Yoshiko Kris‐Webb Official Blog [クリス‐ウェブ 佳子 オフィシャルブログ]

2013/02/26 (Tue)

ウキウキ、ドキドキ

 ALL COMES WITH THE TERRITORY
 
Flower Momo.JPG

今日は桃の節句にと、大好きな花屋「リラ屋」で桃の花を買いました。「お水はたっぷりね」とか、「寒い所には置かないでね」とか。子供を診察する先生のように丁寧に花の扱い方を教えてくれて、世間話や天気の話題で楽しませてくれる花屋さん。自分の住む街のお気に入りの店に時々顔を出し、ちょっとした買い物をし、居心地の良い店を徐々に増やしていく私は、マーキングでテリトリーを広げる犬に少し似ているかも。

ご近所さんを開拓していくことはとっても楽しい。そして、ご近所さんは頼もしい。気が付けばこんな大都会に住んでいても、歩けば必ず誰かに出会い、「こんにちは」って挨拶。これからの季節は引っ越しのハイシーズンで、新天地での生活に不安を覚える方もいると思いますが、そこは「ご近所さん新規開拓」と思って、是非ともウキウキして下さい。

日々テリトリーを拡大する私にとって青山は少し遠いご近所で、そして未だウキウキする街。そんな青山でもうすぐドキドキのイベントがあります。今週土曜日の3月2日、コントワー・デ・コトニエ青山店1周年を祝して、同店でアニバーサリーイベントがあります。私は15時から18時までを予定にお店にいます。15時半から人生初のトークショーを、そのあとにゲストスタイリストとしてコーディネートのレクチャーを行います。と言っても、着せ替えごっこみたいに洋服を一緒に楽しむといった感覚です:)是非遊びに来てくださいね。
(注:VERY主催のイベントではありません)

 

2013/02/25 (Mon)

SAY YOUR WISH

言葉は生きている
 
Yoshiko with Aram Dikiciyan.JPG

今日は嬉しいことがありました。夫婦共に付き合いの長い友人とVERYの撮影をしました。彼はモノクロしか撮らないファインアートフォトグラファー。VERYでの仕事を始める以前、彼の作品モデルを幾度か務めたことはあるけれど、まさかVERYの誌面写真を彼に撮って貰える日がこんなに早く来るとは。

先日も、常々VERYでお世話になっているカメラマンさんが、「いつか一緒に仕事をしたい」と思っていたヘアメイクさんと念願の撮影をすることができ、その時のモデルをさせて頂きました。「いつの日か、この人と一緒に」という気持ちを持ち続け、切磋琢磨するとその夢は叶えられる。そんな場面に遭遇でき嬉しく思っていたところ、私自身にも同じことが身に起きて幸せな一日でした。明るい心をもって励み、それを言葉にするといつかは思い通りになる。言葉は生きていると実感した一日でした。

3月29日(金)から4月21日(日)を会期に、シャネル銀座ビルディング4階のネクサスホールで彼の、アラム・ディキチヤンの写真展『OUTLANDS』が開催されます。フィルムカメラとモノクロの世界にこだわり続けた彼の捉える永遠の一瞬。偶然が生む非現実的な美しさ、作り込まれたからこそ見えてくる無垢の美しさ。長年の構想を経て遂に実現させた彼の集大成ともいえる個展です。是非とも訪れてみて下さい。

OUTLANDS
Aram Dikiciyan
Image Photo OUTLANDS.jpg 
東京都中央区銀座3-5-3
シャネル銀座ビルディング4階
2013年3月29日(金) - 4月21日(日)
12時 - 20時
無休・入場無料

2013/02/22 (Fri)

