Yoshiko Kris‐Webb Official Blog [クリス‐ウェブ 佳子 オフィシャルブログ]

2013/05/31 (Fri)

親の看病

2月26日に、お母様の病に関して職場でのご自身の身の振り方についてメールを下さったYさんへ。相談内容を名前を伏せて紹介させていただきます。

「私は今あることに直面しており、是非率直なご意見を伺えれば、そう思いメールさせていただきました。母の病に関する身の振り方についてです。母は父と二人暮らしで、もともとかなり食の細い人でしたが、数年前から体調を崩し殆ど食べられなくなり、徐々に痩せ、寝たり起きたりの日々で、今や30キロまで痩せてしまいました。痴呆のような症状もでています。半月程前に体調が急変し緊急入院。内科的な要因、老人性の脳の病気、精神疾患等、改めての診断はこれからです。普段から母に任せきりだったおっとりの父はオロオロしてしまい、姉と弟、私(私だけ独身)で分担して動いています。家族全員が色々なことで常に頭がいっぱいで、気が休まらず、私は仕事に身が入らず、小さなミスが目立ってきました。職場では皆が忙しく、正直フォローし合える体制ではありません。こういう時、家庭の事情を会社の上司やメンバーに説明すべきだと思われますか?私は誰もが様々な事情を抱えながら、日々一生懸命に個々の責任を全うしながら働いていると思っています。故に、自分のミスの言い訳、甘えでしかないという思いから、会社ではこのことをまだ誰にも話していません。(甘え下手です。でも、気の置けない社外の友人には折を見て聞いてもらうつもりです) しかしながら、この3ヶ月程は特別な忙しさで、これ以上は頭が上手く回らず、思考停止の状態です。お忙しいところご迷惑なのは承知の上ですが、是非佳子さんの率直なご意見を伺いたいと願っています。長々とすみません。」

母方の祖父が亡くなった時、母は看病できて良かった、最期を看取ることができて良かったと言っていました。母は私を生む前も生んだ後も今も、バリバリのキャリアウーマンです。そんな母はきちんと会社に事情を説明し、残された自分の父との時間をなによりも大切にしていました。ほぼ毎週末、仕事が終わると大阪から島根まで帰っていました。心置きなく看病にあたった祖母と母は、祖父が亡くなった後に、「おじいちゃん幸せそうだったよ。最期に少し微笑んだんだよ」と教えてくれました。私はおじいちゃんの最期に間に合わなくて、「ありがとう」と言えなかったことがすごく悔しくて、生きているおじいちゃんに会えなかったことがすごく悲して。けれども、祖母と母からその話を聞いた時は嬉しくて涙が出ました。でも、あんな気持ちになるのは二度と御免です。

Yさんの職場が互いの業務をフォローし合える状況でなくとも、お母様の病について事情を説明し、職場の人から精神的フォローが得られると願うのは甘えではないです。大切な人を十分に看てあげられなかった後悔はきっと一生付きまとう、そんなことは絶対に避けて欲しいです。それに、職場の同僚や上司に話せないことで、お母様を看病すること自体がYさんにとって悩みになるのも悲しいです。育ての親の老後を看ることは私たちが親に贈る最後のギフト。感謝の気持ちを表す「敬老の日」国民の休日として定められているのなら、生きている間にしてあげられる「看病の日々」も、悩むのではなく、感謝の気持ちを込めてしてあげたい。そう思います。

もし私がYさんの立場なら、迷うことなく職場に事情を説明して理解を求めるでしょう。そして、お母様が回復した際には、再び心置きなく、職場に倍返しできるくらいに仕事に励めば良いんです。お母様が人生を全うされた場合でも。そのためにも、今は心のバランスの重りをお母様に委ねて欲しいです。心地良いメンタルバランスでいられれば、仕事のミスもきっと減るかもしれません。

誰もが様々な事情を抱えながら、日々一生懸命に個々の責任を全うしながら働いている。Yさんが職場の人々をそのように尊重する気持ちは素晴らしいです。でも、お母様も様々な事情を抱えながら、日々一生懸命に生きている。お母様は生きるという責任を全うしながら今を生きている。それを尊重する気持ちは、Yさんだけでなく、職場の人々からも得られると私は思います。願います。

2013/05/30 (Thu)

BACK TO BASICS

白いTシャツ(○)
白いポロシャツ(×)
白いコットンシャツ(×)
白いジーンズ(○)

青いデニムシャツ(×)
青いブレザー(×)
青いジーンズ(×)
青いデニムスカート(○)

