Yoshiko Kris‐Webb Official Blog [クリス‐ウェブ 佳子 オフィシャルブログ]

T-SHIRT LOVERS

Yoshiko_wearing_Old_Navy_Batman_T_shirt 1.JPG

お久しぶりです!27日はOLD NAVYの撮影で南町田にあるクランベリーモール店に行きました。撮影の合間にお買いものOK!という事で、すかさず子供服を大人買い。のついでに、BOYSコーナーで可愛いスーパーヒーローTシャツを発見。ワッペン刺繍で1,680円の超お買い得価格。私は自分用にBOYSのLサイズでBATMANを、スタイリストの池田敬さんに至ってはBATMAN、SUPER-MAN、SPIDER-MANの3枚をお買い上げ。そして翌日の撮影で一緒に着ようと約束したのが上の写真。

Yoshiko_wearing_Old_Navy_Batman_T_shirt 2.JPG

デニムに合わせると部屋着感満載なので、私は3.1Phillip LimのタイトスカートにSAINT LAURENT PARISのパンプスを合わせました。池田さんもピンストライプのパンツにハット。アシスタントの小西君は疲れからか完全に目が遠いですが、ヘアジェルをビッチリ塗りたくって、変身しそこねたスーパーマンになりきっていました。

Brandon_Walsh_Beverly_Hills_90210_T_Shirt.jpg

今シーズン、T型Tシャツを着るコツは、少し緩めのサイズを選んで袖を80年代風に折る。ビバリーヒルズ高校白書のブランドンのように。(中学生だった私にとって深夜のアイドルでした)そして裾は柔らかくタックイン。冬になるとTシャツ+コートのコーディネートが多くなるので、夏より秋にTシャツ狩りに走ります。秋注目のスウェットも含め、オマージュ(あるブランドに敬意を捧げた)的スローガンや意味のあるプリントが特に好きです。

T_Shirt_Logo_What_About_Yves.jpg

WHAT ABOUT YVESのTシャツ

Yves Saint LaurentからYvesを取って、Saint Laurent Parisとして生まれ変わった当ブランへの愛と皮肉を込めたメッセージ。"Ain't Laurent Without Yves" 【= YvesがないなんてLaurentじゃない】

T_Shirt_Logo_Feline_Meow.jpg

BRAIN LICHTENBERGのTシャツ

CELINEと同じフォントを使って、"FELINE MEOW" 【=猫のような、ずるい】+【=ニャオ】

Sweat_Logo_What_A_Wonderful_World_It_Could_Be.jpg

タイポグラファーPieter Ceizerのスウェット

アムステルダムを拠点に活動する新進気鋭のタイポグラファーPieter Ceizer。"What a Wonderful World It Could Be" 【=この世はバラ色になるかもね】

Sweat_Logo_Sono_Mama_Phillip_Lim.jpg

3.1 Phillip LimのTシャツ"

"SONO MAMA" 【=そのまま=AS YOU ARE】、そのままでお洒落になる完璧な一枚。

Sweat_Logo_MUSIC_FASHION_KITSUNE_MAISON.jpg

MAISON KITSUNEのスウェット

言わずもがな、RUN DMCにインスピレーションを受けたスウェット。

T_Shirt_Logo_Team_Elbaz_Les_Plus_Dores_NYC.jpg

LES PLUS DORES NYCのTシャツ

"TEAM ELBAZ 61" 【LANVINのデザイナー、アルベール・エルバスにちなんで。61は彼が生まれた年】 その他、Team Coco、Team Karl、Team Van Noten、Team Owens、Team Tisci、Team Slimane、Team Kawakuboなど、スウェット展開もしている。

BeFunky_Yoshiko_wearing_Old_Navy_Batman_T_shirt_With_Super_Man

この秋冬、コートの下は意味ありTシャツかスウェットがIN!ではでは、おやすみなさい。

CHARLES & KEITH AUTUMN 2013

NARITA_AIPORT_MARC_JACOBS_SAINT_LAURENT_SERGIO_ROSSI_YOSHIKO_KRIS_WEBB.JPG

最高のサービスを誇るシンガポールエアラインで成田から約7時間。先週木曜日の夜、シンガポールへ行ってきました。来る9月9日で建国48周年を迎える新興国で、経済発展の可能性を無限に秘めるこの国にはたくさんの資金が流れ込み、街のあちこちで高層ビルの建設が進んでいます。

