッション誌を読まなかったおかげというか、これを買わなきゃいけない、これを着なきゃいけないという情報が皆無だったので、結局のところ、当時は無作為に着飾っていたことが失敗も含めて良い訓練になったと思います。

Fashion_Dictionary.jpgphoto via WeHeartIt

でも帰国して、ファッション業界に身を置くようになってからは、それこそファッション史も最新コレクションについても勉強しました。着回し術なんて高騰な技が身に付いたのは、この業界で仕事をするようになってからです。そして今では、失敗や遠回りを回避させるのがファッション誌の役目の一つなんだと理解しています。

One Week Style with 16 items.

One Week Style with 16 items. 

着回し基本例。投資アイテムのライダースとGジャン以外、全て15,000円以下。もしも私が19歳の学生で、1週間を本気で16アイテムだけで乗り切ったらこんな感じになります。んー。やっぱりNY時代の無作為なスタイルの方が好きかも。1週間の旅行だったらこれで良いんだけど。学生のうちは好きな物を好きなように、是非着てください。

問:佳子さんが思うセクシーで魅力的な女性とは?外見・内面の両方で意識していることがあったら教えてください!

SEXY_SLUTTY.jpg

言葉のままに、SEXY=性的魅力にあふれた、とすれば、自分がSEXYであると信じること。それにつきる。他人にSEXYであることを意識させようと振る舞えば、それはただのSLUTTY。私はSEXY、そう信じること。

 

============================

相談:子どもを作るタイミングを逃したDINKS。お金はあるのに、2人で過ごす時間が減り、顔を合わせれば仕事の愚痴。そして彼女は心身ともに疲れきっていて、セックスどころじゃない。彼女は冷たい態度を取り続けた。そんなことがしばらく続き、遂に夫から離婚を突きつけられた。別居生活が始まる。。。

> 佳子さん。どうか、何か言葉を下さい。厳しい言葉でも構いません私はこのまま主人を待ち、2人で共に再スタートできる兆しはないのでしょうか。ちなみに女の気配はありません。いつも勘鋭い私なので、それは確かです。

STAY_SEPARATION.jpg世の中、子どもがいたおかげで首の皮一枚で繋がったも同然のような状況を何度も乗り越え、そして今もどうにかこうにか結婚生活を続けているカップルってたくさんいると思います。正直、私にも何度かそのような状況がありました。だから私には、子どものいないカップルがあらゆる難関を乗り越え、そしてどのように繋がり続けているのかは未知の世界です。

以前、結婚は障害物競走だとブログに書いたことがあります。あなたと彼の人生は氷河期に突入していて、なのに別居しているからお互いに温め合う環境じゃない。恋しいかもしれないし、寂しいかもしれない。

けれど、今はそれぞれの時間を大切に、相手を責めず、自分を見つめ直し、そして時をみて温かい心で彼に話しかけてみるとどうでしょう。急がないでください。諦めないでください。まだまだ2人が共に歩もうとする人生は長いです。結婚すると、男も女も互いに努力を怠りがちなんです。彼を愛しているなら、思う存分、努力してください。

 

============================

質問:クロップドパンツにはどんな靴を合わせますか?VERY×PLSTで佳子さんがはいていたようなクロップドパンツをはきたいのですが、寒いのが苦手で迷っています。本来なら靴下×パンプスがベストなのですが、9ヶ月の娘がおり、心から育児を楽しみたいためペタンコ靴が希望です。防寒かつ機能的なスタイリングがあればぜひ教えてください。よろしくお願いします。

PLST_VERY_Collaboration_Pants.jpg

これですね。の前に、靴下×パンプスはずっと思ってたんですがハードル高いよ。ということで、この春、クロップドパンツにピッタリな温かフラットシューズ、ご紹介。

P2190749.JPG撮影で履いたUGGのムートンサンダル。あの日は撮影クルー全員がお買い上げするという謀反が起きました。

Ugg-Dakota-Ansley-Slippers.jpg

UGGのDAKOTAもおすすめ。

AIRLY SNEAKERS 2015
 
それからこの春はMARNIとMSGMから出ているエアリーなスニーカーもおすすめ。春だし足元からカラフルにね。9ヶ月の娘さんと楽しいお散歩、楽しんでください。
 
火曜日もまたQ&Aで。それから期間限定のブログ、eat, play, laugh supported by DIESELを再開いたしました。今回はインテリア中心で、最新記事は家の植物について書いています。こちらも合わせてお楽しみ下さい!ではでは、Have a great week!

