Yoshiko Kris‐Webb Official Blog [クリス‐ウェブ 佳子 オフィシャルブログ]

2012/10/31 (Wed)

Skincare and Heartcare

FEEDBACK:SKINCARE FOR KIDS
子供の保湿について質問をくれたMiyoさん。我が家ではWELEDAベビーバスミルクを湯船に入れ、入浴後は同じくWELEDAのミルクローションを塗っています。敏感肌の次女は何を塗ってもヒリヒリすると言っていましたが、WELEDAのミルクローションは合格のようです。


1WELEDA.jpg 

I MISS HOW HAPPY I WAS
1What you need when you are sad.jpg 
夏の終わりにメールをくれたAさん。大切な方を失くされたとのことで、Aさん元気になったかな?と思いながら書いています。「例えば佳子さんがもしも予期せず失意の底に落ちてしまったとしたら、どのようにして明るい方へ歩き出しますか?」という最後の質問。

どうするんだろう、私は。起こっていない悲劇への対処法。んー。茫然自失に陥るでしょうが、何が起きても支えてくれる家族や友達がいることも確か。最悪な現状から引き揚げようとしてくれる人がいるのなら、それに応えようと思い、それによって体も自然に動くんじゃないかな。それに不幸な状況に陥ったとしても、Aさんにも私にも幸せにしたい人たちが周りにいるから、そうそういつまでも不幸を引きずってはいられない。幸も不幸も伝染するからね。


1Ghost Bride.jpg 
泣くのも良いこと。涙は心が声にできない言葉だと思って。必要なだけ吐き出さないと。

 

HAPPY HALLOWEEN!!!
 
1DSC00308.jpg

先週土曜日の夜はAmerican Apparel渋谷店で開催されたハロウィンパーティーへ。娘2人と友達の子ども2人、計4人の子供のヘアメイクに1時間。お着替えに至っては「あれがイイ、これはイヤ」と、部屋中衣装だらけ。足の踏み場もない!楽しいーっ!
 
kidz4DSC00268.jpg

左から映画「ブラックスワン」にちなんだレッドスワン、ファムファタール、レパード、そして一番おしゃまな4歳児は出掛ける矢先に玄関で着替えたいと言い出し、最終的に魔女に。保護者に徹すると決め込んでいた私はスッピンで。
 
htujyaDSC00297.jpg

American Apparel渋谷店は道路を挟んでレディース館とメンズ館の2つに分かれています。22時まで周辺地域の許可を得ていたのでT時差路いっぱいに仮装した大人がウロウロ。
 
1DSC00304.jpg

カール・ラガーフェルド、ジョン・レノン...、と?
 
orgnDSC00293.jpg

フィルムメイカーのKatebとDJ/モデルのSam。
 
kidnDSC00292.jpg

American Apparelのショップスタッフにカップケーキやチョコレートを貰ってご満悦な4人組は店内を散策。


111sityakuDSC00286.jpg

フィッティングルームでコソコソ話♥


kegaDSC00278.jpg 
Samの本気なメイクアップ
 

aktitDSC00318.jpg

中目黒のバーKINFOLKのJB、バービー、ジェームズ・ボンドなのか手抜きなのかわからない主人。

1DSC00312.jpg 
8時半を回ると緑のテキーラショットを持ったクロネコちゃんが登場。一杯だけもらっちゃった♥
 
takusiDSC00270.jpg

 

8時45分。子供時間はおしまい。タクシーでビューン!と、ファムファタール、レッドスワン、レパードと一緒に帰宅。お化粧を落としたらベッドにみんなで寝転がって、一人一冊ずつ好きな本を読んであげました。「おやすみ」を100回くらい繰り返し、電気を消してドアを閉めるとき、小さな声で聞こえてきました。「女子会っていいよねー」って:) 私、一人心でガッツ!

THE BEST DRESSER
オマケ:今年のベストドレッサー


puuAA Party Scary Poo.jpg 
リアルなプーさん♥American Apparelのアイテムだけで、ここまで上手に気持ち悪くなれることに感動。本人がごく真面目に、真摯な気持ちで仮装していたところがポイントです。彼が優しい瞳でお菓子を配るとき、子供たちは極限にまで腕を伸ばし彼との対人距離をはかろうとしていました。American Apparelの皆さん素敵な夜をありがとう!