CHARLES_AND_KEITH_COLLECTION_2013_PARTY.JPG

そして翌日、金曜日の夜。シンガポールの都心ニー・アン・シティ(Ngee Ann City)の、表参道のようであってその幅は2倍ほどもあるオーチャード・ロード(Orchard Road)の一等地に建つ高島屋で開催されたCHARLES & KEITH秋コレクション発表会に出席してきました。

Yoshiko_Kris_Webb_Charels_and_Keith_After_Party_Singapore_Koonhor_What_Women_Want

せっかくなので地元デザイナーの洋服を着たいと思って、パーティー前にオーチャード・ロードに面する老舗百貨店TANGSに行き、KOONHOR(クーンホー)のドレスと、これまたシンガポールデザイナーの手掛けるアクセサリブランドWHAT WOMEN WANTでピアスを購入しました。

CHARLES_AND_KEITH_COLLECTION_2013_SHOES.JPG

この2足はCHARLES & KEITH秋コレクションのなかで断トツ、私のお気に入り

CHARLES_AND_KEITH_COLLECTION_2013_FRONT_ROW_LADIES.jpg

CHARLES_AND_KEITH_COLLECTION_2013_GIRLS_GENERATION.jpg

More photos on Ms Glitzy.com

 CHARLES & KEITHのパーティーにはアジア各国から様々なセレブリティが飛来。韓国で活躍する俳優のDaniel Henney(ダニエル・ヘニー)が本当に上品で息を呑むほど美しく...。私と同じ1979年生まれ(驚)!中国が生んだスーパーモデルのLiu Wen(リウ・エン / 右2番目)も圧巻の美。一児の母でありシンガポールの女王とも呼ばれる女優のZoe Tay(ゾーイ・テイ / 左端)は笑顔がとても素敵な人でした。

CHARLES_AND_KEITH_NGEE_ANN_CITY_PARTY_TAKASHIMAYA_VIDEO.jpg

動くDaniel HenneyとCHARLES & KEITHパーティーの模様はこちらYouTubeでご覧ください。

CHARLES_AND_KEITH_BRYAN_BOY_PARTY_2013_TAKASHIMAYA_SINGAPORE.JPG

そして長年の友人、マニラが生んだファッションスーパーブロガーのBryan Boyとも久しぶりに合流。

CHARLES_AND_KEITH_BROTHERS_BRYAN_BOY.JPG

現在、日本でのCHARLES & KEITHの展開は大阪、横浜、そして東京の原宿にある3店舗のみですが、これからもっともっと増店すると経営者のCHARLES & KEITH兄弟(写真上)は語ってくれました。

 

CHARLES & KEITH Instagram:CHARLESKEITHOFFICIAL

 原宿店:渋谷区神宮前4-31-10

ららぽーと横浜店:横浜市都筑区池辺超4035-1

梅田OPA店:大阪市北区茶屋町1-27

大人買いを実現してくれるONLINE SHOPPINGサイトはこちら

Merlion_Singapore_Yoshiko_Kris_Webb.JPG

THANK YOU CHARLES & KEITH♥

 

 

 

2013/08/20 (Tue)

FASHION NEW-COMERS

FASHION BUZZ

Yoshiko_What_About_Yves_T_Shirt

今日はロンドンとパリで気になったブランドを紹介。秋の匂いが漂い始めるとウキウキします。ちなみに一年を通じて手放せないTシャツは久しぶりにスローガンTシャツに注目しています。エディ・スリマンが手掛ける新生SAINT LAURENT PARISに敬意を捧げて。「AIN'T LAURENT WITHOUT YVES」のTシャツを着てパリのお店でお買い物をしてきました。ショップスタッフが「こんなこと本当は言っちゃいけないんだけど、あなたのTシャツ大好きよ」って言ってくれました。さて、ファッションの醍醐味はレイヤー。計算しながら遊べる秋冬ファッションの到来もすぐそこです。

 

& Other Stories

Fashion_&_Other_Stories_H&M

H&Mがライフスタイルをコンセプトに立ち上げた新事業、& Other Stories。洋服、バッグ、靴、アクセサリーからコスメやパフュームなど、生活のうえで身に纏う必需品が揃います。

&_OTher_Stories_Jwellery

価格設定はH&Mより少し上で、その分クオリティもアップ。

&_OTher_Stories_Beauty

現在はオンラインストアstories.comとロンドン、ミラノ、パリ、バルセロナ、ベルリン、コペンハーゲン、ストックホルムの7都市で展開中。

&_OTher_Stories_Ready_To_Wear

日本上陸はいつかな?