黒のタートルネック(×)
黒のタイトスカート(×)
黒のスキニーパンツ(×)
黒のレザーバイカージャケット(×)

何が着たいんだ、何が似合うんだ。計算しないで買い物したり、自分のクローゼットを把握していなかったりすると、ある日突然お洒落に迷う。そうすると無駄な買い物が怖くなって買い物すらできなくなる。そんな時はベーシックに戻ることが大切で、しかもベーシックなアイテムに妥協は無用。
 
PDCT Jantiques Denim Skirt.JPG

上にあげたリストは、現在私が取り掛かっているお買い物リストです。キーワードは流行に左右されないもの。老後に向かってのクローゼット準備みたいな感じです。今日は青いデニムスカートに○が付きました。これを私はお婆ちゃんになっても着るつもりでいます。トレンドは靴やバッグで取り入れます。その時々の流行服もシーズンによっては欲しくなります。でも、まずはベーシック良品をゆっくりと揃えます。これからセールシーズンになりますが、この夏は目移りさんを卒業して、ベーシックアイテムを上手にセールで見つけることをお勧めしたいです。

P.S. 娘たちの学校では懐かしの「マジカルバナナ」が流行っているそうです。長女が「キレイといったらマーマ!」と言い、それに続いて次女がこう言いました。「マーマといったら整頓!」って。言い得て妙な...。「マーマといったら?」、「私といったら?」って、お子さんや旦那さん、彼氏やお友達に聞いてみて下さい。思わぬ答えが返ってくるかも!

2013/05/29 (Wed)

PARIS → NEW YORK

蚤の市
 
Daikanyam Market Yoshiko.JPG

似非観光客みたいな恰好で、パソコンの入った重いバッグを肩に、代官山の鬼のような坂を自転車押しながら駆け上がり、辿り着いたのは代官山蔦谷。ラッキーなことに駐車場でフランス縛りの蚤の市やってた!明日もしてるんだって。明日は雨だけど、もう一回行ってみる価値あり☆
 
P & B.JPG

代官山駅の踏切付近にあるeau café(オウカフェ)も出店してた。ここは屋上が気持ちよくって、夕方には夕日がキレイな穴場スポット。クスクス料理とかショーケースに並べられた手作りケーキが、いつもどれも美味しそうなの。エレベーターがないから大変なんだけど、小さな娘をたちを連れて、シャボン玉持ってよく行ってたな。プシャミックと次女の写真は2010年の6月の。カメラに興味を持ち始めた5歳の長女が撮った。
 
Daikanyam Market Alisa.JPG

その出張eau caféでギターを演奏していたカナダ人のポールさんと仲良くなって、一緒にいた有紗ちゃんはシンガーだから、飛び入り参加でコンサートが始まった。ここは東京じゃないね、パリだね。そんな雰囲気。


Daikanyam Market NB 1.JPG 
ついでにNEW BALANCEをお洒落に履いている女性を見つけたから写真撮らせて貰った。574のベージュはかなり大人なことになる。
 
Daikanyam Market NB 2.JPG

スポーティーにもエレガントにも転がるNEW BALANCE。上の2人。実は共通の友人がいたりして、連絡先を交換して、また会おうねってことになった。みんな脳内がパリなことになってるみたい。


Anjin.JPG 
その後、代官山蔦谷に入っているラウンジカフェANJINで今ブログ書いてる。蚤の市でパリ三昧した私たちだけど、実はニューヨークが何よりも好きで。だから、まだ4時になったばかりなんだけど、ウィスキーベースの<マンハッタン>を注文した。「なんでマンハッタンっていうんだろうね?」 そう思ってGoogle先生に聞いてみたら、マラスキーノチェリーっていう砂糖漬けにされた甘いチェリーがマンハッタンに落ちる夕日をイメージしてるんだって。通称「カクテルの女王」っていうだけあって、すっごく強いから、2人でチビチビ、ヤクルトを惜しみながら飲む子供みたいに飲んでる。
 
FOOD Central Park.jpg

ちなみに、これにパセリをいれると<セントラルパーク>っていうお酒になるんだって。

別に特別な予定を立てなくても、遠くに行かなくても、カメラ1つ首からぶら下げて歩くと、近所なのに観光客気分になれる。何もしないで家で腐るのも良いけど、気分転換にカメラを持って外出してみると、家の近くが楽しくなる。これは私がニューヨークで身に付けた処世術。そうやって19歳の私は、ダウンタウンでご近所友達をドンドン増やしていった。今日はおしまい。「カクテルの女王」は...、まだ半分以上残ってる。キツイなぁ。