2015/04/04 (Sat)

WEEKEND de Tiara x YKW

ゴールデンウィークを目前に、皆さんに嬉しいニュースをお届けします!WEEKEND de Tiaraから【VACANCES】をコンセプトにしたコラボカプセルコレクションが遂に発売となります。

Weekend-de_Tiara_YKW_Header_Photo.jpg

4月24日からの全国発売に先駆け、4月18日よりTiara表参道ヒルズ店で先行発売。また4月18日当日は、同店でスタイリストの安西こずえさんと一緒にトークイベントに出演します。時間は14:30〜15:30。旅にまつわる話しやスタイリングアドバイスなど、普段から交遊のあるこずえさんと初の共演イベントです。応募詳細はこちらから。是非ご参加下さい。

Packing_too_much.jpg

旅は私にとって人生を最も豊かにしてくれるイベントです。25歳で母になった私は、この10年間でたくさんの家族旅行をこなしてきました。家族旅行のプランナーとしてはそこそこだと自負しています。けれども、未だ旅の準備で頭を悩ますのがパッキング。欲張りすぎて、結局は着ないままに終わる服や靴を詰め込んでしまいます。

スクリーンショット 2015-04-05 21.20.40.png

そこで"WEEKEND de Tiara x YKW"のカプセルコレクションは、私がトランクに詰め込みたい3つのアイテムに絞り込みました。

The_First_Meeting.jpg年始早々、資料写真を集めることからスタート。Instagramや雑誌を切り抜いて、デザイナーさん・パタンナーさんと共に、思い描いたデザインを紙に起こしていきます。嬉しいことにも趣向がピッタリなチームだったので、最初のミーティングから期待以上の物が出来上がる予感。

The_First_Meeting_at_Melrose.jpg

色、素材、シルエット、ボリューム。話し合うことはたくさんです。3つのアイテムだけのコレクションだからこそ、様々な体型の人を素敵にしたい。フィッティングも155cmのデザイナーさん、165cmの私、170cmのマネージャーで行いました。そして出来上がったのがこちら。

Weekend_de_Tiara_YKW_White_Shirt_Cache_Coeur.jpg

1つ目はゆるやかなシルエットのホワイトシャツ。襟を少し後ろに抜いて、ゆったりと着るタイプ。三角襟とカフスをキュッと小振り仕上げたことで、少しモード感が加わりました。前見頃はカシュクールになる2WAY。

Buttocks_Line.jpg

こだわった丈は、夏までに引き締めたいバトックス(お尻と太ももの付け根ライン)が隠れる丈。しかも無敵のアイロン不要。サイズはフリーサイズ。

photo 1 (1).JPG2つ目はセパレートに見えるアイロン不要のオールインワン。いかに簡単に着脱できるかを試行錯誤しました。結果ジッパーもホックもなし。付けたのは襟首のくるみボタン1つだけ。胸元をすっきりと見せるフレンチスリーブで、色はネイビーとブラウンの大人カラーコンビ。こちらはSとMで展開です。

スクリーンショット 2015-04-05 22.20.22.png小物で工夫すればONにもOFFにも対応。

スクリーンショット 2015-04-05 23.08.45.png

そして3つ目のアイテムはこの春夏一番気になるギンガムにフォーカス。大人なギンガムドレスをデザインしました。

photo 3 (1).JPG

スカート部分にはたっぷりと贅沢に生地を取りました。ウエストサイズ合わせて調整可能なボタンが2つ、内側に付いています。なのでサイズはフリーサイズ。共布のリボンベルトとストライプのチューブトップが付いてきます。

photo 4.JPG

二の腕がすっきり見える大きな袖口(キモノスリーブ)とミニ襟の付いたカシュクールタイプの胸元から、ストライプのチューブトップが少しだけ覗く仕組み。これで下着のチラリも心配無用。そして、もちろんアイロン不要。