 

MR. HARE

MR_HARE_MARC_HARE

ロンドンで最もクールなシューデザイナーMarc Hare(マーク・ハレ)。彼の靴はトスカーナ地方の職人たちによるハンドメイドで、全ての靴には亡くなったレゲエスターの名が冠されます。例えばジャマイカの音楽プロデューサー、キング・ダビーのように。サウスロンドンで育ったMr. Hareは幼少の頃から靴に特別な思いを抱き、特にパンツの裾と靴が始まるゾーンに人生を通じてこだわり続けました。

MR_HARE_IN_A_MAGAZINE

ファッションPRで働き、その後13年のサーファー生活を送ったのち、彼は2008年にスペインへ旅立ちます。そしてスペイン南部アンダルシア地方の小さな町ロンダで立ち寄ったとあるバーで、彼はある紳士の履いていた靴、繊細に編み込まれたグレイシューズに虜になりました。

MR_HARE_SHOES

Mr. Hareはビールを飲み干し、こっそりとそのグレイシューズを写真に収め、直ちにロンドンへと舞い戻ります。約1年後、彼の靴はロンドンのセレクトショップDOVER STREET MARKETに並び、9シーズンを迎えた現在では俳優ハビエル・バルデムやDazed & Confusedの創設者ジェファーソン・ハックといったセレブリティに愛されるシューブランドへと成長しました。

MR_HARE_WOVEN_GREY_SHOES

ちなみに最初のインスピレーションとなったグレイのウーヴェンシューズ(写真上)がこれ。そして、彼はいまだこの靴をデザインしていないとのこと。

 MR.HAREオンラインストア

 

STELLA JEAN

STELLA_JEAN_VIDEO_2013_FW

STELLA JEAN FW2013 on YouTube

'50sのシルエット、エスニックプリントや刺繍など。イタリアはローマ出身のステラ・ジーンが2013年のライジングスターとして注目されています。

STELLA_JEAN_Fashion_FW_2013

オンラインではFARFETCHM'ODA 'OPERANDITHE CORNERMATCHESで販売中。日本に上陸するのもすぐかも。

2013/08/19 (Mon)

Crunch Bean Salad

クランチグリーンサラダ

Crunch_Bean_Salad 2.JPG

主人の妹から教わった香り豊かなハーブとスパイスがリフレッシングなグリーンサラダ。ベジタリアンの彼女の作るサラダはとてもエキゾチック。暑い夏をヘルシーに乗り切ろう!

 

<材料 大人4人分>

インゲン 250g

さやえんどう 250g

グリーンピース 250g(冷凍でもOK)

 

コリアンダーシード 小さじ2(すり鉢で潰す)

イエローマスタードシード 小さじ1

オリーブオイル 大さじ3

 

ニジェーラシード 小さじ1

レッドオニオン1/2小玉(薄くスライス)

フレッシュの赤唐辛子(マイルドタイプ、みじん切り)

ニンニク1片(みじん切り)

※タラゴン

レモン(皮はすりおろしてからジュースを絞る)

 

塩 適量

粒マスタード(お好みで)

 

1.沸騰したお湯で4分間インゲンを茹で、冷水にすくい出して冷ます。同じお湯でさやえんどうとグリーンピースを20秒茹で、同じく冷水で冷ます。3種類の豆を大きなボウルで混ぜ合わせる。

 

2.すり潰したコリアンダーシード、イエローマスタードシード、オリーブオイルを小さなフライパンに入れ火をつける。(熱したフライパンにオリーブオイルを注ぐと香りが飛んでしまうので、必ず冷めたフライパンに注ぐ)

Crunch_Bean_Salad 1.JPG

3.オリーブオイルの中で種がはじけ始めたら火を止め、1のボウルに流し込んで混ぜる。

 

4.ニジェーラシード、みじん切りにしたレッドオニオン、フレッシュの赤唐辛子、ニンニク、タラゴン、すりおろしたレモンの皮と、そしてレモンジュースを加減しながら混ぜ合わせる。

 

5.最後に塩で味を調える。お好みで粒マスタードと一緒に。

 

※ニジェーラシード:インド料理などに使われるスパイス。別名ブラッククミン、和名ではクロタネソウ。

 

※タラゴン:ハーブの一種ですらりとした葉。フランス料理のソースや香りづけ、飾りに使われる。

2013/08/16 (Fri)

夏のお肌を整える!