2013/05/28 (Tue)

足のみせどころ

セレブ屋とデート
 
Image Photo Flower  (3).JPG

昨年FACEBOOKを通じて知り合った花菜子さんから頂いたnicolai bergmannのフラワーボックス。今はポプリになって子供部屋に飾っています。ありがとう!で、今日は、南青山にあるnicolai bergmannのお店で友人と回帰祝いのスムージーデートをしました。
 
George.JPG

セレブ屋(彼はパーティーに人を呼ぶお仕事を始めました)のGeorgeも私も、同じストロベリースムージーを注文。シナモンのフレーバーが効いていて美味しいです。カフェには子供が楽しめる絵本やクレヨン、木製オモチャなんかもあって、ベビーカーママ族で賑わっていました。お洒落なママ達に見とれる私をよそに、George、あなたはイケメンに見とれていたのを私は知っている。お花は買ったことあるけど、カフェの利用は今日が初めて。キッズフレンドリーで素敵なお店、発見です。

セレブ屋に負けじと
 
Yoshiko wearing a mini skirt.JPG

トップ:古着、スカート&パンプス:MARC BY MARC JACOBS、クラッチ:JOHN LAWRENCE SULLIVAN、サングラス:THOM BROWNE

 

先週日曜日から完全復帰な今週はとりあえず外出したい気分です。25歳のGeorgeに触発され、今日はこんな恰好で。ミニは思い切って足を出した方が正解だと四方八方から言われるので、今日も思い切って出しました。出せなくなる日、もう出さなくても良いかしらって思える日はいつかやって来る(らしい)ので、「今日はミニ大丈夫!」と納得の日は迷わず履くのです。そして老後は、開放的な気分になるリゾート先だけで堂々と履くのです。
Yoshiko baseball cap and New Balance.JPG 
ブラウス&ショートパンツ&クラッチ:JOHN LAWRENCE SULLIVAN、サングラス:DITA、スニーカー:NEW BALANCE


VERY誌面でもあれこれ取り上げたスニーカーのコーディネート術。それでもきます、質問が。「夏はどうすればいいの?」という飽くなき追求。夏に向けてはミニ同様、思い切って足を出すショートパンツに合わせておきましょう。中目黒にある素敵なヴィンテージ&アンティークショップ、JANTIQUESのバイヤーさんは言いました。「短足さんにはハイウエストのショーパンが一番!」って。ハイエスト、バンザイ。

2013/05/27 (Mon)

世界最長プール

ほんまに?!
 
Image Photo 道頓堀.jpg

完成図 photo via Namba Keizai Biz

都内を流れる川といったら最初に思いつくのはやはり神田川、もしくは目黒川。その風景は情緒豊かなもので、桜シーズンには多くの人で品よく賑わう。それに反して、大阪市内を流れる川といえばこれしかない。そう、道頓堀。桜の代わりに1年を通じてネオン看板が水面を照らし、勢い余って沈められたカーネルおじさんの遺体が発見され、熱狂的なタイガースファンが皮膚病覚悟で飛び込んでいたあの川だ。上品というよりもややこしいというのが道頓堀のイメージだが、なんと今年4月にこの大阪の動脈ともいえる道頓堀の大幅なイメージアップを図り、「道頓堀プールサイドアベニュー設立準備株式会社」なるものが発足された。

計画内容全てを表す何の捻りもないこの株式会社は、道頓堀開削400周年を迎える2015年に向けてとんでもない計画を企てている。「プールサイドアベニュー」という会社名からもお察しの通り、道頓堀にかかるナンパスポット戎橋から東西約1キロの範囲に、遊泳可能な水道水を注入した箱状の物を浮かべ(水質改善は諦めるのね)、「世界最長のプール」を創るという大胆な計画を。(発想がLEGOで遊ぶ子供並みな気がする)
 
Image Photo San Alfonso del Mar.jpg

チリにある世界一長くて大きなプール
San Alfonso del Marは1013m

2015年6月末から9月上旬までを期間にオープンするこの箱型プールは、例えていうならシンガポールの新名所マリーナベイサンズを凌ぐ高級感に溢れる予定で(あくまで)、1時間3千円前後の入場料を払えば誰でも楽しめるらしく、更にはビックリするくらいの美男美女がスタッフとして雇われるそうだ。設計問題や資金問題以前に、この美男美女のスタッフを集めることすら不可能に思えるのだが...。
 