スクリーンショット 2015-04-06 0.05.44.pngカーディガンを肩掛けしたり、主張のあるウェッジサンダルを組み合わせれば、オフィスからガーデンパーティーまで活躍シーンは様々です。

4月18日からTiara表参道ヒルズ店にて先行発売。全国発売スタートは4月24日からです。お申し込みはこちらまで。またTiaraの公式ウェブサイトでは更に詳しく、デザイン行程がBlogでチェックできます。私のヴァカンス三種の神器。皆さんのお手元にも届きますように♡

 

2015/03/22 (Sun)

旅:ニセコ

The_Barn_Niseko.jpg

The Barn

STAYING IN NISEKO

コンビニエンスストアに立ち寄って驚きました。なぜなら、私以外のお客さんが全て外国人だったから。普段はしない一人飯をしたガレット屋も、私以外のお客さんは全て外国人。滞在したホテルのロビーも、深夜まで賑わうバーも、その顔ぶれは95%が外国人。

NISEKO_VIEW.jpg

羽田空港から1時間半、新千歳空港から約2時間半のドライブで辿り着いた銀世界ニセコスキー&スノーボードのシーズン(12月〜3月末)ともなると、日本と季節が真逆のオーストラリア、そして最近では香港やクアラルンプールといったアジアの大都市から、パウダースノーを求めて観光客が押し寄せます。

KINISEKO_HIRAFU_SKI_HOKKAIDO.jpg

新千歳空港から1時間ほど、雪景色がどんどん深まってきた頃、ノンストップで会話をしていた運転手さんが突然言いました。「実は今日、誕生日なんですよ」って。ニセコの歴史を詳しく語ってくれたお礼にと、65歳の誕生日を迎えた運転手さんにバースデーメッセージを添えたカードを手渡し、「だから旅って好きなんだよね」と改めて思ったり。

KINISEKO_HOTEL_BLDG.jpg

ONSEN_KINISEKO.jpg

カラオケとガーデニングをこよなく愛する運転手さんが送ってくれたのは、ニセコ比羅夫地区に昨年12月にオープンした木ニセコ

THE_VIEW_FROM_THE_BEDROOM_KINISEKO.jpg

スキー場ニセコマウンテンリゾートグランヒラフの高速ゴンドラから100m以内のロケーション、ゲレンデ直結で天然温泉(露天風呂付)やスパも提供するモダンなリゾートホテルです。宿泊部屋のベッドルームからの眺めが最高でした。

杏ダイニング_木ニセコ.jpg

今回は海外メディア撮影のため一人でニセコ入り。最初の夜は北海道の食材にこだわった杏ダイニングで食事をとりました。これからの季節、ニセコではラフティング(4−10月)、ゴルフ・乗馬(4−10月)、トレッキング(6−10月)、キャンピングやバーベキューが楽しめます。

 DINING IN NISEKO

THE FRIDGE (Bar Gyu)

IMG_6123.JPG入り口が冷蔵庫の扉になっているBAR GYU。地元民に愛される国際色豊かな穴場スポット。

Bar_Gyu_Niseko.jpgカウンター越しの景色は雪山。バーマン渡邊仙司さんが仕事終わりに味わう一杯、余市の15年とネグローニを〆に。スモーキーな風味に包み込まれる感じ。

LUCKYFINGERS

LuckyFingers_Niseko_Restaurant_View

アンヌプリスキー場からすぐ、オーストラリア人のご主人と日本人の奥さんが経営するアットホームなダイニングバー。

LuckyFingers_Niseko_Restaurant.jpg

NYのトライベッカにある名店レストランMEGUの元エクゼクティブシェフが腕を振るう。付近のロッジに長期滞在する外国人と地元の人々で賑わう。

LuckyFingers_Noa.jpg

一緒に食事をしたノア先生の一押しはオカキに身を包んだ極太アスパラガスのフライ。私の一押しは一口サイズのミニバーガー。でもバーガーじゃなくその正体は、柚子胡椒+明太子マヨネーズ+アボカド+ウナギjの蒲焼き。これ本当に絶品。

The Niseko Supply Comapny

The_Niseko_Supply_Company.jpg東京では出来ない一人飯を敢行したお洒落なガレット屋、The Niseko Supply Company。隣では香港から来た女性と同じものを注文。北海道のキノコは味が濃い!