CARROT CURE

carrot_salad_whitening

ニンジンに含まれるリコピンという成分は抗酸化作用が強く、シミやソバカスなど、色素沈着の原因となるメラニン生成の抑制抑効果があるそうで、ビタミンEの1000倍以上の働きを持つらしく、つまりはバッチコイ老化!に効果的だそう。何でもかんでもすっ飛ばしがちな私に見えるは、「リコピン=キレイを保つ」の方式。

 

このリコピン、夏野菜でいうとトマト(約2個)やスイカ、それから京人参といった赤い色味の人参に多く含まれています。1日に15㎎のリコピンを摂取すれば十分だそうですが、そこら辺の詳しい数字は気にしない、気にしない。主人の妹がここ5年程ベジタリアンの食生活を続けていて、幸運にも彼女の作る美味しいニンジンサラダを毎日のように食べている私は、是非このリコピン効果をみなさんにもお届けしたい!というわけで、レシピを教えてもらいました。コンビニダッシュでも日に焼ける私には嬉しいレシピ。皆さんも参考にしてみてください。

 

<材料 大人4人分>

ニンジン 7~8本

オレンジ 1玉

カシューナッツ or クルミ 1カップ

クミンシード 大さじ3杯

塩・コショウ 適量 

carrot_salad_whitening

1.ニンジンはすりおろし器かチーズグレイダーで細長く

carrot_salad_whitening

2.1/2に切ったオレンジをジューサーで絞る

carrot_salad_whitening

3.カシューナッツもしくはクルミは弱火で乾煎り

carrot_salad_whitening

4.クミンシードも同様に乾煎り

5.全部混ぜたら軽く塩・コショウで味を調える

至って簡単!

Beni_and_Ninon_at_our_flat_in_Paris 水曜日にチェルトナムからパリへ主人の家族も伴ってみんなで移動しました。今回がパリ初となる娘たちのために、現地の友人から情報を得てキッズフレンドリー&お決まりなパリツアーを敢行中です。高学年や中学生ともなると、クラブ活動や受験などで家族旅行もままならない。だから、大変かもしれないけれど、子供たちが幼い時こそ国内外旅行をおすすめしたいです。子ども目線のパリ旅行、後日まとめてブログします。

Beni_and_Ninon_at_Musse_du_Louvre

私にとっては2度目のルーブル美術館。外にあるこのガラスのピラミッド。実は666個の三角形で出来ているという大人な情報に母さんはビックリさ。

CHELTENHAM

Cheltenham_Town_Trip_Ice_Cream

ロンドンのパディントン駅から約2時間半。今週は主人の実家があるコッツウォルズ地方のチェルトナムという街に滞在しています。競馬とスパが有名なイギリス一番の温泉地。市内にはデパートやブティック、ファストファッションのお店が立ち並び、週末には有機野菜やオーガニックのフードマーケットが出店します。

Cheese_Food_Market_Cheltenham

 フードマーケットのチーズの種類には感動。ちなみに東京にいるときは渋谷にあるカフェ併設のチーズショップCHEESE STANDでチーズを買います。(ここのリコッタチーズ、蜂蜜と一緒に食べると最高のおつまみ!)