明日の夜はハロウィン本番。キッコーマンの公式サイトでかぼちゃメニューを検索しなきゃ。ちなみに今夜はフルムーン。お月見しましょ♪

 

2012/10/29 (Mon)

芸術の秋

WATCH, FEEL AND LISTEN
 
amiEspace LV.jpg

LOUIS VUITTON表参道ビル7階にあるギャラリースペースESPACE LOUIS VUITTON TOKYOで、ブラジル人芸術家エルネスト・エトの体感できるエキシビション「Madness is part of Life(狂気は生の一部)」が2013年1月6日まで開催されています。
 
mkDSC00333.jpg

入場料は無料。時間制限は約10分間、一度に入れる人数は8人。平日がおススメです。詳しいことはESPACE LOUIS VUITTON TOKYOの公式サイトでチェックして下さい。尚、作品内の入場は小学生以上とのことです。


ornjDSC00331.jpg 
私語禁止ではありませんが、静まり返った時に聞こえてくる音に耳を澄ましてみて下さい。ネット内で人が動くごとに詰め込まれたプラスティックボールが音を成し、その音がとても心地よく、私には大きな雨粒が葉っぱに降り注ぐ音や停車内で聞こえてくる雨音に聞こえました。
 
14mimDSC00346.jpg

一番奥にあるラフレシアのような形をした空間で、偶然にもVOGUE JAPANブロガーのKuraraちゃんKimmyちゃんに遭遇。東京狭しといえども、地上7階の、しかもエルネスト・エトの作品内で誰かに会えるなんてビックリでした。
 
1彫刻の森美術館.jpg

小学生以下のお子さんにも似たような体験を!という方には、箱根にある彫刻の森美術館にある造形作家・堀内紀子さんの巨大ネットがおススメです。

2012/10/26 (Fri)

DAY AND NIGHT

LADIES' DAY OUT
今週は月曜日に撮影が1本あっただけなので、アイロンがけや書類の整理、子供が学校から持ち帰ってくる作品や日記のファイリングなどを進めつつ、比較的優雅な1週間を送っています。今週は時間もあったので、ブログによく登場するバブル時代謳歌組2人の優雅なスケジュールに乗っかって、昨日は白金台にあるブティックKOKOROと、表参道東急プラザで行われていたENFOLDの展示会に行ってきました。


2-ENFOLD frame.jpg 
ENFOLD 2013S/Sコレクションはキッチュなプリントがたくさん。シルエット美人になれるENFOLDのコットンニットと合わせたパンツは紺×黄のギンガムチェック。黄色いネイルがしたくなった♥パンツは足首がほっそりと見えるセンタープリーツの七分丈が主流。会場にいた40代男性2人が背後で、「アーバンマザーって感じですかね?」と話しているのが耳に入ってきました。ENFOLDのクリエイティブディレクターを務める植田みずきさん自身もママ。「お洒落したいけどストレスのある服は嫌」、「垢抜けない普段着から抜け出せない」という悩みを持つ方にお勧めのブランドです。特にパンツは絶品ですので、来春パンツで迷ったら是非ENFOLDをチェックしてみて下さい。


1-KOKORO Frame.jpg 
東京のアップタウン、白金台のプラチナ通りに面するブティックKOKOROの展示会は午前中に行ってきました。リゾートウエアとルームウエアのコレクションに囲まれてクリスマス旅行プランで盛り上がる女5人。KOKOROのオーナーWAKOさんがドンドン持ってくるシャンパン、それにマシンガントークとお買い物を同時に楽しんだ結果、恐怖の1時間超え。友達の車、しっかり駐禁きられちゃった...。みんなで仲良く駐禁代も分割~♪


1-My things Frame.jpg 

MOONLIGHT STROLL
帰宅後。子供たちから裸のバービーが寒そうだとクレームを受け、それを聞き流し、3人で一緒にデザートを食べ、本の整理をして...。疲れ切った私は気が付けば「ご飯食べに行こう!」と叫んでいました。代官山までトコトコ。レストランでiPhoneをねだることもない6歳と7歳の娘の話にウンウンと夫婦でうなずきながら、「あのふたり、また顔が変わったよね、大人な表情するようになったよね」と嬉しくなりました。


1-Daikanyama Tsutaya.jpg 
少し肌寒いけど夜のお散歩がまだまだ気持ち良い季節です。週末に是非どうぞ!
Have a wonderful weekend♥

2012/10/24 (Wed)

Gift Ideas

  グッと!
 