DSC05587.JPG

2011年セーヌ川にて

果たして、道頓堀はパリを流れるセーヌ川のように優雅な川として生まれ変わることができるのでしょうか。大阪出身として大いに気になるニュースでした。

2013/05/24 (Fri)

男と女

男と女
 
BOOK Why men don't listen and women can't read maps.jpg

男と女の違いって面白い。ご存じ、『話を聞かない男、地図が読めない女』は男女の違いを紐解く鉄板本。彼を、旦那さんを、父親を、そして母親を、自分を、女と言う生き物を客観的に見直すにはもってこいの本。ちなみに私は地図が全く読めない。iPhoneのGoogle Mapを使っても、結局は手の中でiPhoneをこね回し、方向音痴ゆえ迷子になり、最後は道端で人に聞くのが常套手段。

そしてお察しの通り、主人は話を聞かない。ん?ちょっと違うかな。「聞かない」じゃなくて「聞けない」っていうニュアンスの方が正しい気かな。

『話を聞かない男、地図が読めない女』のタイトル、原題は『WHY MEN DON'T LISTEN & WOMEN CAN'T READ MAPS』っていうんだけど、これも実はちょっと違う気がする。『WHY MEN CAN'T LISTEN & WOMEN DON'T READ MAPS』のほうがしっくりくる。「できない=CAN'T」と「しない=DON'T」の違いは大きい。この原題だと、DON'Tな男は怠惰で、CAN'Tな女は不能だって突きつけられている気がしてならない。

私は(=女は)地図を読めないことを知っているから、一応は読もうとするけど読まない。だから、WOMEN DON'T READ MAPSが適当。主人はというと(=男は)、例えば地図の読めない私を横に一緒に2人で道に迷ったとしても、絶対に人に尋ねない。聞かない以前に聞けない=尋ねなられない。だから、MEN CAN'T LISTENが適当。男のちっぽけなプライドなんだろうかといつも思う。付き合い始めた当初、「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」という、主人に(=男に)ピッタリすぎる諺を英語で伝えたのが記憶に新しい。

男の女の違いについてNAVERまとめで面白いポストを見つけた。結構的確だったりする。男と女の違いを認めつつ、時に首をかしげつつ、時には主人を典型的な男のタイプに当て嵌め、時に自分を典型的な女のタイプに当て嵌め、夫婦ってそんなもんですよねぇーって。今週も適当に幸せな適当夫婦でいた、かな(笑)

2013/05/23 (Thu)

ラップミュージック

MACKLEMORE
 
Image Photo Macklemore The Heist.jpg

音楽は好きだけど、ヒップホップやラップミュージックにはあまり興味がなくて。というか、英語の理解力がラップやMCの速さに追いつかず、だからEMINEMが出てきたときもフーンって感じでした。だけど、昨年末からかなり注目しているインディーズのラッパーがいます。MACKLEMORE(マクルモア)のBen Haggerty(ベン・ハガティ)です。
 
Image Photo Macklemore Ryan and Ben.jpg

1983年シアトル生まれで、2000年から音楽プロデューサーRyan Lewis(ライアン・ルイス)とともに音楽制作を始め、長い間アンダーグラウンドシーンで活動を続けた苦労人。実家の地下室で時の流れも気に留めず、3年間の月日を費やして制作したデビューアルバム『THE HEIST』を2012年10月にリリースし、その中の1曲「THRIFT SHOP」が全米TOPチャートにランクインして、一気に絶大な支持と人気を獲得します。
 
Image Photo Macklemore.jpg

アルバム収録曲の中で「CAN'T HOLD US」というのがあって、この曲をシアトルのラジオ局KEXP 90.3 FMでライブで初披露するんだけど、思ったのが、こんなにニコニコと笑顔でラップする人は初めて見たなぁって。マイナーな曲だったからPVもなかったんだけど、ようやくこの曲も注目を集めるようになってPVも制作され、今週のBillboardではなんと1位にランクイン。「CAN'T HOLD US」の公式PVも良いんだけど、KEXP 90.3のライブ映像は最高にかっこいいです。ドイツのコンサート映像ではBenの声量に感動します。なんか幸せになるラップミュージックって良いな。他には少年時代の憧れる心の純粋さを唄った「WINGS」も秀逸。

6月に結婚する花嫁さんのために、披露宴でのBGMただいまリストアップ中です。昨年10月に結婚式BGMについて書いたブログを更新しているので、そちらもあわせてご参照ください。結婚式用とうよりも色々な世代が楽しめて踊れる選曲になっています。では、また明日!