Food_Market_Cheltenham

ペイストリー系も充実。

Pork_Shoulder_Cheltenham

可愛いブッチャーが出店する肉屋には毛が多少残った豚肉が...。調理前にピンセットで1本1本毛を抜くか(楽しそう!)、オーブンで焼くと大概が燃えカスになるんですって。

Jalapeño_Cheltenham_Food_Market

このあとピクルス屋さんで真っ赤なハラペーニョを食べて撃沈。

English_Food_Sweets_Pork_Sausages.jpg

イギリス料理。以前に比べると格段に美味しくなったとはいえ、正直やっぱり微妙だよ...。味は濃いし、一人前がやたらと多くて、ベタベタ・ギトギト感は否めない。日本料理の繊細さは世界一だ!お、お、お刺身食べたい。

Simpsons_Fish_and_Chips_Cheltenham.jpg

チェルトナムの街外れにあるイギリスを代表する手軽な食べ物フィッシュ&チップスのお店、SIMPSONS FISH & CHIPSにも行ってきました。全英で毎年開催される「FISH&CHIPS CONTEST 2013」の優勝店だけに店内は大盛況。ちなみに日本では通称フライドポテトですが、アメリカではフレンチフライズ、イギリスではチップス、フランスではポムフリットと呼びます。

 

 WINCHCOMBE

SUDELEY_CASTLE_WINCHCOMBE.jpg

ロンドンも素晴らしいけれどイギリスは郊外が美しい!特にコッツウォルズ地方にあるウィンチカムとう小さな町はおすすめです。この町にはチューダー王朝様式のSUDELEY CASTLE(シュードリーキャッスル)というお城があり、本来はヘンリー8世の6番目の妻であるキャサリン・パーが住んでいました。

SUDELEY_CASTLE_WINCHCOMBE

1839年からはデント-ブロックリーハースト家が所有し、今でも一族の末裔が住んでいます。

SUDELEY_CASTLE_WINCHCOMBE_Hide_and_Seek.JPG

私が生まれた1979年に増設された秘密の花園。

SUDELEY_CASTLE_WINCHCOMBE

 外壁だけを残した納屋には長い年月を経て育った草花が生い茂り、なんだかラピュタの世界みたいなの。

SUDELEY_CASTLE_GARDEN_WINCHCOMBE

城内にはお着替えコーナーがあって、当時の洋服を再現した物からパーティーコスチュームまで色々揃っています。まずはお姫様の長女と守衛の私。

SUDELEY_CASTLE_GARDEN_WINCHCOMBE

 そしてブレないお姫様の長女と召使の私。なぜか私は常に下僕。

Yoshiko_Kris_Webb_Sudeley_Castle_Winchcombe.JPG閉城ギリギリまでこの帽子をかぶったまま庭園迷路で鬼ごっこをしました。夏休みはまだまだ長い!

 

WOMEN ON THE MOVE

WOMEN_ON_THE_MOVE_RORLAND_KIRISHIMA_ISENTAN_YS_YOSHIKO_KRIS-WEBB

創立41周年を迎えるY'sと創業80周年を迎える伊勢丹のアートプロジェクト、『WOMEN ON THE MOVE』が伊勢丹新宿店の本館4階イーストパークにて展開中です。桐嶋ローランドさんが撮り下ろした41周年にちなんだ41人の働く女性。スポーツ選手、女優、モデル、ミュージシャンなど、様々な分野で活躍する41人の女性たちの写真が、3月6日を皮切りに1年を通じて展示されます。

WOMEN_ON_THE_MOVE_RORLAND_KIRISHIMA_YOSHIKO_KRIS-WEBB

そして光栄なことにも、41人の仲間に入れて頂きました私の写真が、8月7日から1週間、伊勢丹新宿店本館4階のイーストパークに設置されたTVモニターに映し出されています。

ROLAND_KIRISHIMA_KOSEI_MATSUDO_YOSHIKO_KRIS-WEBB_ISETAN_Y'S.JPG

実はこのローランドさんとの撮影、前の晩に主人と喧嘩して、塞ぎ込んだ気持ちのまま出掛けて行った件の撮影日、「BETWEEN US」のブログを書いた日なんです。メイクルームでスタイリストのKOSEIとたわいもない冗談に笑って、カメラの前で息も絶え絶えにジャンプをし続けるうちに、疲れるどころかドンドン元気になっていったのを覚えています。作り笑顔も出来なければ、格好良いポーズなんて到底無理。そんな自然体の私をローランドさんは辛抱強く待ってくれました。

 

今週末は日本一のアミューズメントパーク伊勢丹新宿店で、桐嶋ローランドさんのインタビューも併せて、「WOMEN ON THE MOVE "桐嶋ローランド氏が撮る41人の働く女性たち"」をお楽しみください。