神秘的な関係

FULLMOON
 
Image Photo Fullmoon and Woman.jpg

満月のせいか毎月イライラして、家庭内が修羅場と化すことがあるママさん。家族にあたり、泣き叫び、そしてプチ家出という満月フルコースみたいな。
 
Movie One Day.jpg

私の生理周期は満月カレンダーにほぼ匹敵するので、私も満月前後になると攻撃的な性格になります。主人はそれを毎月のイベントとみなして、半ば面白く思っている模様。私としてもイライラの矛先を周囲にぶつけたところで後味が悪いだけなので、ニュースを見ながら怒ったり、映画を見て泣いたり。一人TVの前で感情火山状態です。時には普段あまりしない政治や宗教、歴史の話を主人としてヒートアップ。そうすることで体内と心にこもった熱を発散しています。ちなみに昨日の夜は、ハッピーな恋物語だと思って借りていた映画『One Day(アン・ハサウェイ主演)』を観て大号泣。エンディングロールでも思い出し泣き。とにかく流れ出る涙を出し切りました。
 
Image Photo Crying.jpg

泣くことは良いこと。感情的になって流れ出る涙には、鬱病を引き起こすといわれている成分のマンガンが、血液中のそれに比べて30倍も含まれているそうです。マンガンの量が一定ラインを超えて憂鬱になるのであれば、「泣ける映画」を観て、たくさん泣いて、体内に溜まったマンガンを排出しましょう。


Image Photo Fullmoon over the town.jpg 
それから、泣いたあとには強い鎮静作用のある物質エンドルフィンが増加することもわかっています。泣いてスッキリするのはエンドルフィンが原因なのです。満月とホルモンのバランスがどこまで相互作用するのか、詳しいことは判りませんが、お医者さんに診て貰って小難しい話を聞くよも、自分で調べてみるほうが案外スッキリすると思います。神秘的な満月と人間の駆け引きと思って。満月の迷信、良いことも悪いこともあるみたい。私は良いことだけを信じよう。次の満月は3月12日。万が一また「うわぁーっ!」となったら、家族にあたらずにイライラをたくさん詰め込んだメールを送って下さい。書く。これもまたスッキリする方法の一つです:)


Yoshiko Shop Hopping.JPG 
あとは買い物も良し!
☽HAVE A LOVELY WEEKEND

2013/02/21 (Thu)

妹から兄へ


 MAN JEWELRY
 
Image Photo Mens Watch.jpg

条件その1:ノーダイヤモンド!
条件その2:大より小
条件その3:レザーよりスティール
条件その4:四角より丸
条件その5:餅は餅屋


PDCT Patek Philippe.jpg 
上記は仮に私に兄がいたとして、彼に就職祝いの時計を贈る場合の条件です。時計ブランドで一番好きなのはパティック・フィリップ。だけどこれは自分で稼いだお金で買う時計。妹が兄に贈る時計じゃない。

この春、お兄さんの就職祝いに時計を贈るLeeさんから、「どんな時計が良いでしょう?」との質問を頂きました。お兄さんの趣味と予算は不明ですが、とりあえずフレッシュマンなので装飾時計はNG。ノーダイヤモンド!また、「僕を見て!僕を見て!」と主張の強すぎる大きなフェイスの時計もパス。
 
Image Photo Mens Formal Watch Rules.jpg

レザーバンドを選ぶなら、オールドファッションに聞こえるかもしれないけれど、時計のバンドとシューズの色をマッチングさせるのが理想。茶には茶、黒には黒を。ただし、ブラックタイの場では装飾のないクラシックフェイスに黒のレザーバンドが大人のマナー。フォーマルの場で男の手元はキラキラせず、正確に時を刻むだけが好ましい。

黒か白のラウンドフェイスにスティールバンド。これはどんなスタイルにもバッチリ!スーツに合わせるとクラシックに、水着に合わせるとスポーティーに。そんな風に着るものによって顔を変えてくれるこの組み合わせが、フレッシュマンのお兄さんにはおススメです。それから、男性の時計はファッションブランドではなく時計ブランドにこだわりたい。というのは私の趣味ですが、後々のメンテナンスも考えて、やはり時計は時計ブランドで選ぶのが無難です。