1ズキューン.jpg

皆さんからのメッセージにグッとくる言葉があって、それを独り占めするのもなんなんで、ちょっと今日はグッときた言葉をここで紹介します。

「自分のために生きることと、母親を頑張ることは表裏一体」 これは、母親という役割で頭がいっぱいになってしまい、自分らしさを見失っていた女性が、自分の趣味を再開したうえ新たな目標も見つけました!とメールで知らせてくれた時にあった言葉です。素敵な事です。アクティブな女性は美しい!

また別の女性からは、「女の中にはいくつものスイッチがあり、それを匠に操る能力が非常に求められる。なんでこんなに頑張るんだろ!子どものため?生活のため?と自問自答し。いやいや、自分のためなんだー!」 という半分酔ってらっしゃいました?(笑)というくらい威勢の良いメールに元気をもらいました。

「みな何かしら悩みを持って生きている。自分次第。」とはFRIENDSHIPに頂いたメッセージ。ご本人に言い聞かせているかのような心強いメッセージでした。

GIFT IDEAS
今日は「独身男性への出産内祝いにピッタリなものはありますか?」という質問に答えます。先週、岐阜県出身の友人が教えてくれた枡がピント来ました。最近一人日本酒ブームなんですけど、「枡は口紅がつくのが嫌なんだよね」って言ったら奥から出してきてくれたのが口紅付きの枡。よくわかっていらっしゃる!
  1Masu.jpg 
岐阜県大垣市西外側町にある(有)大橋量器が作っている枡です。デザイン枡や復興支援の枡、結婚式用の枡など色々あるんですけど、「幸福セット枡(3,000円)」が変わり種で素敵かな。枡×2、コースター×2、一輪挿し×1、漆塗り小皿×1、芭蕉ストラップ×1のセットで、箱を開けたとたん梱包材に使われているかんな屑の香りが立ち上ってきます。かんな屑は目の細かいネットに入れて入浴香としても楽しめます。お酒を飲まなくても枡って小物入れにも使えますしねー。独身男性ということで、口紅付きとなしの枡セットを贈ったら...。プレッシャーかな?(笑)

 
1Wagashi Asobi.jpg

もう一つはwagashi asobiの「ドライフルーツの羊羹」です。お洒落なパッケージデザイン、和菓子でありながら洋菓子の材料を用いた自由な発想、そして持っていく先々で必ずと言っていいほど喜ばれる一品です。私もその一人で、贈り物として初めて頂いたその時から大ファンです。

劇画風な一番上の写真はManga-Cameraという無料アプリで撮影しました。最近Instagramで時々見かけていて昨夜ダウンロード。面白いです:)
 
1ドォーン.jpg

稲中的(笑)

 JOHN LAWRENCE SULLIVAN
1JLS exhibition.jpg
 
金曜日のお昼、メンズのテーラリングを追求するSUPER COOLなブランドJohn Lawrence Sullivanの展示会へ。デザイナーの柳川荒士さんは元プロボクサー、そしてご近所友達。洋服話を始めると止まらないくらいの服好きで、大人な女性をCOOLに見せたいという野望を持っているのです。


1JLS 1.jpg 
目の覚めるようなオレンジカラーがポイントのシャツ。私はブルー×オレンジを注文。来春、白いパンツに合わせて潔く着こなしたいです。こうして春夏の服は殆どこの時期に注文します。そして皆、忘れた頃に届くのです...(怖)
 

11JLS 3.jpg

シャツと同色のジャケットはワンサイズオーバーでメンズライクに着こなすのが素敵。JLSの服は大人の引き算を心得たスタイリングを実現してくれます。そして一度JLSの服に腕を通せば、荒士さんがこだわり抜いた見えないディティールに病み付きになる!彼の得意とするテーラリングが如実に伝わってくるコレクションでした。

G.V.G.V.
 