PORTOBELLO

Portobello_London_Street

2003年9月、ロンドンファッションウィーク期間中。Anne-Sofie Backのショー開始前に共通の友人がとあるカフェに誘ってくれて、そこで初めて主人と出会いました。カフェの名前は忘れちゃったけど、蚤の市で賑わうウエストロンロンのポートベローにあることは覚えていて。カフェの壁の色もハッキリと覚えていて。思い出だけを頼りに、10年ぶりに、2人揃ってポートベローへそのカフェを探しに行きました。

SANTO_Mexican_Restaurant_Portobello

主人はタイレストランと記憶していて、私はほのかにメキシカンレストランと記憶していて。正解はSANTOというメキシカンレストランでした!残念ながら10年ぶりに再訪したSANTOは休業日だったけど、隣のカフェでお茶をしていた女の子2人に記念写真を撮ってもらいました。

Anne_Sofie_Back_Show_Venue_2003_SS

10年前、SANTOでは一言も話さなかった私たちはショー会場に場所を移し、隣同士に座りました。私が主人に抱いた第一印象は賢い人。ショーが終わるまでの短い会話が実った結婚です。そんな思い出深いコレクション会場も施錠されていて入れなかったけれど、素敵な思い出になりました。

Shoreditch_Staiton_Love_Locks_Padlocks Shoreditch Station

前出のショーディッチ付近をブラブラ歩いていたら、ショーディッチ駅の目の前に、パロドックがたくさんぶら下がったフェンスを発見しました。

Pont_des_Arts_Bridge_Love_Locks_Padlocks

Pont des Arts Bridge

パリのセーヌ川にかかるアルシュヴェシェ・ブリッジのフェンスに、恋人同士、名前を書いたパドロックに鍵をかけ、その鍵をセーヌ川に投げ捨てて永遠の愛を願うおまじないが起源のLOVE LOCK。

Love_Locks_Brooklyn_Bridge

Brooklyn Bridge

これがロンドンのショーディッチにも飛び火して、最近ではニューヨークのブルックリン・ブリッジでも物凄い勢いで流行っています。ちょっとしたアイディアが街の一角をロマンティックに彩ります。

10th_Anniversary_Portobello_Tin_John_Bull_Letters

10周年の記念にポートベローのアンティークショップで£10の缶を購入しました。これに各々の書いた手紙を閉まい、10年後の2023年に開けることにしました。10年後のラブレターです。明日のラブレターを書くのはちょっと照れくさいからね。

SHOREDITCH

SHOREDITCH_JAGUAR_SHOES

ロンドンで今一番ホットな場所はショーディッチだそうで、異なるアーティストの作品を定期的にインテリアに取り入れるカフェ&バーJAGUAR SHOESからショーディッチ探索スタート!

SHOREDITCH_START_FASHION

イーストロンドンに位置するショーディッチで人気NO.1のブティックは、メンズとレディースのショップが通りを挟んで並ぶSTART

SHOREDITCH_START_BOUTIQUE

ACNEやMARKUS LUPFER、MAWIといったコンテンポラリーデザイナーのコレクションが揃います。危ない、危ない。何も買わずに出て来られてよがっだぁ。

SHOREDITCH_TRAMSHED_RESTAURANT

ショーディッチで一番予約が難しいレストランといえばTRAMSHED。店内の中心には英国を代表するコンテンポラリーアーティストで芸術家長者番付1位のDAMIAN HIRSTによる作品、ホルマリン漬けにされた牛と鶏の『COCK 'N' BULL』が鎮座しています。

TRAMSHED_Chicken_Beef

英国レストラン業界のスーパースターMARK HIXが手掛けるTRAMSHEDのメニューは、レストラン階下のギャラリーCOCK 'N' BULL(COCK=雄鶏とBULL=雄牛)が意味する通り、チキンとビーフがその殆どを占めます。ベジタリアンにはつらいのだ。