 
  PDCT Watches for My Brother.jpg

妹から兄へ贈る時計。値段よりも、歩き回って探してくれたという行動と、応援したいという気持ちそのものがお兄さんにとって何よりのプレゼント。無理のないお手頃価格で素敵な時計、たくさんあります。左からBULOVA $150、SEIKO $165、TIMEX $50。
 
PDCT Watch 1.jpg

プラス、レザーバンドなら黒と茶をセットで、またオフの日や春夏用にストライプのキャンバスストラップを追加でプレゼントすると10倍喜んでくれるはず。素敵な時計が見つかりますように♥

2013/02/20 (Wed)

バッグとメガネ

28歳の空港ランナーさん


PDCT MJ PC bag.JPG 
Photo by Shizuna Takahashi

先日の撮影でVERYのライターさんが持っていたのがMARC BY MARC JACOBSのPCケース。ハンドル付きのPCケースってなかなか見つからないようで、これならPCのみを持ち運ぶのに便利だと、とても重宝しているそうです。空港のセキュリティチェックも楽勝、デューティーフリーでカバンの容量も気にしないで済む。世界中を駆け巡る素敵なビジネスレディ、これからもお仕事頑張って!

POSHヘアスタイルのオーブイル久美さん


  Image Photo earrings with glasses.jpg 
ヴィクトリア・ベッカムのようなボブスタイルの久美さんが、「小粒のピアスだと髪に隠れるのでスウィングするロングピアスが良いのか?それとも大振りのネックレスが良いのか?」という、メガネをかけた時のアクセサライズ方法を質問してくれました。写真のように首元をスッキリさせるなら大振りイヤリングでもうるさくならない。

 

 

Image Photo Necklace with Glasses.jpg 
ネックレスだと、メガネのフレームが太い場合は華奢なもの重ね付け、細いフレームなら主張のあるものを一つ選ぶと品良くまとまると思います。
 


Image Photo Earrings with Bob Hair.jpg

小粒のピアス。髪が少し風でなびいた時にチラッと見えるのも素敵ですけどね♥
All the photos via WeHeartIt

2013/02/19 (Tue)

ちょこっと情報

 
 COMPTOIR DES COTONNIERS

1st ANNIVERSARY
 
Ninon and Beni with Diego at CdeC Opening Party.jpg

今日は告知をひとつ。昨年3月2日にオープンしたコントワー・デ・コトニエ青山店の1周年記念パーティーが、ちょうど1年目にあたる来月2日に同店で開催されます。そして今回、とても嬉しいことにゲストスタイリストとしてご招待頂きました。是非是非3月2日はコントワー・デ・コトニエ青山店に遊びに来てください:)

住所:東京都港区北青山3-5-15
TEL:03‐5772‐1646

IMADEFACE
 
Image Photo of Yoshiko and Martin.jpg

最近、Instagramの友達の写真を真似て、家族で楽しく遊んでいるアプリケーション<imadeface>が面白い!インフルエンザや溶連菌、あまりに寒くて外出できない。折り紙もお絵かきも本読みも飽きちゃった。なんていう時に試しに遊んでみて。きっと子供より大人のほうがはまるよ。

 

 

 A FLY BAG
 
PDCT Alexander Wang Blue Bag.jpg

Q&A
2月12日のチェーンバッグはアレキサンダー・ワンの定番バッグです。

もうひとつQ&A!
つぐみさんへ:腹筋、最近ぼちぼち鍛えています。でも定番のあの苦しい腹筋運動SIT-UPは辛い。そこでおススメなのがコレ。仁王立ちで立ったまま腰骨から下を動かさないよう、上半身だけを左右にゆっくりと、筋肉を意識しながら動かすだけでOKです。慣れるとダンベルや重たい本を持って。ぼぉーっと夜中のNEWSでも見ながらお試し下さい。貧弱に見えて意外と腹筋のあるオカマちゃんからの伝授です。「コンプレックスのある女性は努力をする。だから彼女たちは持って生まれた美を超越できる」そうです。良い言葉だ。