1gvgv show 2.jpg

同日夜はファッションウィーク期間中、最も人の入りが多くある意味お祭り騒ぎとなるG.V.G.Vのショーへ。
 
1gvgv show 1.jpg

立ち見が3列ほどのパンパンな会場で撮影したこちらは、会場一列目に座るドン・小西さんのメガネ入りショット。テーマは「INSECTOPIA」、「昆虫の楽園」をイメージしたコレクション。玉虫みたいなセットアップが素敵でしょ。
 
1GVGV show 3.jpg

こちらはドン・小西さんのハット入りショット。
 
1Jasmin's hat.jpg

こちらはコレクション会場で「はじめまして」とご挨拶させて頂きましたジャスミンの帽子。北京オリンピックのスタジアムみたいだぁ~。植物のツルで出来てるんだって。


1Jasmin.jpg 
そして会ったばかりの私の偉そうなディレクションのもと始まったエレベータ前での撮影会。ノリのいいこと!ジャスミンありがとね♥

GIMME A BREAK...
先週末のように夜中に出掛ける時ってどうしていますか?という質問を時々受けるんですが、実家が共に遠い私たち夫婦は、手のかかる幼児期はシッターさんに3か月に1回くらいの割合でお願いし、幼稚園に入ってからは友達の家とお泊り会を交互に、そして最近では友達が泊まり込み、もしくは深夜まで看てくれるという恵まれた環境にいます。今日の撮影で一緒になった友達ともそんな会話をしていました。彼女たちの子供も近々うちに泊まりに来てくれないかなぁ。子供はお泊りごっこが大好き。私たち親は片付けが大変かもしれないけれど、たまには大家族の母的気分を味わうのもこれまたよろし!


1Shaders.jpg 
そして、今日の撮影で一緒だった1979年生まれの3人でグラサンショットを。左から、小森愛さんはAlexander Wang、私はDIESEL最新のモデルALEX、Aronature代表の山内みよさんはmiu miu。眉間にシワを寄せて眩しそうな顔で歩きたくないっていうのが本音です:)サングラスはアンチエイジングのための必需品ってことで、冬でもサングラスは欠かせない!

P.S. Instagram
 

1Listagram.jpg

スマホユーザーじゃなくてもPCからInstagramを見ることができると判明しました。時代は「ハイテクウーマン・ハイテクの母」です。私のInstagramは下記URLからどうぞ。

http://listagr.am/n/tokyodame

2012/10/19 (Fri)

FRIENDSHIPについて

FEEDBACK:FRIENDSHIP


1Friendsship.jpg 
FRIENDSHIPについてメール及びFacebookを通じて様々な意見を頂きました。ありがとうございます。色々と勉強になりました。そんななか、「もしかしてPさんはDINKSじゃないですか?」というメッセージにズキンときました。

恥ずかしながら『DINKS』という言葉、初耳でした。Wikipediaによると『DINKS』とは『Double Income No Kids』の略で、共働きで子供を意図的に作らない、持たない夫婦、またその生活観を意味するそうです。しかしながら、客観的判断から『DINKS』をこの意味だけで解釈するのは危険だと感じました。「もしかしてPさんはDINKSじゃないですか?」ということを念頭に置いていなかったのが、幸か不幸かはわかりませんが、『DINKS』には3タイプあるべきだと。

1つ目は体力的に子どもが授からなく、子作りに励んでいる状態で両者ともに収入があるタイプ。2つ目は晩婚で体力的・精神的に子供を持つことが難しく、子供を持たないと判断したタイプ。3つ目はただ単に子供はいらないと判断したタイプ。

Pさんがどのタイプかは存じ上げません。正直な話、Pさんのケースに対する私の一意見は、子供という存在を取っ払い、母・妻・女・娘、全ての女性の形態を想定したうえでのものです。母であっても、妻であっても、婚姻関係にない女性であっても、友人関係に自ら堀をこしらえて孤立した挙句、それを周りのせいにするのは良くないよ、ということです。

前もって言っておきますが、自分が弱っている、参っているという状況をひた隠しにする必要はないと思います。無理する必要もなし。人生に白旗上げることはなんら恥ずかしい事じゃないと思います。私は、必要なら心と体を充電するために、短期間引き籠もっても良いと思っています。しばらくしたら「久しぶり!」って言えばそれで済む。出掛けたくない、化粧すらしたくない。大いに結構。肌休めだと思えばいい。携帯が鳴っても出たくない。あとで「ごめんね」ってかけ直せばそれでいい。ただ、引き篭もるからにはそれを他人のせいにしないこと。「誰も私の存在なんか気にしてない」、「周りの人間がつまらない」、「なんで私のことをわかってくれないの?」なんて、自分の悩みの根源を、その解決方法を他力本願にしないこと。