2013/05/22 (Wed)

買い物の仕方

 THE WAY I SHOP
膀胱炎対策にクランベリージュースが良いとたくさんの方からアドバイス頂きました。ありがとうございます。冷蔵庫の扉にクランベリージュース、バッチリ刺さっています。

今日も質問をいくつか。とりあえず簡単なのから。の前に、退院後の励ましのメッセージにありがとうございます。それから、「退院したばかりの体、ゆっくり休んでくださいね...と言いつつ質問です!」という皆さんの流れ、好きです(笑)。
 
PDCT Celine Sandals.JPG

今日は夏のサンダルについて。NEW BALANACEを履き出してから歩いて運動することが習慣づいてきたので、サンダルを購入する際の屁理屈も「歩ける靴」ということで、今年はCELINEのウェッジサンダルを購入しました。水色のハラコが珍しく、衝動買いといえば衝動買いです。なんですが、VERYの撮影で黒のレザータイプを履いたことがあり、また、ライターさんがハラコのヒョウ柄タイプを履いているのを見かけたりと、実はこれ、私の脳裏に焼き付いていたサンダルなんです。だから、そういう物に出会ってしまうと、眠っていた記憶が呼び起され手が伸びる。これを私は「衝動買い」ではなく「刷り込み買い」と呼びます。
 
PDTC YSL bag.JPG

「あれもこれも!」と物欲だらけになるのも不健康ですが、「買いたい物が何もない」というのも私にとってはストレスです。そんなストレスを打破してくれたのがYVES SAINT LAURENTのハンドバッグ。A4サイズの書類が入ります。3月末に店頭で初めて見て以来、雑誌やオンラインショッピングサイトで見かけ、徐々に私の脳裏に刷り込まれています。カルガモ母さん的なYSLのバッグ。ちょっと皆さんにも刷り込んでおきます(笑)

 

幼い頃の私①


Image Photo Stop Thinking.jpg


愛読書だった1つ、『家庭の医学』を恐る恐る読んでは、両親が大病に侵された場面を毎晩のごとくベッドで想像し、そしてそこへ父が登場。父:「また泣いてるの?」、私:「お父さんが、ヒッ(泣)」、父:「今度はどうした?」、私:「イ、イ、胃癌になって、ヒッ(泣)」、父:「勝手に殺さんといて(笑)、おやすみ」


といった具合に、可愛げのない妄想癖のうえ、病院では「私、死にますか?」と真面目な顔で医師に尋ね、病院とは距離を置きたいものの扁桃腺炎や骨折・捻挫で年中通院していた私は、案の定、病院が苦手な大人になりました。


V.S. 他人の闘病記


 Image Photo GINZA.jpg


さて、病院が苦手な私を元気づけようと、主人が大量に持ち込んだ雑誌。普段はすっ飛ばすページも今回は熟読。いつもは小さな文字に四苦八苦するGINZAも最後の最後まで楽しく完読...。と、思いきや、裏表紙から数えて4ページ目。星野源さんのコラムでズコーンと奈落の底へ突き落とされました。


突然の頭痛で救急搬送され、CTスキャンの結果、「くも膜下出血」と診断された星野源さんの生々しいコラムを(これ、GINZAですよね...と半信半疑で)読み進める私の病名は不明。高熱の原因も特定不明。プラス、除夜の鐘を豪勢にも鐘の中で聞いているかのような頭痛。不安材料を餌にただの頭痛がメキメキと成長し、いつのまにか「頭痛=くも膜下出血」という方式に姿を替え、私の心拍数を押し上げます。幼い頃の妄想癖が蘇ってくるなか、しかしながらコラム後半、明るく振る舞いながら手術室に運ばれていく星野源さんに希望が見えます。頑張れ、源さん!私も頑張る!!


なんて、世の中もGINZAもそんなに甘くはなかったです。ご丁寧にも段落を替え、星野源さんのコラムはこの一文で終わります。「地獄はここから」って。「うわぁーっ!ここで終わるなぁーっ!」と、一人ベッドで悶える私。入院3日目昼下がり、体温39.8℃、自称くも膜下出血患者の私。

 

with Przemek.jpg


そこへ登場したのはポーランド人でイラストレーターのプシャミック。スターバックスのアイスラテとチョコレートマカロンが入った紙袋を携えて。相変わらずなプシャミックの笑顔に癒され、久しぶりのアイスラテに嬉しくなり、病院へのお見舞いにスタバ使えるなって思った瞬間、頭痛は消え、私の心拍数は収まり、不安スイッチもOFFになりました。やるじゃん、プシャミック。やるじゃん、スタバ。ばかじゃん、私。