 WINTER FASHION 

Ken_J.png

 NY在住のフォトグラファーKen_Jと。DRWCYSのMA-1、PLSTのタートルニット、Levi'sのヴィンテージデニムジャケットを腰巻き、JBRANDのパンツ、MARC BY MARC JACOBSのハイカットスニーカー、KENZOのチェーンウォレット。

IMG_6110.JPG

寒さに強いので、私の防寒ファッションはいつものスタイルに毛が生えたくらい。ただ今回のニセコ行きに際して、万が一を思って購入したのがFACETASMのダウンマフラー。

 FACETASM_MOHAIR_DOWN_MUFFLER.jpg

コンパクトにもなって超優秀。定番アイテムらしいので今年の冬も乞うご期待。 

SKI RESORT STYLE IN NISEKO
スキー。20年程してないんですけど。ニセコのお洒落なスキーヤーを眺めていたら再開したくなりました。とりあえずはウエアから。あぁ、あと。比羅夫には本当にルックス抜群な男性がそこかしこに生息しておりましたので。もしも今年の冬、素敵なバケーションを考えていましたら、ニセコ、おすすめです。

2015/03/18 (Wed)

インスタグラム

Social-Media-Comparison-Infographic-2014.png

Photo via Digital Information World

Facebookに以前ほどLog inしなくなって久しくなります。2008年に始めた当初は家族や友人、近しい知人とのやり取りのみを楽しんでいました。ところがFacebookの機能が複雑になりすぎ、私の自由時間が減り、News Feedに広告やスパムが流れ始め、New Feedで政治活動を行う人や対応しかねない個人的問題をメッセンジャーで送ってくる人が現れ始めたりと、様々な理由から2年間程Facebookから遠ざかったまま。

IMG_6379.png

Photo via TokyoDame(トウキョウデイム)

そこへ登場したのがInstagram。2010年10月にケヴィン・シストロム(Kevin Systrom)とマイク・クリーガー(Mike Mike Krieger)のがサンフランシスコでスタートした写真共有アプリです。そのネーミングの由来は、"instant amera" + "telegram = Instagram。シンプルさに惹かれた私は約2年半前に始めました。

hashtags-instagram-some-e-cards.jpgphoto via LoopedBlog

写真検索機能のhashtag(#) を導入したのが2011年1月。2012年4月にはAndroid向けのサービスを展開し、その後も圧倒的なスピードでユーザー数を伸ばしていったInstagramは、同年4月、約10億ドルでFacebookに身を委ねます。当時のレートでざっくり計算すると815億円ね。

The_First_Photo_Post_on_Instagram.jpgphoto via TIME

上の写真は2010年7月16日、InstagramのCEO兼共同経営者のケヴィン・シスフロムが最初に投稿した写真。すなわちこれはInstagram史上、最初に投稿された写真なの。

 

情報収集に役立ち、インスピレーションにもなり、友人ともコミュニケーションがとれるうえ、時にInstagramが運んでくれる素敵な出会いもある。始めたSNSをやめることは簡単だけれど、私は上手く付き合う方法を探りながらFacebookとInstagramを楽しみたいです。だから、Instagramでしつこくストーキングしたり、宣伝広告を狙って商品を送りつけようとしたり、筋の通らない話しで口論にもっていこうとする人を見かけると悲しくなります。マナーとルールを守ってSNSは楽しもう。

VERY BLOG

  • MAKIKO’S DIARY Makiko Takizawa Official Blog [滝沢眞規子 公式ブログ]
  • Yoshiko Kris‐Webb Official Blog [クリス‐ウェブ 佳子 オフィシャルブログ]
  • Ricca Channel Rikuka Suzuki Official Blog [鈴木六夏 公式ブログ]