大阪を飛び出しNYに行き、帰国、そして上京した時は、主人以外みんな知らない人ばかり。そして今、前も言いましたが、私と主人の一番の共通点は友達です。主人が多くの素晴らしい人たちを紹介してくれたことに心から感謝していますが、それだけでは前に進まない。自分がどれだけ「欲する」か、自分がどれだけ「知り合いたい」か、「繋がりたい」かということが、強いて言えば友達を「作る」鍵になるんじゃないでしょうか?

単に私は病的な寂しがり屋だけなのかもしれないけど(笑)でもね、寂しいという気持ちを認めれば、自分にも他人にもちょっと素直になれたりするんですよね。

HAVE A WONDERFUL WEEKEND!!

 

2012/10/18 (Thu)

Yasutoshi Ezumi

2photo 1.jpg

2photo 2.jpg

2photo 3.jpg

2photo 4.jpg

1-photo 2.jpg

1-photo 3.jpg

今日はYasutoshi Ezumiさんのショーに来ています。黒と青をフィーチャーしたコレクション。今度ゆっくり紹介したいと思います。

今日は写真だけ!今からご飯です!

 

 

2012/10/16 (Tue)

American Apparel

  American Apparel 2013S/S
 
 
1AA dancers.jpg

Photo via FashionSnap

NYやロンドン、パリ、ミラノにファッションウィークがあるように、日本にもファッションウィークがありまして、10月13日から10月20日を会期に、ただいま東京ではJapan Fashion Weekが開催されています。41のファッションブランドが参加する他、アート、デザイン、ビューティーなど、日本のクリエイションを世に発表する、いわば発表会&祭典のような感じ。

昨日は渋谷ヒカリエで行われたAmerican Apparelのショー&パーティーに行ってきました。メンズ、レディース、キッズ、ベイビーも揃っていて価格もリーズナブル。オーソドックスなアイテムが多いから意外と重宝するブランドです。現在American Apparelの公式ウェブサイトでは、ハロウィンコスチュームにヒントを得たスタイリングを参考にお買い物が楽しめます。

こういう場所にはたまにしか来ないけど、いつも元気をくれる友達に会えるし、私と同じくファッションが大好きって人たちといるだけで本当に楽しい。
 
 
1AA party.jpg

渋谷ヒカリエ11階、ショー会場のTHE THEATRE TABLEはファッション&出版業界人、パーティーピープル、芸能人、AAファン、プレスの皆さんでごった返し。
 
1AA party is over.jpg

アメリカンダイナーでみたいな雰囲気。
 
1With Misha Dan and Katherine.jpg

左から、「妹ですか?」と最近よく聞かれるミーシャは若干20歳、私、日本を代表するファッションブロガーでありフォトグラファー&スタイリストのユニットTOKYO DANDYのダン・ベイリー、American Apparelのアジアマーケットを担当するキャサリン・リー・ジョンソン。
 
1Joe.jpg

スタイリストとしても活躍するTOKYO DANDYのもう片方、ジョー。


1Sen.jpg 
それから正統派美男子モデルでフォトグラファーのSEN
 

1SEN and MARTIN.jpg

2010年の8月に渋谷で撮影した主人とSENのこの写真、好きです。自画自賛。

American ApparelからSENに話しがドンドン脱線していっておりますが、SENが仲間と一緒にこの9月にインディペンデントマガジン『ZERO』を創刊しました。
 
 
1ZERO.jpg

編集長はIKUMIちゃん。SENの素敵な写真もたくさん。


1ZERO 1.jpg 
書店やショップで見かけたら手に取ってみて下さい:)
 

1Sen and me.jpg

よろしく!