FOR_THE_LOVE_OF_GOD

ちなみにダミアン・ハーストの代表作、8601個のダイヤモンドと2㎏のプラチナと人間の歯で作った作品『FOR THE LOVE OF GOD』は、2007年にアート作品のオークション史で最高値となる5,000万ドル、当時の日本円にして約38億円で落札されています。

toddington_manor_damien_hirst_home

さらに、このダミアンおじさんのカントリーハウスが偶然にも主人の実家付近にありまして、それがコレ。ハウスというか城です、城。その部屋数およそ300。

SHOREDITCH_DISHROOM_INDIAN_RESTAURANT

ショーディッチに話を戻して。さて、このエリアで美味しいインド料理を食べたくなったらDISHROOMが断トツお薦め。ヒップなアーティスト、リッチなバンカー、地元のオシャンピーまで、様々な階層と国籍が混ざり合うお店です。

SHOREDITCH_DISHROOM_INDIAN_RESTAURANT_SIGNS

洒落っ気たっぷりなインテリアも文句なし。左:『当店のチャイには一切アヘンを使用しておりません』、右:『カフェのルール - 吸わないで、こぼさないで、お皿やコップで手を洗わないで、食べ物の持ち込みはしないで、髪を梳かないで、レジの人を誘惑しないで、いたずらしないで、大きな声で電話しないで、新聞を盗まないで、激しくイチャイチャしないで、床を汚さないで、食い逃げしないで、トイレで寝ないで、カースト制度の全階級の皆さんを大歓迎します』

SHOREDITCH_MAISON_TROIS_GARCONS

カフェも食事もお買い物も楽しめるのはMAISON TROIS GARCONS。ヴィンテージのバッグやアクセサリー、アンティークのチャイナ、それから動物顔のクッションなど、食事のついでについついお財布に手が伸びます。とても気になった風船のシーリングランプは紐を引っ張れば照明のON/OFFが出来る仕組みで、英国の伝統あるガラス工芸品ブランドJOHN MONCRIEFFの作品。商品名はMEMORY BALLOON CEILING LIGHT。(オンラインでも購入可能

Char_Noor_Yoshiko_Beagle_Hoxton

今回ショーディッチを案内してくれたのは大学で芸術を教える主人の妹、そして共通の友人。新婚、独身、既婚の女3人で2時間半。白ワイン2本とブラディマリー1杯をメインに、ショーディッチから歩いてすぐのホクストンにあるレストランBEAGLEで遅いランチをとりました。

AINT_LAURENT_WITHOUT_YVES_T-SHIRT

隣に座っていた女の子が皮肉の利いたとても素敵なTシャツを着ていたので、帰り際に写真を撮らせてもらいました。

MUST-HAVE_AINT_LAURENT_WITHOUT_YVES_T-SHIRT

「AIN'T LAURENT WITHOUT YVES」って。明日はポートベロー散歩をお届けします。ではでは、おやすみなさい。日本とイギリスの時差は8時間。

 

2013/08/01 (Thu)

夏休み!

おひさしぶりです、2日ぶり! 

IMGP8313.JPG

月曜日からタイトスケジュールで撮影をしていました。昨日の16時間撮影を終え、今日は撮影連チャン最終日でした。午前3時に起床して4時からスタート。夕方4時にピッタリ終了しました。ピークで売れていたピンクレディの殺人的スケジュールに比べたらこんなのまだまだ!と、みんなで楽しく乗り切りました。9月7日売りの10月号分の撮影は今日にて終了。カメラを持って撮影するシーンがあったので、今日一日お世話になったスタッフの皆さんを本番中に記念撮影しました。地べたに座ったヘアメイクのMIOさんが持っているのは、撮影に欠かせないブロアーという風噴射機。これでドライヤーのように風を吹かせて髪に表情を付けます。外ロケでは扇風機代わりに使っています。

2012 Summer in UK (20).jpg

 もうすぐ発売のVERY9月号では皆さんから頂いた質問や相談を元に勇気と愛をもって、「夏休みお悩み相談室」を執筆させて頂きました。是非ともご一読ください!ではでは、明日からしばらくイギリスに行ってきます。去年のイギリス滞在日記をパワーアップさせ、パリ情報も一緒に、向こうから毎日ブログ更新します。皆さんも元気で楽しい夏をお過ごしください!

 

Yoshiko

VERY BLOG

  • MAKIKO’S DIARY Makiko Takizawa Official Blog [滝沢眞規子 公式ブログ]
  • Yoshiko Kris‐Webb Official Blog [クリス‐ウェブ 佳子 オフィシャルブログ]
  • Ricca Channel Rikuka Suzuki Official Blog [鈴木六夏 公式ブログ]