Yoshiko Kris‐Webb Official Blog [クリス‐ウェブ 佳子 オフィシャルブログ]

2016/08/20 (Sat)

HOT SOUP ON A SUMMER DAY

夏こそ温かい食べ物が体に良い理由

_TT_7412.jpg

Layout Design by Keiko Hudson

 

ビーチでひと泳ぎ、アイスコーヒー、冷や汁。うだるような暑さのなか、私たちは冷たい物に手が伸びてしまいます。しかし夏バテに負けないためには、熱いシャワー、淹れ立てのコーヒー、そして温かいスープのほうが体に良い!その理由は?

 

冷却指令が発信される

Brain Food.jpg

photo courtesy of DietPlanner

ある時、ロンドンを訪れるたびに立ち寄るインディアンレストランのオーナーが言いました。「インド人でイギリス人の私が言うんだから信じなさい。熱い日には熱いお茶が一番だよ!」と。

 

健康オタクが好んで読みそうな雑誌を手に、トントンと専門用語でまくし立てるオーナーの話をまとめるとこうです。温かい物を食べると、舌にある温度感知センサー(一過性受容体電位チャネル)が脳に冷却指令を出します。その結果、ヒトは汗をかき、熱を放出します。また温かい物を摂取すると、内臓が温められ、基礎代謝が上がり、血流も良くなり、痩せやすい体になる!のだそう。

 

温かいスープをパンの器で

_TT_7432.jpg

Layout Design by Keiko Hudson

 

「夏だからこそ、温かいスープを!」のコンセプトをもとに、私の監修する「MCC SOUP CAFE」が、8月23日(火)〜8月29(月)の7日間にわたって、明治神宮前駅 地上5番出口からすぐの場所にある「TOKYO APARTMENT CAFE @ Harajuku」にオープンします。 

 

MCC SOUP CAFE

MCC SOUP CAFE.jpg

Layout Design by Keiko Hudson

 

MCC SOUP CAFEでは、12種類のMCCスープシリーズ(朝のスープシリーズ9種とディナースープシリーズ3種)をご用意。MCC SOUP CAFEオリジナルランチセット (サラダ・ドリンク付き 500円)は、目黒にある美味しいベーカリーで有名なTOLO PAN TOKYO特製のパンの器でスープを提供します。

 

11時〜15時のランチタイムでは、TOKYO APARTMENT CAFEの通常ランチメニューをご注文頂いた全ての方に、「朝のスープシリーズ9種」からお好みのスープ1種を無料提供。

 

11時〜18時のランチ&デイタイムでは、MCC SOUP CAFEオリジナルランチセット (パンの器・サラダ・ドリンク 500円) に、塗り絵が楽しめるオリジナルランチマットが付いてきます。「朝のスープシリーズ9種」から日替わり3種をご用意していますので、お好みのスープをお選びください。(スープのおかわり自由)

 

18時〜23時のディナータイムでは、TOKYO APARTMENT CAFEの通常メニューをご注文頂いた全ての方に、食前スープとして「ディナースープシリーズ3種」からお好みのスープ1種を無料提供。

 

また18時〜23時のディナータイムでは、300円で12種類のMCCスープシリーズ「朝のスープシリーズ9種」と「ディナースープシリーズ3種」を、おかわり自由のオーダーバイキング形式で提供いたします。

 

プレゼントキャンペーン

MCC トートバッグ.jpg

Bag Design by  Przemek Sobcki

 

MCC SOUP CAFE期間中、24日と25日にご来店いただいた全ての方に、朝のスープシリーズから製品1種をお会計時にプレゼントいたします。

 

また期間中、SNSに料理写真を投稿してくださった全ての方に、オリジナルショッパーとランチメニューの日替わり3種スープ製品をお会計時にプレゼントいたします。

 

さらに、先着20名様には私監修のもと、プロダクトデザインやウィンドウディスプレイを手掛けるなど、多岐にわたって活躍するイラストレーターPrzemek Sobcki氏がデザインしたオリジナルトートバックをプレゼント!23日のオープニングには私もお店にいるので、MCC SOUP CAFEで涼みながら、夏バテ対策に最強の温かいスープをお召し上がり下さい!