現在、髄液検査後の低髄液圧症候群による頭痛で寝込んでいますが、近所のスタバまではなんとか歩いて行けます。有難い事です。去年の事故に引き続き、病院とはなにかとご縁があるようなので、ついでに色々と健康診断を受けることにしました。今週末には子宮頸がん検診を受けます。病院は苦手ですが、病気はもっと苦手です。運ばれる前に通う!定期的な健康診断、皆さんも是非とも受けて下さい。


P.S. GINZA次号裏の大特集は星野源さんの闘病記だと思っている。



ご報告
お久しぶりです。先週金曜日、ブログ更新直後に原因不明の高熱で倒れてしまいました。40度が3日も続いて少し怖くなったので月曜日から入院。胸部&腹部のレントゲン、CTスキャン、血液検査に子宮検査に髄液検査までした診断結果は、初耳の腎盂腎炎。5日間入院しました。

要は、おしっこを我慢して膀胱炎になり、それが悪化して腎臓入口にウィルスが侵入し、そのウィルスが血液に回り、その血液が全身を駆け巡るという壮大なウィルスの旅物語です。疲れた女性によく見られる病気で、なかには高熱が1~2日で治まり、腎盂炎を患っていたことに気付かない女性もいるそうです。わたし、これからは尿意に素直な女になろうと思います。そして尿欲を三大欲(食欲・物欲・性欲)に加えることにします。

THE POWER OF JEWELRY
 
Image Photo VCA.jpg

パリのヴァンドーム広場にあるVCA本店

さて、久しぶりのブログ更新なので今週は質問から。Puakeaさん:結婚5周年記念としてVan Cleef & Arpelsのアルハンブラコレクションから黒のブレスレットを贈って貰いました。本当は普段から身に付けたいのですが、カジュアルスタイルが多いため結婚式などのフォーマルな場でしか着用していません。日常のシーンでもアルハンブラを上手にコーディネートできるアドバイスをよろしくお願いします。他のアクセサリーとのバランスの秘訣も出来れば教えて下さい。よくいう「こなれた感じ」で、無理してアルハンブラを着けてない、馴染んだ感じで身に付けたいです。
 
Image Photo VCA alhambra.jpg

アルハンブラコレクションの人気の理由は、どんなスタイルも選ばない奔放さと上品さを持ち合わせた不朽のデザイン!だから基本的にどのようなコーディネートにも似合うはず。


Image Photo old ladies.jpg 
ツルンとした淡い色のサマードレスを着て、シワシワの骨ばった指には旦那さんから贈られたであろう巨大な、そしてギラギラとした結婚指輪を一つだけ付けているお婆ちゃん。そんな可愛らしいお婆ちゃんを原宿の路地裏で時々見かけます。そして、そんなお婆ちゃん達を見かける度に、彼女たちのジュエリーの装い方こそが「真のこなれ感」だと憧れます。高価なジュエリーを付けていようが、時計を付けていようが、全く気負いがない。何でもない装いにプラスされたジュエリーが体の一部と化している。そんな感じ。

アルハンブラのブレスレットは単品でサラッと大人付けするのが一番。敢えて何かをするなら反対の腕に黒革の華奢な腕時計を。とりあえず明日が何でもない日でも、お手持ちの黒のアルハンブラを最後にプラスしてみて下さい。それだけで何でもない日が特別になるかもしれない。そんなジュエリーのパワーに甘えてみて下さい。
PDCT VCA heart and alhambra earings.jpg 
VCA最新コレクションのスウィートアルハンブラ、深紅のハートピアスも超絶に可愛いです。ただいま妄想中...。このハートピアスにマリンボーダーとホワイトデニムを着たコケティッシュな佳子婆ちゃんを。

アルハンブラの歴史:1906年創業のヴァン クリーフ&アーペルを代表する四つ葉のクローバーをモチーフとしたアルハンブラコレクションは、1968年にメゾンで生まれて以来、時代を超えて多くの女性たちに愛されている名作。

 

VERY BLOG

  • MAKIKO’S DIARY Makiko Takizawa Official Blog [滝沢眞規子 公式ブログ]
  • Yoshiko Kris‐Webb Official Blog [クリス‐ウェブ 佳子 オフィシャルブログ]
  • Ricca Channel Rikuka Suzuki Official Blog [鈴木六夏 公式ブログ]