2012/10/15 (Mon)

友達関係


 FRIENDSHIP
答えを出すのに時間がかかったり、微妙な質問で答え難い時ってあるんですね。例えば浮気をされたらどうしますか?とかね。そんななか、最近頂いた質問で「ムムム」って思った質問を今日は取り上げたいと思います。これは「子なし女 VS.子あり女」にとっての永遠の課題なのか、それとも只のひねくれた意見に過ぎないのか、というテンションで読んでください。(あ、それと、私に質問をするときはBLOGで共有されるということが前提。皆さんよろしくです。)

 
1Remember me.jpg

Pさん
『最近会いたいと思う友達がいません。新しい友達を作るしかないような気もしますが、佳子さんは友達がたくさんいらっしゃるようですが、どうやって仲良くなりますか?新しい友達を作ると、家に遊びに行きたいみたいな流れになられるのが面倒だし(私も主人も家に人を招かないタイプ)、色々考えると結局なかなか一歩踏み出せません。会いたい友達がいない理由は、みんな子供が産まれて話題が合わないとか、結婚してない子は連絡しても返事がないとかです。(彼女は既婚、子供はなし、会社員、32歳)自分と生活状況が違う人たちと仲良くするにはどうしたらいいですか?子供の話題ばっかりだとつまんないです。』

バッサリと正直に、そして最後の一文、スゴイわがままですね(笑) それも個性で良いんですけど。「子供の話題ばかりだとつまんない」に関しては、逆に子供のいる人からは「子供の話題にのれないPさんってつまんない」って思われているかも。まぁ、そんな意地悪なママはいないと願いますが。

会話もできない乳幼児と面と向かって、毎日同じとも思える子育てを繰り返しているママにとっては、Pさんの「子抜き話」が新鮮かもしれないですよ?6年前の私だったら、自分の子育て話よりPさんの社会人話を聞きたかったに違いないって思います。「部長の愚痴聞くよ!」、「お局怖―い!」、「オフィスラブとかって本当にあるの?!」って。

 
1-45 Sandpit.jpg

3歳前後の子供って見ず知らずの子供とあっという間に仲良く砂遊びを始めるんです。あの小さな脳みそで「隣の子供と何話そう?」とか、「どうやったら一緒に遊んでもらえる?」とか、そういうの一切考えてないんですよ。だから「他人と知り合う」っていうのは才能でも技術でもなく、もともと人間に備わった本能だと思うんです。人間関係をスムーズにするための指南書とか、読んでる時点で余計に考えて身動き取れなくなるから、私は読まないんですが、だからPさんにも「Do this, do that」とは言わずに、考えないで正直になりましょう!と、それだけ言っておきます。

究極の話、「最近会いたいと思う友達がいない」というのは、「Pさんの最近がつまんない」っていう裏返しじゃないかと勘繰ってます。(これ読んで不機嫌にならないで~)Pさんに話したいことがないんじゃないかって。(ご、ごめんっ!)Pさんが今いる友達を拒絶して、新しい友達を作ったとしても(友達を作るという概念が私にはないんだけど)、さみしさだけが残るんじゃないかって。私のようにLINEやSMS、FACEBOOKを駆使して、今まで仲良くしてたけど最近疎遠になってる既存友達に突然連絡してみたらどうだろう?突然の呼び出しコールって結構嬉しいものだし。自宅に呼ぶのが嫌なら、ワインの1本でも買って、「ちょっと今から行っていい?」って聞いてみれば、案外「いいよ」って返事が返ってくると思う。「今日から私たち友達」なんてスタートラインはないです。ちょっとずつ知り合って、偶然の再開を繰り返して、もっと知り合いたいって思ったらためらわず、「~ちゃん、あーそーぼ!」じゃないけど、小学生の放課後遊びのお誘いくらい気軽に誘えばいいんだと思う。異論反論があれば、迷わずメールください。暇人じゃないけど、突然の呼び出しコールや訪問は好きなので、私で良ければいつでもどうぞ:)

 
1Friends' Smile.jpg

この夏最後に行った逗子ビーチ。私の顔は見えないけれど、主人と友人の笑顔が素敵な写真。そして私も笑顔でいたってことがわかる大好きな一枚。今夜誰かに電話しよ?

 

VERY BLOG

  • MAKIKO’S DIARY Makiko Takizawa Official Blog [滝沢眞規子 公式ブログ]
  • Yoshiko Kris‐Webb Official Blog [クリス‐ウェブ 佳子 オフィシャルブログ]
  • Ricca Channel Rikuka Suzuki Official Blog [鈴木六夏 公式ブログ]