 

2013/02/15 (Fri)

FEEDBACK

Q&A
Yoshiko wearing New Balance.JPG
 
一度履いたら脱げない、履いていることを忘れるほど快適なNEW BALANCE。品番は1400です。
 
Yoshiko for Pandora.JPG

お気に入りのPANDORAブレスレット、テーマは家族。テイストはロック。主人と私のイニシャルチャームの間には王冠を、それから5人が手を繋いでいるチャームも使っています。
 
PDCT Pandora.jpg

色はシルバー、ブラック、パープルの3色。その他のチャームはシメトリーになるように選びました。約500種類もあるチャームに目移りしますが、最初にテーマと基本色を決めると上手くまとまります。
 
BOOK HERS.jpg

私のバイブルは『HERS』。心掛けて読むのは村上春樹さんが翻訳している本。彼が翻訳した本が好きで、『キャッチャー・イン・ザ・ライ/J.D.サリンジャー』はもちろんのこと、『最後の瞬間のすごい大きな変化/グレイス・ペイリー』や『クリスマスの思い出/トルーマン・カポーティ』など、なかにはオリジナルより読みごたえのある本も。それから4年半住んだNYが懐かしく、マンハッタンを舞台にした本を集めています。
 
BOOK COURRiER.JPG

旅のお供に、長風呂に欠かせないのが定期購読しているCOURRiER JAPON。世の中で起きていることを知るために、世界の、日本の未来を考えるために、なんていう大袈裟な意識を持ちつつ、一冊消化する度に何かしら一つでも学べたら、少しでも視野を広げられたらと思って読んでいます。自分の無知加減か、はては長風呂が原因なのかはわかりませんが、時々頭がパンクしそうになるのも事実です。

来週もまとめQ&Aします。皆さん良い週末を!!
 
The song of this week.jpg

The song of This Week♪
Clown by Emeli Sande

2013/02/14 (Thu)

LOVE SONGじゃないけど

HAPPY VALENTINE'S DAY

今日はバレンタインギフトに素敵な音楽と業界ゴシップを♪
 

Grammy babel mumford.jpg

2月11日(日)の夜、ロサンジェルスで開催された米国最大の音楽授賞式「第55回グラミー賞」。最優秀アルバム賞はイギリスのフォークバンドMumford & Sonsの「BABEL」が獲得。
 
 

Grammy Goyte Somebody that I used to know.jpg

最優秀レコード賞にはベルギー出身のシンガーソングライターGOTYEの、一度聴いたら耳から離れない「Somebody That I Used to Know」が輝いた。


 
Grammy Fun We are young.jpg

また、並みならぬ大物アーティストを抑えてアメリカのインディーロックバンドFUN.が「WE ARE YOUNG」で最優秀ソング賞を獲得。


Grammy Justin and his manager.jpg 
今回のグラミー賞ではFUN.やカニエ・ウエストなど、6アーティストが最多6ノミネートするなど大混戦になった一方、1部門にもノミネートされず、それ故マネジャーがTwitterで「委員会はグラミー賞を台無しにしてくれた!」と息巻くなど、思わぬ事がきっかけで恥ずかしい思いをしたのがジャスティン・ビーバー。
 

Grammy harry and taylor.jpg

そして更なる話題を振りまいてくれたのが、オープニングアクトで「WE ARE NEVER EVER GETTING BACK TOGETHER」を披露したテイラー・スイフト嬢。破局が伝えられたばかりのボーイズグループONE DIRECTIONのハリー・スタイルズを真似て、曲中セリフ部分で「まだ愛してるよ」とブリティッシュアクセントで言ったあと、「ごめんね、グラミーのオープニングで忙しいの。それに私たちがよりを戻すことは二度とないわ。絶対に!」とキツいアドリブで切り返した。売れっ子は話題に事欠かないね。


Grammy Daniel Kim.jpg 
2012年のヒットソングをまとめた秀逸なMash-Upはこちら


それから
バレンタイン生まれの皆さん、HAPPY BIRTHDAY


 