 

 

期 間:2016年8月23日(火)〜8月29日(月)

営業時間:11:00〜23:00

住 所:TOKYO APARTMENT CAFE (MAP)

〒150-0011 東京都渋谷区神宮前1-11-11

2016/08/18 (Thu)

この秋、KOEと。

HAPPY / HEALTHY / ECOLOGY / RELAX / CLEANをキーワードに、この11月、自由が丘にオープン予定の東京初となるKOE旗艦店"KOE HOUSE"は、キッズ・メンズ・レディースのファッションライン、インテリア、そしてサラダショップ"KOE GREEN"を併設する大型ライフスタイルショップ。地下1階、地上3階の4層展開で、代官山蔦屋書店を手掛けたことでも有名なクライン・ダイサム アーキテクツが設計しています。

KOE 2016 Autumn

 

そのオープニングに合わせて、KOEからカプセルコラボコレクションを発売します。

スクリーンショット 2016-08-18 18.16.43.pngこれはデザインを始める前に作成したムードボード。主な素材はニット、ベルベット、コーデュロイ。カプセルコレクションの構成は、キッズも含めたユニセックスラインとレディースライン。メンズをデザインするのは初めてなので、パタンナーの方に相談しながら制作を進めています。明日はサンプルチェックの最終日!マテリアルだけでも、近々ご紹介したいと思います。

7月26日からジムに通い始めました。中古車がオートバックスでメンテナンスを受けるのと同じく、この先、この身体で走り続けるためにも、定期的な整備をしようと決心しました。実は 年末にプーケットで水着を着た頃からすでに危機感はあったのですが、ジム通いを決心させた決定的な出来事は7月初旬にトイレで起こりました。

Cristina Guggeri.jpg

photo courtesy of VIRALNOVE

 

便座に座った時に豊かに広がる太ももたち。太ももの上に座っているのか、便座に座っているのか謎だわ...、そう思った翌日。遂にいつも通りすがる近所のジムに入会しました。週に4回、最初は1時間、最近は2時間。黙々とストレッチ→トレーニングマシンで筋トレ→トレーニングマシンで有酸素運動→ストレッチをこなしています。おかげで、早くも便座に広がる太ももの分量が小さくなってきました。

そしてジムに行かない日は、身体一つあれば出来るスクワット。正しいやり方で行うことが何よりも大切なので、今日はわかりやすいYouTubeビデオを紹介します。

①肩幅に合わせて脚を開く

②爪先を真正面に合わせる

③両手を太ももに置く

④顎は上げ、胸は開く

⑤重心がかかとに落ち着くまでゆっくりと膝を曲げる

⑥④をキープしながら背中はまっすぐに

⑦膝を前に押し出すことなく、椅子に座るような感覚で

⑧お尻を突き出し、両肘が両膝に着くまで曲げていく

⑨顎は上、胸は開き、背中はまっすぐ、お尻は後ろで、重心はかかと

 

この体勢で5秒停止して、かかとに純真を置いたまま、かかとの力で身体をまっすぐに戻す。これが正しいスクワット。

30-day-squat-challenge-chart1.jpg初日に50回から始め、30日目には250回をコンプリートする30 DAYSスクワットチャレンジ。鍛え始めて7日目で自分自身が身体の変化に気付く。近しい人が気付くのに14日。周囲が気付くのに21日要すると思えば頑張れる!

フランスの美術学校で教鞭をとる人曰く、ほとんどの生徒がファッションを一過性の物としてではなく、エコやサステイナブルに繋げて考えているそうです。エコとサステイナブル抜きで、ファッションの未来は語れないと。

 

Future of Fasion.jpgphoto courtesy of CATALYST

  

また、あらゆる業界のなかで、最もアナログだと言われているファッション業界をテクノロジーと繋げようとする動きも顕著で、2011年には「Decoded Fashion」が設立されました。

Liz Decoded Fashion.jpgphoto courtesy of Liz Bacelar

  

Decoded Fashionの創立者でCEOのリズ・バセラーが、WIRED誌のインタビューで「ファッションはもっと変わる。だからこそ、ブランドやデザイナーは、いままで以上に自らのヴィジョンを明確にもつ必要がある」と語っています。

Fashion and Digital.jpgphoto courtesy of Fahion Equipped

 

ファッションがデジタル戦略に重きを置けば置くほど、受け取る側もそのスピードに追いつくことは当然で、この業界は今まで以上に透明性を求められ、メディアや消費者に向けてブランドビジョンを開示・共有していかなければ生き残れないでしょう。可愛いから、流行っているから、安いから、欲しいからという、買わずにはいられない気持ちをメディアを通じて喚起させることも当然ですが、ブランドや企業のビジョンに消費者をどのようにアプローチさせるか、消費者心理にどれだけ共感を訴えかけられるか。メディアリレーションの強化を含め、後者の働きかけは今後さらに求められることになります。

WallPaper.jpg

 

「ブランドヴィジョンに共感する」 ー これは私が仕事上でも、何かを買う上でも、念頭に置いていることです。買うことでエコ活動や労働環境改善に貢献できるということは、これまで何度もブログやVERYの連載で触れてきました。ファッションの多様性やアクセシビリティを享受しつつも、社会貢献に参加できる一つのツールとして、ファッションを選択できれば素敵だなと。

 KOE HOUSE.jpg

photo courtesy of FashionSnap.com

 

そういうファッションとしては少し堅苦しい思いを、この秋、KOEのブランドビジョンに共感したうえで、実現させてもらえることになりました。まだ多くは語れませんが、11月に自由が丘にランドマーク的ショップとして、KOEの旗艦店KOE HOUSEがオープンします。ショップオープンに伴い、ユニセッックスとウィメンズのカプセルコラボレーションコレクションを発表します。またKOE HOUSE - THE JOURNAL - の誌面責任編集も兼任します。フェアサプライチェーンやサステイナブル素材への取り組みを先駆的に行い、人権・労働・環境などの社会問題、地域が抱える問題など、グローバル社会に存在する様々な社会的課題と向き合うKOEと共に、素晴らしいキャストと共に、この一大プランを進めています。KOE HOUSE自由が丘店 11月オープンまで、また進行状況をブログでご報告します。

 

 

 

 

 

2016/08/08 (Mon)

2016年、夏音!

「Britain's Got Talent」という、NHKのど自慢にダンスやマジックなどのパフォーマンスを加えた大掛かりな素人オーディション番組があります。この番組をきっかけに最初にメジャーデビューしたのが、イギリスの片田舎で携帯電話のセールスマンとして働いていたポール・ポッツ。彼は現在もオペラ歌手とし活躍しています

 

紅白歌合戦にゲストとして初来日したスーザン・ボイルも、同じくBritain's Got Talentが輩出したアーティスト。彼女はこれまでに様々な賞を獲得していて、2016年夏には、映画「Zoolander 2」で本人としてカメオ出演も果たしています。オーディション番組を通じてメジャーデビューしたアーティストが、息長く活躍しているのはとても嬉しい。

Britan's Got Talentの2015年版の優勝者は、ジュールス・オドワイヤーと愛犬マティス。応援していた26歳のハンサム会社員で、驚異的にピッチが正確、尚且つレコーディングボイスのような美声を持つカラム・スコットは残念ながら途中で敗退してしまいました。しかし、初めて彼の歌声を聴いたときは、録音と編集を施したような完成度に耳を疑ってしまうほどで、高性能のヘッドフォンで何度も聴き確かめずにはいられませんでした。Robynの"Dancing On My Own"をスローテンポで歌うカラム・スコットも是非。出来ればヘッドフォンで!

途中敗退を惜しまれたカラム・スコットの虜になった人に朗報です。彼は今年5月にキャピタル・レコーズと契約を結び、また3月にインディペンデントリリースした"Dancing on My Own"のカバーが大ヒット。8月のTOP40 UKとTOP 40 US、共にランクイン。今後の活躍が見逃せません。

そして今日のブログで最も注目して欲しいのが、この夏、イギリス版「Britain's Got Talent」のフランチャイズ番組「America's Got Talent」に小さな大物。手厳しい審査員はおろか、全世界の視聴者の度肝を抜いた大型新人、12歳のウクレレ奏者、グレース・ヴァンダーウォールです。鬼審査員で知られるサイモン・コーウェルが「次のテイラー・スウィフトだ」と彼女の才能を認めれば、歌手のジャスティン・ビーバーや女優のリース・ウィザースプーンが、Twitterで彼女のファンだと公言するほどの人気。

12歳の小柄な彼女が、大勢のオーディエンスを前に披露したのはウクレレ演奏のオリジナル曲。その内容は自分自身についてで、彼女が歌を歌っていることを同級生の多くは知らないのだそう。少し恥ずかしそうに「ミラクルは起きるはず」と歌い出した曲、"I Don't Know My Name"。もしもまだ聴いたことがなければ是非。子どもの才能に気がつき、それを育み、見守り、そして我が子を信じるお母さんの眼差しに少し涙...。

VERY BLOG

  • MAKIKO’S DIARY Makiko Takizawa Official Blog [滝沢眞規子 公式ブログ]
  • Yoshiko Kris‐Webb Official Blog [クリス‐ウェブ 佳子 オフィシャルブログ]
  • Ricca Channel Rikuka Suzuki Official Blog [鈴木六夏 公式ブログ]