2013/02/13 (Wed)

ヒントは大統領夫人

THINK OUT OF THE  BOX
 
POLYVORE Ceremony Style.jpg

POLYVORE
WHAT TO WEAR AT SCHOOL CEREMONY

長女の入園式用に買った紺色のセットアップ。あまりにも無難過ぎて着たのは一度切り。しかも行方不明。それに思った以上に気温が低く、幼稚園の入園式も卒園式も、そして小学校の入学式でも結局コートは着たままでした。写真を撮るのは私だし、当然私の写真は一枚もないわけで。それに第一、誰が何を着ているかなんて実際は誰も気にしておらず、結局のところ視界とハンディカムビデオに写りこんでくるのは我が子のみ。

という現実を踏まえて、だったらある程度のTPOを守ったうえで卒園式・入学式では好きな服を着ても良いんじゃないか?! というか着れば良かった!!と後悔しているのは私だけじゃないはず:)

「卒園式・入学式に着る服を探しています」、「お勧めブランドは何ですか?」という質問が最近増えてきました。紺か黒か。白か生成りか。ワンピースかセットアップか。冠婚葬祭にも着まわせる物が良いのか。そんなグダグダは全部忘れて、好きな、居心地の良い、自分が幸せになる洋服を買ってください。

今年は歓送迎会委員を引き受けています。もちろん式典にも出席します。いよいよ実行するときが来ました♪今年は気持ちよく開き直って、私好みの服を、友達とのランチにも着ていきたくなる服を、主人とのデートにもOKな服を選びたいと思います。お気に入りのコーディネートは7番。BURBERRYのドレスとMARC JACOBSのシューズ♥

オバマ大統領ミシェル夫人のファッションはMrs.Oでチェック!

2013/02/12 (Tue)

THE TIGHTS ISSUE

BOYISH / GIRLISH AFTERNOON
 

Yoshiko in NB @ Tsutaya.JPG

足元と頭のてっぺんはそこらの少年と変わらないけど、珍しく女らしく今日はスカート。久しぶりに被ったキャップ。30歳超えてもまだ大丈夫だった。しかも意外とVERYが推奨する「大人カジュアル」や「コンフォートスタイル」にしっくりくることもわかった。この春はキャップでいこう。夏は例年通りパナマハットに落ち着くわけだし。

NO-STOCKINGS-LEGS
 

Image Photo Legs.jpg

Photo via Optical Illusion Collection

基本パンツルックが多い私は、寒さ対策のために、時々平気な顔してデニムの下にもタイツを履いたりします。いくら上半身薄着でも下半身の冷えは無理です。気分はオババですが、これが結構温かい。

では暖かくなったらどうするのか?膝下までのパンストを履くのか、履かないのか?それはもちろん履かないです。お宅訪問や作法として素足が許されないシチュエーション、お茶とかお花とか。最初からそういったシチュエーションがわかっている場合は、シルクやファインコットンの白いソックスを持参します。よっ、大人!

ですから、長かろうが短かろうがパンストは履きません。ちなみに、街中を歩く、結婚式に向かう途中であろうドレスアップしたお嬢さん達の、素肌感重視で選んだつもりが白浮きしているパンストとオープントゥサンダルやパンプスの組み合わせ、アレが苦手です。お洒落で最初に目が行くのは足元。そこにパンストが見えると一気にお洒落感がなくなっちゃう気がします。
 
Image Photo Naked Legs.jpg

Photo via JAK & JIL

春から頑張れ、みんなの生足!

VERY BLOG

  • MAKIKO’S DIARY Makiko Takizawa Official Blog [滝沢眞規子 公式ブログ]
  • Yoshiko Kris‐Webb Official Blog [クリス‐ウェブ 佳子 オフィシャルブログ]
  • Ricca Channel Rikuka Suzuki Official Blog [鈴木六夏 公式ブログ]